妹のチロチロフェラ

この体験談は約 2 分で読めます。

去年から高1の妹とフェラだけの関係が続いてる。

きっかけは、夏頃に俺がAVを見ようとしたら一本足りない事に気づき・・・。

「おい、お前俺の部屋はいらんかった?」と妹に聞くと、
「え?知らんで、入ってない」との返事。

そのあと、「あ、ごめん。昨日の晩に友達がきて、そーゆう話になってニィチャンビデオ持ってるん知ってたからちょっと借りて見てん」と返しにきた。

その時は、私立の女子校はそんなんやろなぁって感じで。
それから妹とエロ話することも平気になった。
ま、ここで妹が可愛くて、体も良かったらドキドキするんでしょーが、あいにくうちの妹は一般的に見て普通です。
今ではBカップやってことは知ってるけど、その当時は乳無しやと思ってたんで全く萌えではなかったな。

ある日・・・。

「うちの友達がな、彼氏に舐めてくれって言われてんて、それってそんなに気持ちええん?」
「あー、俺はイッたことはないな。前戯としてちゃうんかな」

「なんか変な味しそーやな」などの会話をしてるうちに「ちょっと舐めてもエエ?」と聞かれた。

俺は「何、アホなこと言うてんねん」と言ったが「あ、ホンマにちょっとだけ」と妹に押されて、しぶしぶパンツからモノを出した。

そん時は、マジでダルイのと興奮せーへんかったので、起ってなかったが妹が恥ずかしそうにチロチロ舐めてるんを見て、速攻で勃起した・・・。
そのとき初めて妹に萌えたね(ワラ

「ニィチャン、めちゃ起ってるやん。先っちょからなんか出てるで」
「あ、かなり興奮してきた・・・もっと奥まで咥えてや」とエスカレートした。

俺は「なぁ?典子の乳もんでもええ?」と聞き、咥えながら「うん、ええよ」と言う妹に女を見た。

で、乳首弄りながら、数十分しゃぶらせて、最後はティッシュに出した。