可愛い口で抜いてくれた巨乳の派遣美女・後編

この体験談は約 6 分で読めます。

「あぁ!」

ビクッと軽く痙攣しながら優子は俺の頭を撫で回す。
舌で乳首を転がしながら吸い上げ、時折軽く噛んで乳首を弄んだ。
その度に優子は、「はぁ!んふぅ」と声を漏らしていた。
乳首を弄びながら俺は優子の太ももの内側を優しく撫でる。
ジーンズに食い込んだ優子の一番感じる部分も軽く触ってみた。
胸にキスしながら徐々に下半身に移っていく。
胸からお腹、そしてわき腹にキスをした。

左手で優子の右手を握り合っていた。
指と指を絡ませ硬く握り合っていた。
感じる度に優子はギュッと手を握り締めるのだった。
そんな優子の反応が可愛くて仕方なかった。

優子のジーンズに手をかけ脱がそうとした時・・・。

「恥ずかしいよぉ。私だけ裸だよ」

俺は着ていたトレーナーとTシャツを一気に脱ぎ捨て優子を抱き締めた。
暖かな体温が伝わる。
柔らかな感触。
ジーンズを脱がせ、優子の綺麗な足を撫でた。
優子の太ももにキスをし、優子のパンツに顔を埋めた。

「だめぇ。恥ずかしいよぉ。はぁぁ」

大きな吐息を吐く優子。
俺は優子の大切な場所をパンツの上から舐めてみた。
ビクビクと身体をよじらせる。

「もう恥ずかしくておかしくなっゃうよぉ」

もう一度優子にキスをして抱き締めた。
そしてキスをしながら俺の右手は優子のパンツの上から優しくそっと撫で上げた・・・。
パンツの脇から指を滑り込ませると優子のアソコはもうグチャグチャに濡れていた。

「あぁ、だ、めッ」

俺は構わず指を滑り込ませ、優子の一番感じる場所、クリトリスを探した。

「すごい、濡れてるよ」

俺は思わず口に出してしまった。

「だって・・・そんなにされたら感じすぎておかしくなっちゃうよぉ」

優子が愛しく感じ、またキスをした。
キスをしながらクリトリスを見つけ、軽く指先で振動させる度、「んんん」と感じている優子。
そしてパンツを脱がせ俺は優子の股間に顔を埋めた。
もうすでに優子のアソコは大量の愛液でグショグショになっていた。

「やめて、汚いよぉ」

そんな優子のアソコに舌を這わせると愛液が糸を引いてきた。
俺の愛撫にここまで感じてくれる優子がたまらなく可愛くて、俺は夢中で優子のあそこを丁寧に舐めた。
そしてクリトリスを舌で見つけ、そっと舐め上げる。
軽く含んで吸い上げると、優子の腰が震えながら浮き上がるのだった。

「だめ・・・、イッちゃう」

震えるような声で優子は言った。
俺はなおもクリトリスを舐め続け、そして優子のアソコの入り口にそっと指を添えた。
クリトリスを舐めながら少しだけ指を優子の中に入れてみた。
右手の中指、第一関節。
そして優子の小さな穴の入り口の壁を揉むように小さく動かす。

「あ、あ、きもちぃ。だめぇ」

そのままもう少し指を入れた。
今度は第二関節まで。
そして膣の上側、少し窪んだようなところに指を当てる。
ざらざらしたような感触が指先に伝わる。
軽く押し付けるように指を動かした時に優子の腰が高く上がり、「あ、あ、あぁぁ!」と呼吸が速くなり全身が震えた。
腰が落ち、優子は俺の頭を両手で掴んできた。

「もう、だめ・・・変になっちゃうよ、はぁはぁ」

小刻みに呼吸しながら優子は、「恥ずかしいぃ」と抱きついてきた。
かすかな明かりの部屋の中、脱力している優子としばらく抱き合った。

「すごいね、私恥ずかしいくらい感じちゃいました」

俺の身体を撫でながら優子は耳元で囁く。
そして俺の勃起したモノを擦った。

「大きくなっちゃってるね」

当然だろ?と思いつつも俺は少し恥ずかしくなって、「うん」と頷いた。
俺はもう興奮しすぎてパンツは先から出る液体で染みまで出来ていた。

「どうしよう?」

優子が聞いた。
俺はもちろんこのまま最後まで行きたかった。
しかし、かなりの時間が経つし、出て行った二人がいつ帰ってくるかと急に心配になったし、コンドームなんて用意してない。
さすがに俺は生でセックスした経験もなく迷っていた。
優子も同じようなことを考えていたんだろう。

「口で・・・してあげようか?」

ちょっとびっくりした。
優子からそんなこと言ってくれるなんて!
もちろんして欲しいに決まっている。
なんだか恥ずかしくなったけど、「うん、して欲しい」と返事を返したら、トントンとドアをノックする音が聞こえた・・・。

「失礼します、食器を片付けさせていただきます」

仲居さんがテキパキと食器を片付けていく。

「お布団のご用意させていただきますね」

そう、部屋で食事したのだから当然、片付けに仲居さんはやって来るのだ。
ドアのノックからはよく覚えていないが、とにかく焦って俺たちは服を着て明かりをつけた。
さっきまでの暗がりでの行為から急に現実に引き戻されたような感覚。
優子もただ黙って仲居さんの様子を眺めていた。
ただ自然に手を繋いでいた。
仲居さんが支度していると、そうしているうちに隆志と芳江が戻ってきた。

