五十路の美魔女教官・秀子さん・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

数年前、俺が43歳の時の話だ。
某大都市で行われたセーフティードライビング教室に何気なく参加した俺は、担当者が女性であった。
とても話し好きな女性で、教習中も運転そっちのけでよくしゃべる人だった。
俺の評価は「ウインカーの点灯が遅い」以外は全て優良の評価をいただいた。

名前は◯◯秀子さん。
俺より10歳年上の53歳で独身。
某自動車学校のベテラン指導員で、同校の教務課の課長だ。
管理職だけあって、実技と講習の両方を普通車から大型車を一種・二種ともに、大特、けん引、大型・普通二輪車と全車種を場内コースや路上教習はもちろん、仮免や卒検、そしてペーパードライバー教習などもオールマイティに担当しているプロ中のプロで、優良指導員賞を受賞したこともある。
年齢の割には非常にキレイなインテリ風の眼鏡をかけた美魔女で、髪型はおかっぱとショートの中間、スレンダーな体型に崩れていない脚線美とヒップライン、そして胸もあって、張りのある甲高い声も若々しい。

教習後も会場で色々面白おかしくおしゃべりをして、何かと意気投合した。
俺は、(きっと寂しがり屋のおひとり様だろう)と心の中で踏んで、思い切って飲みに誘ったところ、呆気なくOKしてくれた。
もちろん周りには絶対内緒でね!!

まずは居酒屋へ。
彼女の愛車がS15型の赤いシルビア(スペックRで6速のM/T車)なのも、まだ若さが残っている証拠。
ちなみに若い頃には、SA22C型RX-7やDR30型スカイラインRSターボなどでレースもしていたそうだ。
また、オフロードバイクのモトクロスなんかも経験があるようだ。
俺のマイカーのC35型ローレルもシルビアと足まわりの同じFR車だと話し、またバイクツーリングの話をしたところ、お互いに車&バイク好きとわかって一層話に油が乗る。

二次会はすぐ近くのアダルトな雰囲気のオシャレなショットバーへ。
話題を変えて身の上話を聞いたら、彼女の両親はすでに他界しており、全くの身寄りなしだと言う。
婚歴もなく、交際した男性の数も過去1人だけみたいだ。
こう言っては失礼だが、(かまって欲しい、遊んで欲しいおばちゃん)なのかなともふと思った。
また仕事には几帳面で、なかなか教簿に判子を押さないらしい。
卒検も厳格かつ精密に試験場レベルでするゆえにか、教習生にも忌避されてる存在のようだ。

それに対して今日の教習がざっくばらんだったと突っ込む俺に、「あんなの遊びよ!」と上手く切り返す。
しかし秀子さんの遊び心を見抜いていた俺はお互いに酔いの回ったタイミングを狙って、満を期して得意の下ネタを振った!

「先生(秀子さん)、アソコは何年ご無沙汰してますか?」

ストレートに尋ねた。
恥ずかしがる事も無くあっけらかんと、「う~ん・・・。かれこれ20ン年はないなぁ・・・」答えた彼女。

「そういう(独身の)俺君こそ、彼女いないの?」

「長いこといません!」(きっぱり)

「なら溜まってるっしょ~・・・」

にやけながら俺を覗き込んでくる秀子さん。

「先生こそ・・・」と返すや否や、秀子さんは俺の股間にそぉっと手を当てた。

俺は待ったをかけるも彼女も完璧にエロくなっていて、ここじゃ埒が明かないと、秀子さんのお誘いで彼女の家に行く事になった。
このように実にサバサバしていて奔放な性格である。

引き続きエロトークかなと思いつつ、運転代行で彼女の自宅へ向かった。
なかなかキレイな一軒家だ。

「お邪魔しま~す」

秀子さんのお家に上がると、彼女はなぜだか上着を脱ぎかかっていて・・・。

「あたしみたいなババァで良かったら一緒にシャワーして、それからいい事しよ!」

俺はすっとぼけて無言。

「起ってるよ!俺君の・・・」

「えへ・・・、すんません。でもババァだなんてとんでもないですよ!!先生はイカすレディですよ!」

「あら、上手いわね」

ほとんど面識の無い行きずりの男性の前で堂々と裸になった秀子さんの熟女の女体が現れた!!
さすがに肌の艶はないが、中年女性にありがちなシワもシミも全然なく、五十路にしては張りのある豊満なちょうどいい巨乳。
(聞いたところEカップ)
年季の入った乳首は粗めでドドメ色だが、こりゃ加齢のために大目に見るべきだ。
でも乳首はピンと突き出ていて、乳輪は小さくも大きくもない。
段腹になってはいないが腰回りは結構肉付きが良い。
そして桃尻!(死語)
まんこにはまるでウニの殻のようにトゲトゲしく全く手入れされていない真っ黒な剛毛が逆三角形の縦長に生えている。
そんな裸を誇示するような悩ましい仕草で、「早く脱ぎなさい!!」と促す彼女。

速攻で脱いだ俺。
風呂場も結構広くて、のびのびと洗いっこが出来た。
俺はふざけて、「先生のアソコ、男っ気なくて汚れてるでしょうから洗わせて下さい!!」とボディシャンプーを用意した。

「お願~い!!」と開脚する秀子さんだが、こちらも年季の入った黒ずんだアワビがこんにちは!!
シャワーを全開にして彼女のややしなびたクリトリスに直撃させる。

「アウッ・・・!!」

もう感じたのか彼女も音を上げた。
指先にちょこっとボディシャンプーを塗ってくすぐるように彼女のクリトリスを撫でる。

「アキャッ・・・!!気持ちいい~!!その調子ぃ~!!」

彼女のテンションも上がってきた。
同じようにおっぱいもコチョコチョするように洗うと、彼女もこの年にして敏感なのかくすぐったがってキャッキャッと笑いはしゃぐ。
今度は秀子さんの洗う番。

