フィストファックもOKな淫乱人妻ネイリスト

この体験談は約 3 分で読めます。

世界遺産のお城がある町に住んでいるスタイル抜群の彼女(33歳)は、超淫乱の人妻ネイリストです。
旦那は出張が多く、ほとんどご無沙汰が続いているとのこと。

セックス三昧のデートをし始めて、もう一年半が過ぎた。
今ではフェラのテクニックは抜群になり、しごきながら何度も精子を絞り出すのも上手くなり、数回のごっくんは当たり前。
Gスポットを責めると潮を吹きまくってイキまくる。
おまけに最近では、ほとんどフィスト状態で手首まで入るようになった。
にも関わらずもともと締まりがいいのでガバガバにはならず、「いい、いい、おまんこいっぱいで気持ちいい・・・」とやらしい言葉を言いながら痙攣状態になり、最後は中出しし放題です。

先日も昼間に呼び出して2時間イキっぱなし。
バスルームから上がったら早速硬くなったオレのバスーカにむしゃぶりついてきた。

「ああっ、このおちんちんが欲しかったの」

そう言って強烈なフェラで吸い始めた。
喉の奥まで頬張り、付け根までディープスロートさせる快感フェラ。
じゅぱじゅぱと音を出しながら我慢汁を美味しそうに吸い出して飲んでいる。
最近は出会い系サイトで別の男とも逢っているようだが、Mっ気があるので強引な誘いを断れずにやられまくっているらしい。

「ああ、やっぱりあなたのこれがいいの、美味しいわ」

そう言いながら69をねだる姫。
他の誰かと比べているのか丸わかりなセリフだが本人は気づいていない。

俺のバズーカをディープにフェラする彼女にクンニとGスポの手マンをしてやると、「いい、いい、イクっ~、そこ~っ」と言いながらビュッ、ビュッ、ビュッと潮を吹きまくり、辺りはベトベトになる。

しばらくしてまた攻めると、少なくとも10回は潮を吹きまくり、イキまくっている。
放心状態になっているのを後ろから腰を浮かせてバックの体勢で今度はピストン。

「あ~、すごい!奥に、子宮に当たる~、いい、いい・・・もっと~突いて・・・」

もう淫乱な体にセーブが効かず、最後は叫びまくって感じている。

「どこに出して欲しいんだ?」

「私の中~、中~、おまんこの中に出して~、お願い~」

おまんこを締めながら腰を振って中出しを誘う名器である。

「イクぞ、中に」

「きて~、きて~、早く、いっぱい、中でイッてぇ~」

締めたり緩めたりしながら中出しをせがむ最高の瞬間である。

「中にイクぞ!!!出すぞ!!」

「あ~~~、おっきいのが当たってる、奥に出して~、あ~~!!」

最近は中出しの瞬間がわかるようになってきて、今では同時にイクようになった。
中出しの後はいつもビクンビクンと痙攣して半分気を失っている。

毎度毎度回数を重ねる度におまんこの具合がよくなって、セックスが超好きになった淫乱人妻ネイリストであるが、他の男とから変な病気をもらってくる危険があるので、そろそろ引き際かなっとも思っている今日この頃です。

拙い文章ですが、最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。