五十路の美魔女教官・秀子さん・後編

この体験談は約 6 分で読めます。

昨年夏のお話。
セフレである某教習所のエロすぎるベテラン教官・秀子さんのお家に連休を利用して遊びに行った。
その晩に懐かしの『にっかつロマンポルノ』のDVDを一緒に観たり、彼女の若い頃の水着姿の写真を見せてもらった。

ちょうど秀子さんが20歳の夏に近隣のビーチで当時の会社の女性の同僚と一緒に映っていた。
当時は秀子さんは観光バス会社でバスガイドをしており、主に修学旅行や老人ホームのツアーなどを担当していたそうだ。
なので歌も上手い。
その観光バス会社で大型二種免許を取得して運転手も勤めたと言う。
後にその大型二種免許を生かして現在の教習所に就職したが、彼女の勤める教習所はそのバス会社の系列だ。

写真には、グリーンのビキニを着ている秀子さんが写っていた。
当時から巨乳が目立っていてセクシーに決まってる。
もう1人はお子ちゃま体型でイマイチだ。
20歳の頃の秀子さんは、なんとなくだけどタレントのりょうに似たような顔立ちだった。

「他にないんすか?」と聞いたら、本人のシングル撮影版を数枚出してくれて、うち1枚を「おかずにしてね」とくれた。

ムラムラと来たので、この日は俺の方から「しようよ!!」と切り出すが、お互いネタが思いつかない。
すると、「明日、いいとこへ案内するよ」と秀子さんは微笑む。
そう言いながらも、「今夜もこのオールドミスを好きなだけ犯して!!」と秀子さんに誘惑され、その晩はベッドでいつものニャンニャン!!
彼女の大好きなヌメヌメしたタコの足を括りつけた電マと、以前プレゼントしてあげたイボイボのバイブで攻めてあげると、彼女は爆笑しながらイキまくっていた。

彼女のアソコから漂う水産加工場みたいな生臭いマン臭で充満する彼女のお部屋。
それに興奮した俺はわざとに前戯を長引かせて、「アッハ~ン!早く生で入れてぇ~!」とエロく甘えるびしょ濡れの彼女の黒いアワビに、この晩は計6回射精した。

そして翌日、この日はピーカンでかなり暑い日だったが、彼女の車の後を追って、とある人里離れた山奥へ向かった。
ガタガタの未舗装道路で、今にもクマが出てきそうな人っ気のない鬱蒼とした草木の生い茂った風景が車窓に広がる。
すると高さ約7~8メートルくらいの小さな滝があって、滝の中は洞窟になっている。
滝は道路から離れており、しかも木々で視界は遮られており、おまけに洞窟の入り口は岩場で狭まっている。
こりゃ好都合だ。
見えにくい低い場所にそれぞれの車を、しかもちょっと目立ちにくいように離して停めることが出来た。

河原はそんなに石ころはゴロゴロしておらず、やや苔むしていてヌルヌルした感じだ。
早速俺たちは全裸になって、ちょうど死角になる河原の低いところで、童心に帰ったように水の掛け合いっこ。
川の水はやや冷たい。
滝はそんなに激流ではなかったためにちょうどいい感じで、水を浴びながら抱き合ってキスをする。
俺も秀子さんもヘビースモーカーなのでいつもタバコ臭いキスになるが、それはお互い公認だ(笑)
秀子さんのボリュームあるおっぱいをモミモミし、彼女も俺のいきり立った肉棒を優しく擦る。
彼女の成熟しきったEカップのおっぱいをたくし上げて、年季の入ったドドメ色で粗めの乳首を上向きにして滝の水に当てると、「ア~ン・・・」と気持ちよさそうに悶えた。

お互い次第に息苦しくなって洞窟の中へ・・・。
外の光の入りやすい手前側は広くて、地面はフラットで岩場もそうゴツゴツとはしていない。
足元には川に繋がる浅くて大きな水溜まりが淀んでいる。
用意周到にマットを持参してきた秀子さんだが、水の冷たさと洞窟内の冷え冷えとした空気のせいか、彼女は「おしっこ・・・」と囁いた。

「俺、先生のおしっこするとこ見たいなぁ・・・。いいッスか?」

「全然OKよ!!俺君なら・・・。変態だね~、ホントにもう・・・」

俺のリクエストに平然と快諾。

「先生だって変態でしょ」とツッコむと、「アハ・・・。そうだよね~」とすっとぼけた。

五十路の美熟女のおしっこシーンにお目にかかるのは初めてだ。
人前でおしっこをするのは初めてだそうだが、彼女は何の躊躇いもなく、立ったまま誇らしげに堂々と放尿する。
秀子さんの剛毛まんこから無色透明のお小水がしっかりと放物線を描いて放出され、滝の音にかき消されることもなく、シィィィ・・・という音を立てて洞窟内に響き渡る。
何度見てもリアルなエロシチズムを覚えるのが、この神秘の熟女おしっこだ。
そんな放尿は秀子さんのような美魔女が一番絵になるな。
まさに小便小僧ならぬ“小便婦人”で無類の芸術だ!!