「ビッグフランクと松茸の盛り合わせだわ~・・・。たくましくて素敵ぃ~・・・。こんな大年増でビンビンしてもらえて嬉しいわよ!!」

俺の勃起した肉棒を撫でながら感激する彼女。
対面座位のスタイルで俺の肉棒をピストン運動をするように気合いを入れて洗う。
それから俺のケツの穴をほじくるように洗っていた。

風呂上がりにお互いに真っ裸のまんまもう一度冷えたビールで乾杯して、いよいよ彼女のベッド・・・。
と思いきや、彼女は突然冷蔵庫を開けた。
何をするのかと思ったらサランラップに包まれた巨大なタコの足を取り出して、それをお湯を入れた小さな鍋でに入れてガスレンジにかけて煮始めた。

(え・・・?)

すると秀子さんは本棚から一冊の本を取り出して開いて俺に見せ、「これ、しよう!」と言う。
そのページには葛飾北斎の春画『蛸と海女』が掲載されていた。

(なるほど!だからタコの足を温めていたのか)

人肌ほどに温まってたところで彼女はタコの足を取り出して俺に渡す。
秀子さんのアソコもびしょびしょで、漆黒のマン毛も光っていた。
キッチンの床に滴り落ちる彼女の愛液もいやらしく映り、俺もテンションが上がってくる。

いよいよ、“いい事”が始まる。
ベッドに仰向けになってガバッとマン開する彼女は、誘惑するように「入れて~!!」と懇願する。
こりゃどう考えてもセックスの好プレイ珍プレイだ。

(秀子先生、これ使って毎日オナってるんだ・・・)

そう思いつつ、タコの足をゆっくりと彼女の濡れきったどす黒いアソコに近づけた。

(ちょい待て、これなら・・・)と思った俺は、これまたふざけてタコの足で秀子さんの黒ずんだアワビを上下にくすぐった。

「キャッハハハハ・・・!!ア~!!イッヒッヒッヒぃ~・・・!!」

笑いながら悶える彼女のアソコから噴き出すように溢れる愛液が俺に飛び散る。
同時に秀子さんのアソコは乾いた便所雑巾のようなすえた匂いがして、やはり長いこと下半身はご無沙汰してることが感じられた。
ヌルヌルしたタコの足で年季の入ったヒダをくすぐって、もはや洪水状態の熟女のまんこ。
ゴロンゴロンと転がりながら喘いでいる秀子さんのアナルに一気にタコの足をズブリ!!

「ヒッ!!ア~・・・!!オホホ~ン!!イッヒッヒッヒぃ~!!」

絶叫してよがり狂う彼女。
掻き回すようにタコの足を動かす俺。
タコの足を抜いた瞬間、彼女はいきなり「ヒィッ!!」と悲鳴を上げて猛烈な潮吹き!!
痛いほどの勢いで俺の顔を直撃したが、構わず俺は今度はぐっしょり濡れてフニャフニャになったタコの足で秀子さんの乳首の周りをくすぐった。

「アギャーッ!!アギャーッ!!」

下品にヨガりまくる彼女は、もはやこれだけでエクスタシー状態だ。
次に俺はタコの足でうなじをくすぐると、再びおっぱいからクリトリスと往復させてくすぐる。
同時進行で俺の肉棒を愛液で氾濫した秀子さんのアワビにゆっくりと挿入した。
今度は彼女はしゃっくりをするように、「ヒクッ!!ヒクッ!!ア~太いの・・・、太いのいい~っ!」と痙攣気味にかすれた声で仰け反り返る。
彼女の上半身をタコの足で縦横無尽にくすぐり、下半身には肉棒を挿入して掻き回すようにアワビを突きまくる。
俺もタコのように彼女に身体に絡みつく。

ネチョッ・・・、ネチョッ・・・。

音を立てて中年男女の性器が結合している。
笑い声を上げながら悶える彼女はもはやアクメに達していた。
子供を産んでいないせいか、年の割にはまあまあ以上の締まり具合だ。
剛毛はびっしょり濡れていたために、チクチクとはしていなかった。
俺は「いただきます!!」と叫んで、おしっこ臭くなったタコの足を一気にガブリと食べた。
秀子さんの愛液が染み込んでいて洋酒のように甘苦かった。

「お~・・・!!やったね!!さすが変態!!偉いぞ~!!」

秀子さんは太鼓判を押すように絶賛した。
続いての69では、彼女の猛烈なマン臭は気にならなかたが、彼女のフェラはブランクが長いせいか、ややがさつでイマイチだった。
彼女の歯が俺の肉棒にちょくちょく当たる。
彼女はむせながらようやく俺が発射したエキスを飲み干した。

その晩、秀子さんのベッドはシーツもタオルケットも絞れるほど濡れてしまっていて、彼女はイキやすく濡れやすいことがわかった。

「俺君・・・」

「先生・・・」

ラストは俺流の締めくくりの定番で、秀子さんを優しく抱き締めて映画みたいな柔らかいキス!!
あくまでも女だからね・・・。
精液とエッチ臭の染み付いた敷布類は全て取り替えて、裸のまんま抱き合っておやすみなさい!!
明けて翌朝、秀子さんも長らく溜まっていた欲求不満をとりあえずこれで発散できたと感謝して俺を送り出してくれた。

その後は、この美魔女教官の秀子さんとは年1、2回ペースでセックスをしている。
なお、彼女の元へ行く時には生のタコのパーツは必須である(笑)
秀子さんの真っ黒なウニとアワビが濡れて待っているからね・・・。
さて、いくつまでセックスできるかなぁ?

<続く>

この体験談を読んだ方はこちらの体験談も読んでいます