「わー、布団だ!」

芳江はなんだか喜んでいた。
隆志はニヤニヤしていた。
芳江が優子とトイレに出て行った。

「いや~、布団が置いてあるだけの部屋があるんすよ!うひゃは」

隆志が言う。
芳江とどこまで行ったのかまでは聞かなかった。
俺と優子のことを聞かれるのも嫌だったのだ。

優子たちが戻ってきて、しばらく雑談していた。
そろそろ眠くなってきたので「寝ようか」なんて話していたら、「私、もう一回お風呂入ってくる。一緒に行こう」と俺の手を引いた。

「え、う、うん」

俺は優子と一緒に部屋を出た。
隆志と芳江は「いってらっしゃーい」と手を振って、二人の世界って感じで気に留める様子もなかった。
手を繋ぎ自然に寄り添って旅館の廊下を歩いていた。
なんだか不思議な感じだった。

(男と女って一度裸になるとこんなに距離が縮まるんだなぁ)

そんな事を考えながら廊下を歩いていた。
優子が俯きながら俺に問いかけた。

「ねぇ・・・、大丈夫?」

「え?なに?」

「だって、男の人って一度そういう気持ちになったらなかなか収まらないんでしょ?」

恥ずかしそうに顔を赤らめ優子は俺を見上げながら聞いた。
俺はとっくに収まっていた。
そう仲居さんがドアを叩いた時、動揺して勃起したモノはすでに萎えていた。
でも俺は嘘をついた。
何か期待をしていたし、勃起は収まったとはいえ、やはり先ほどの興奮は消えるものではなかった。

「うん・・・どうしたらいいのかなぁ」

「来て」

手を引いて優子が2階へ向かう。
お風呂は1階の奥なのに・・・。

「どうしたの?」

俺は分かっていた。
きっと優子は芳江から例の布団部屋のことを聞いていたのだろう。
薄暗い小さな部屋。
いくつか布団が畳まれて置いてある。
優子を抱き締めキスをした。
さっきの優子との行為の記憶が蘇って、俺はすでに勃起していた。
また夢中で優子の胸を揉みしだく。

「はぁ、ん」

優子の吐息が俺の耳元にかかり、胸の奥がギュウと酸欠のように息苦しい感じになる。

「あのね、やっぱりアレつけないでするのって怖いの・・・だから・・・」

午前0時で仲居さんの仕事は終わっているのだろうが、念のためドアに鍵を掛けた後、俺は積み重なっている布団に深く腰をかけた。
目の前には正座して跪いている優子がいた。
優子は俺のシャツを捲り、お腹にキスをした。
変な感触に俺は思わず、「はぁ!」と声を上げてしまった。

「なんか、恥ずかしいなぁ」

優子は恥ずかしいと言っているが、俺には慣れていない感じには見えなかった。
慣れているというわけではなさそうだったけど、声の感じからは楽しんでいるようにも思えた。
優子は俺のジーンズを脱がせてくれた。
そういう経験がないわけではないが、女の子に自分の勃起したモノを見られるのは恥ずかしい。
パンツはさっきの染みがついているし、勃起したモノがくっきりと浮かび上がっていた。
俺は恥ずかしさを紛らわせたかったのか、優子の頭を撫でていた。

「なでなでしてもらうの気持ちいい、あは」

そう言いながら優子はパンツの上から隆起した俺のペニスを擦った。

「俺も気持ちいいよ」

「なんか照れるなぁ、私あんまり上手じゃないけど」

パンツまで脱がされ、俺のペニスは優子の顔の前にそそり勃っていた。

「んっ」と優子は俺のペニスを下の方からゆっくりと舐め上げた。

ゾクッとした感覚。
軽く身体に鳥肌が立った。

「はぁ」

ため息が出る。
丹念に優子は俺のペニスを舐めてくれる。
ちょうど亀頭との境目、裏筋の辺りを口に含みチュウと吸われた時にまた声を出してしまった。

すごい気持ちいいー、なんも言えねー!

今まで彼女にしてもらったことはある。
だけど今までで一番気持ちよく感じた。
もちろん風俗に行ったことだってある。
テクニック的にはきっとそっちの方が上なんだろう。
しかし、優子にしてもらっている・・・、それだけで今までで一番に感じてしまうのだろう。

亀頭の裏側の筋を口に含みながら優子は舌でチロチロとその部分を舐め続けた。
右手は勃起した竿を擦ったり、金玉を撫でていた。
まだ舐められているだけなのに、下半身にギュウッと熱くなり、すぐ射精してしまいそうだった。

「はぁはぁ、気持ちよくて、で、出ちゃうよ・・・」

「んん、いいよ・・・出して」

優子はその小さい口で俺の亀頭を口に含んだ。
亀頭の下、雁首というのだろうか、唇の柔らかい感覚、ザラっと刺激。
ゆっくりと上下する度に俺は、「うっ、あぁ」と声を出してしまった。
優子は時折、俺の顔を見上げた。
自分が気持ちよくなってる顔を見られるのはとても恥ずかしかった。
優子の目が「気持ちいい?」と聞いているような感じがして、「気持ちいいよぉ」と情けない声を出してしまう。
少し嬉しそうな目をする優子は亀頭を含みつつも、裏筋を舌で刺激し続け右手は激しく上下した。
俺は熱いものが込み上げ、腰が引け、何か金玉が凝縮する感じ。

「だめ、出るよ」

「んん」

たまらなくなり優子の口の中に射精してしまった。

「飲んじゃった」

放心状態の俺に優子は恥ずかしそうに言った。
仕方ない、ここは布団を置いている部屋だし、ティッシュなんて置いていなかった。
俺は優子を抱き締めた。
自分の精液を飲んでくれた優子の唇。
少し躊躇ったけど嬉しくなってキスをした。
そのまま俺たちはしばらく抱き合っていたが、あまり時間が経つと隆志たちが気にするかと思い部屋に戻ると、既に隆志と芳江は既に寝ていた。

そして朝になり、俺たちはまたゲレンデに向かって出発したんだ。