妻と最後の離婚旅行

この体験談は約 4 分で読めます。

「お別れは哀しいけど、お父さんとお母さんが納得済みなら私は何も言わないわ」

20歳の娘が言った。

結婚して22年。
俺49歳、元妻46歳で離婚したのが4年前だった。
お互い好きな異性がいて、それでもなんとか夫婦生活を続けていたが、娘が短大を卒業して社会人になったのを機に、離婚を決意した。

「あなたの彼女、若くて綺麗な人ね・・・」

「お前の彼氏は苦味走ったいい男だったな・・・」

浮気現場のラブホテルのロビーで夫婦バッタリ。
当時45歳だった俺は、当時28歳の女と浮気。
当時42歳だった元妻は、当時52歳の渋い男と浮気。
まさか同じホテルに居たとは知らず、その日、家に帰ってからお互いの気持ちを確認した。

「子供が独り立ちするまでは夫婦でいないか?形だけでもいいから・・・」

「そうね・・・そうしましょう。お互いの恋は邪魔しないでいて、それでも家では仲良くしましょうね」

こうして仮面夫婦を続けた。
娘が短大を卒業して、友達と卒業旅行に出かけた時、俺は元妻を誘った。

「なあ、新婚旅行があるんだから、俺たちは離婚旅行にでも行かないか?」

「そうね・・・夫婦最後の思い出を作りましょうか・・・」

こうして二人で出掛けた、ひなびた山間の温泉地。
元妻と二人で過ごす最後の夜だった。
豪華な料理を前に、差しつ差されつ、酒を飲んだ。

「これ、お前の好きなやつだな、やるよ」

「これはあなたが好きだったわね、あげるわ・・・」

こんな風にお互いを思いやれる夫婦なのに、性癖が歪んでお互いの刺激が物足りなくなっていったのだ。
俺が誘った最後の旅に、元妻が素直について来たのには訳があった。

「最後、私を抱くんでしょう?何年ぶりかしらね・・・驚かないでね・・・」

元妻の乳首には、奴隷の証のピアスが揺れていた。

「アソコも、こんなになってるのよ・・・」

恥裂から赤く肥大したクリ豆が飛び出ていた。

「あなたと別れたら、ここに婚約ピアスを通すの・・・」

「そうか・・・」

しばらく見ない間に、元妻の肉体は改造されていた。
包皮に隠れていたクリ豆を見たのは何年前だったろう・・・、そんなことを考えていた。
元妻の恥穴に肉茎を捻じ込んで、夫婦最後の交わりを愉しんだ。

「ア、アア、あなた・・・最後にあなたの精液・・・飲ませて・・・」

今まで飲精なんてしたことがなかったのに、元妻は俺の精液を欲しがった。
それほどまでに、心身を改造されるまで元妻が愛した男がいたのか・・・、驚きを隠せなかった。
もう二度と触れることのない乳房には、銀色のリングが揺れていた。

「アアァァァァァァァ・・・」

元妻の口に肉茎を添えると、ジュルジュルと音を立てて射精を一滴残らず飲み干した。

翌朝、元妻と二人で温泉街を歩いた。

「今日、帰ったら、そのまま家を出て行きます。明日、あの子が帰ったら出て行けなくなりそうだから・・・」

元妻が声を詰まらせた。

「そうか・・・」

もう、そうか・・・としか言えなかった。
帰りの車の中で、元妻は俺の運転する姿を見ながら言った。

「あなた・・・こうして安心して乗っていられるのも今日が最後・・・あの人、車の運転しない人だから・・・」

帰りがけ、市役所に立ち寄って離婚届を提出した。
家に着くなり、既にまとめてあった荷物を持って呼んだタクシーに乗って・・・。

「じゃあ、これでさようならね。お体、ご自愛なさってね・・・」

「ああ、お前も元気でな・・・」

そう言って元妻が乗ったタクシーを見送った。
家に入ると、俺一人の空間がやけに寂しかった。
仮面でも夫婦として暮らしてきたから、最後の夜はひと時だけ夫婦らしいこともしたから、他人になったとは言え元妻が家から消えたことは寂しかった。

翌日、娘が旅行から帰ってきた。

「お母さんは?」
「昨日、出て行ったよ」

「そう・・・お土産、買ってきたのにな・・・」
「お前に会うと心が迷うから、お母さんなりに考えての事だから、わかってやれ・・・」

「お父さん、優しいのね・・・お父さんは、これからどうするの?」
「どうもしないよ。お前がお嫁に行くのをこの家から見送るさ」

そう言いながらも俺は例の彼女と週2、3回のデートを重ねていたが、昨年、35歳の彼女が、「私達って、この先どうなるのかしら・・・」と言うので、「君の思い通りにした方がいいよ。俺も年だし、君を幸せにできる自信は無いから・・・」と言った。

彼女とのお別れ旅行は、わざと元妻との離婚旅行の宿にした。
元妻より14歳も若い彼女とのお別れ旅行で、俺は別れた元妻との思い出に浸っていた。
35歳の彼女を抱いて、最後の精液を彼女に蒔いた。

彼女がボソッと言った。

「私ね、お見合いするの・・・」
「そうか・・・」

「ゴメンね・・・そろそろ、将来を考えるとギリギリだから・・・」
「そうだな・・・」

翌日、彼女を乗せて帰路に就いた。
車の中は無言の空間だったが、彼女を下ろす場所が近付いた時・・・。

「私、本当はあなたのお嫁さんになりたかった・・・なんて、冗談よ・・・それじゃ・・・」

「幸せになれよ・・・」

「うん・・・ありがとう・・・」

元妻の時と違うのは、さよならを言わなかったこと・・・。

年の瀬が迫った今月半ば、届いたのは元妻の訃報だった。
詳しくは語られなかったが、どうやら緊縛の縄で窒息死したらしい。
新しいパートナーが警察へ任意同行を受けたと聞いた。

「お母さん、亡くなったって・・・」
「お父さんは、どうするの?」

「もう、お父さんの奥さんじゃないから、のこのこ行かないよ。ここで、お母さんとの思い出にお別れするよ」
「そう・・・じゃあ私もそうする」

こうして俺は元妻の思い出に浸りながら、元妻の話を書き込んで元妻に別れを告げた。