平然と放尿し続ける秀子さんに俺は「イエイ」とピースして、彼女も「イエイ」と返す。
さらに俺は下品にヒューヒューと指笛を吹いてエールを贈り、自分も立ちションをした。

「元気な放水銃みたいなおしっこね~!」

秀子さんも歓喜する。
お互いの性器を川の水で洗いっこして、まずはクンニ!
もはや俺専属と化した秀子さんのアワビまんこは黒々とはしていても、さすがに膣の奥はまだ赤みが残っている。
ヒダは若干シワもあるものの、ヌルヌルしたクリトリスは自然に勃起していて軽く刺激しただけで元気に濡れてしまう。
時折、俺のサンドペーパーのような髭と彼女のウニの棘の如き剛毛な陰毛が擦りあってジャリジャリと砂を噛むような音を立てる。
渾々と湧き上がってくる彼女の濃度の高い愛液はまるで餡掛け汁のようにとろみがあり、指に取って粘らして糸を引いて遊ぶオレを軽く小突く秀子さん。

交代で今度はイラマチオ!
彼女の上唇はフィット感が凄く良く、口も比較的大きいので、フル勃起時約19センチの俺の肉棒もすんなりと受け入れることができる。
肉棒を彼女の喉の奥を下手に刺激しないように、かつ歯に当てないように咥えてもらい、ワイドな彼女のベロのお世話になる。
非常に遅漏な俺ゆえに彼女の顎も毎度くたびれがちだが、この日は大量にエキスを射精して彼女の口からも溢れ出るほど。
よだれのように下顎に垂らして、ワンクッション置くように俺のエキスをゴクリ・・・。
今回はちょっと苦しそうだった。
口から納豆のような糸を引いて秀子さんは川の水でうがいをする。
ちなみに俺のエキスはカキのような苦味があるそうだ。

そうして持参したマットを敷いて、彼女を押し倒して、キスをして舌を彼女のと合わせる。
ヌルヌルした川藻をちぎって彼女の乳首に当ててくすぐる。

「アヒッ!!つ、冷たい!!」

彼女は川藻にも感じていた。
わき腹とうなじと股間をくすぐると、「ヒャ~ッヒャッヒャッヒャ!!」と笑いながら絶叫した。
面白くなってきたところで、俺もそぉっと彼女に挿入。
周りの温度が冷たいのか彼女は一瞬硬直した。
くすぐり続ける俺は彼女の足を気持ち引くように突き上げる。

「アヒ~ッ!!アアッ!!ア・・・、ヒッ!!ヒヒッ!!ヒヒヒ・・・ッ!!ヒヒヒャ~!!」

秀子さんの甲高い喘ぎ声が洞窟内にこだまする。
挿入とくすぐられる快感がセットで並行してる。
いつもよりも彼女のアワビまんこの締まりも冴えている。
それに呼応するように力むも、床はヌルヌルした岩場なので、マットごと滑ってしまい上手くいかない(泣)
挿入したまま段差のあるところへ移り続行!!
ようやく彼女のGスポットを突ける体勢にできた。

それから秀子さんと初のアナルセックス!!
彼女もアナルは数十年ぶりらしく、俺もあんまり要領は得ていないが、とりあえず立ちバックの体勢になり、彼女の片方のおっぱいを川藻でくすぐり、もう片方は川ゴケを塗りたくってヌルヌルした手で揉みながら、いよいよ挿入。

「ヒョ~ッ!!アヘヘ・・・!!アヘヘッ!!」

ヒクヒクしながら「ア・・・」と息づくと、彼女が悶えながらまたおしっこを漏らす!
エロすぎる!!
こんな山奥の、しかも滝の中の洞窟の中ならいくら喚こうとお構いなしだとばかりに、結局こちらも計6ラウンドにまで及んでしまった。
で、俺と秀子さんはこれ以降、おしっこプレイに病みつきになった。

俺と会えば変貌する彼女は美魔女と言うよりは、絶世の痴魔女だ!!
俺46歳、秀子さん56歳(当時)。
中高年カップルが、こうもえげつない変態じみたセックスを繰り返すなんて、端から見たら猿のようだが、俺たちにしてみれば楽しすぎるゲームなのだ。

この体験談を読んだ方はこちらの体験談も読んでいます