まだ同僚が残ってる夜の社内でセフレと立ちバック

この体験談は約 3 分で読めます。

残業中、セフレの彼がコーヒーを持ってきてくれた。
私が「もう疲れちゃった、帰ろうかな」と言うと、突然オマンコを触ってきて、「ここはどんな感じ?」とニヤつきながら言う。

「ちょっと!誰か来たらどうすんの?!」

マジ切れすると、「会議室行こう」と耳元で囁く。
躊躇いながらも彼の後についていっちゃう私。
鍵を閉めて電気を消す。
窓からの微かな光の中、激しくディープキス・・・。

「ねぇ、ほんとに誰も来ないかな・・・」

いつまでも躊躇している私のシャツの上から乳首を中心に弄る彼。

「あっ・・・」

ピンポイントを摘まれて、つい声が出ちゃう。

「ほんとはずっと前から会社でヤリたかったんだ」

彼は興奮した声でそう言ってシャツのボタンを外し、ブラを一気に上にずらされる。
露わになった胸と私の顔を交互に見ながらゆっくりと舐められた。

「あんっ・・・」

顔をしかめると、今度は音を立てて激しく吸う・・・。
右の乳首を舐められ、左は彼の右手でコリコリと弄られる。

「美味しいよ・・・」

彼は言いながら乳首のすぐ横にキスマークをつける。
そしてだんだんと彼の手はオマンコへ・・・。
割れ目を撫でられ、もう濡れ始めちゃう私・・・。

「あれ、もう湿ってるよ?いやらしいオマンコだ」

そんなエッチなことを言ってくる。

「やんっ、いじめないで・・・」

でも、言葉責めは大好き。

「ストッキングを破りたい」と懇願されたけど、替えがなかったので「今度ね」と約束し、ストッキングを脱ぎ、パンティを横にずらし、クリちゃんを中指で撫でられる。

胸を舐めていた彼に「こっちも舐めて~」とお願いすると、パンティを脱がせ、私をテーブルに寝かせた。
足をグッと開かれ、ふくらはぎから太もも、そしてだんだん中央に向かって丁寧に舐められる。
オマンコの際まできて、焦らされる・・・。

「お願い、クリちゃん舐めて・・・」

やっと彼の舌が触れた瞬間、ビクンとなる。
オマンコ全体を下から上にゆっくりと舐める彼。
私の息があがってくると、クリちゃんを激しく舌で弾かれる。
私は時折彼の頭を持ち、快楽の波に身を任せる・・・。
昼間、みんなが真剣に話し合っていたこのテーブルで、今は彼に舐められてると思うと興奮して、10分もしないうちにイッちゃった。

力が抜けて動けないでいると、彼は我慢汁の出てる長いチンコを私の顔の前に差し出す。
彼がテーブルに座り、その前の椅子に私が座る。
彼のタマタマを擦る・・・竿がピクッと動く。
竿を撫でると、彼が我慢できなそうな顔をして上から眺めている。
指で輪っかを作り、カリをしごく。

「あー・・・」

彼はため息ともつかない声を漏らす。
無性にチンコが愛おしくなり、勢いよくしゃぶりつく。

ドアの外から足音が聞こえてくる・・・。

そのドキドキがたまらなくて、私はチンコに吸い付き、バキュームフェラを繰り返す。
彼の手が乳首を弄り始める。
私は竿を下から上に尖らせた舌で舐めたり、タマタマを口に含んだり、チンコに夢中になった。
彼が再び私のオマンコに手を伸ばした時、同期の子達の声が聞こえた。

「あれー?愛音(私の名前)どこ行ったのかな?パソコンの電源落ちてないし・・・」

ミスったぁと思っていると、彼の中指がヌプッと入ってきた。

「あぁん!」

思わず声が出て、彼に小声で、「ちょっと!」と怒る。
でも彼はニヤつきながらマッハに出し入れを始める・・・。

「あ、だめ・・・あ・・・あ・・・」

たまらず彼に抱きついて声を押し殺すけど、人差し指も入れてくる。

「どうする?先帰る?」

「でもあたしDVD返してもらいたいし」

「じゃあ、少し待つかぁ」

居座られちゃうことに・・・!

「ほら、友達がすぐそこにいるよ。愛音の子犬みたいな喘ぎ声、聞かせてあげちゃう?」

そう言って立ちバックで挿入された。
オマンコビチョビチョだったから即入って、私のGスポをマッハピストン!
私の腰を持つ彼の手が好き。

「そういえば昨日さぁ~」とか友達の他愛ない会話のすぐ隣で彼にマシンガンを撃ち込まれる。

ヤバい興奮!!
声を押し殺してイクのもやけに興奮!

会社でヤるのにはまっちゃいそうです。