隣の部屋の父親とまいちゃん

この体験談は約 2 分で読めます。

私は18歳で一人暮らしをしてるんですけど、住んでいるアパートは壁が薄いみたいで・・・。
静かにしていると隣の部屋の声が少し聞こえるんです。

夜は特に聞こえるので、私は家ではエッチしないようにしてるんですけど、隣の人は気にしないのかしょっちゅうエッチをしています。
隣は父親とまいちゃんと言う小学6年生の娘さんの二人暮らし。
私は父親がまいちゃんがいても構わず女性を連れ込んでいるのかと、少しまいちゃんを可哀相に思っていました。

ある日、いつもより早く夕方に帰ってきた時、ちょうど父親とまいちゃんが買い物から帰ってきた所で、私はいつものように挨拶して少し会話した後に家に入りました。

テレビを付け、1時間程経った頃。
テレビの音に混じって変な声が聞こえたように感じて、テレビを消して静かにしていると隣から聞こえてくるようでした。
壁に耳を当ててみると、男性のハアハアという荒い息遣いと、女性の喘ぎ声がハッキリ聞こえるんです。
家に帰ってきてから隣に誰かが来た様子は無かったので、その時に今まで女性を連れ込んでいたというのが全て勘違いで、本当は親子でセックスしていた事がわかりました。

毎回2~3回しているし、激しい様子のセックスに驚きながら今でも聞いてます。