最後まで優しかった彼女・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

誰にも話せなかった事を、ここでお話します。

彼女は職場の後輩。
親しい関係では無かったけど、軽く夕食に誘った後、車内でキス・・・。
ここから全てが始まりました。

お互いの体を抱き締め合い、小振りのおっぱいの感触を楽しんで気分の高まった俺は自分のモノを彼女に握らせると、「舐めて」の一言。
少し迷ったものの彼女は俺の言葉に従いました。
数時間前まで、ただの先輩後輩だった関係を思うと興奮し、すぐに限界が近付きましたが、出すのを抑えて彼女に言いました。

「明日ホテルに行こう」

翌日、普段通りに仕事を終えた俺は彼女を待ち合わせ場所に呼び出しました。

彼女が車に乗り込むと「お疲れ様」の声をかけ、すぐにキス。
舌を絡ませた長いキスの途中、彼女の下着の中に手を入れるとすでにグッショリの洪水状態。
可愛い喘ぎ声にしばし時を忘れて彼女の柔らかさを感じていましたが、今日の目的の為に手を止めて、車を走らせました。
ホテルまでの車内、俺が何を話しても彼女は無言・・・。
不倫という行為に躊躇いを感じていたんだと思います。

しばらくの後、ホテルに到着。
適当に部屋を選んで、室内へ。
部屋に入った彼女は気持ちの整理をつけたのか、「お風呂入れてくるね」とバスルームへ向かいました。
浴槽にお湯が溜まるまでの間、ベッド上で彼女を抱き締めながら俺自身も正直なところ、(ここでやめれば後には残らないのか・・・)と考えたりしていました。
ふいに彼女が、「お湯溜まったみたいだから」と一言。
そこからは俺も、先のことは考えず今のこの時を・・・と思っていました。

お決まりの言葉で彼女は、「見ないでね、来たらダメだから」と言ってバスルームへ。
俺は「分かったよ」と返事をした後、ホテルに来ること自体久々だったので、最近は色んなサービスあるんだな等とパンフやチラシを見ていました。
彼女に「ダメ」と言われてしばらく我慢していましたが、欲求には勝てずバスルームへ。
脱いだ彼女の下着を手にすると、あの部分だけ水に浸したような濡れ方。
ガラス越しに俺を見つけた彼女は、「何やってるのよ」と扉を開けて・・・。

彼女「来たらダメって言ったのに」

でも、その顔は笑っていました。
初めて見る彼女の体はとても細く、そしてきれいでした。

俺「我慢出来なかったよ」

彼女「しょうがないなー」

本当の恋人の様なやり取りに、これが不倫だという事は俺達の中から完全に消え去っていました。
そして風呂を出て、彼女と共にベッドへ。
強く彼女を抱き締め、お互いの口の周りがベトベトになる位の舌を絡めたキス。
乳首を愛撫し、吸い始めると、ここが閉ざされた空間という事に安心しきっているのか、「あっ、ああーん」と彼女も自分を抑えること無く声をあげ、俺の体を抱き締めてきました。

彼女「××さん、我慢できないよ~」

俺「うん、優しくするからね」

そしていよいよ一つになる時を迎えました。
俺はゴムが苦手なので着けるつもりはありませんでしたし、安全日だったのか、彼女も生での挿入を拒みませんでした。
男性経験の少なそうなピンク色の性器に向けて、俺はゆっくりと腰を進めました。

彼女「ああ~」

彼女は声を漏らし、大きく深呼吸をしました。

俺「大丈夫?」

俺が声をかけると、「うん、でもゆっくり動いてね」と彼女。
結婚後、妻としかしていない俺にとって彼女の感触は新鮮であり、全く別物でした。
事実、俺自身が多くの経験を持つ訳でもないのですが、俗に言う名器という物はこれなんだと感じました。
出し入れする度に膣内から適度な締め付けがあり、亀頭に擦れるポツポツ感(数の子天井と言うのですね)は本当に初めての感触でした。

彼女にはゆっくりと言われましたが、少しずつ腰の動きを加速させ出し入れが激しくなると、「だめ!私おかしくなっちゃう」彼女が叫びました。
こういう表現をこれまでの女性との行為で聞いたことが無く、俺の興奮はさらに高まり限界が近いことを感じました。

俺「さすがに中はマズいよね?」

彼女「お願い、外に・・・」

(もしかすると今日が最初で最後なのかもしれない・・・)

ふと思った俺は出来るだけ彼女の感触を味わいたくて我慢していましたが、遂に限界を感じ、彼女から離れると勢いよく精子を胸の辺りに飛び散らせました。

帰りの車内、彼女は再び無言でじっと目を閉じていました・・・。
不倫という行為を犯してしまったという後悔の表情の様に俺には見えました。
待ち合わせた場所に着くと・・・。

彼女「もう私達、会わない方が良いよ・・・」

彼女の言葉は俺の思った通りのそれでした。
返す言葉もなく、この日俺達はそれぞれの家に帰りました。
数週間後、俺は彼女にメールで伝えました。

『今日の夜、会いたい・・・』

当時の俺は仕事や家庭内のことで気持ちの行き場が無く、悪いと思いながらも彼女を求めてしまいました。
待ち合わせの場所に現れた彼女に俺は言いました。

俺「前の時もそうだった・・・××との時間は俺の中の嫌な物を消し去ってくれる。もう一度抱かせて欲しい」

彼女はしばらく考えた後、こう言いました。

彼女「これが本当に最後だよ・・・」

この日、俺達は前回以上に激しく体を求め合いました。
行為を終え、彼女を抱き締めながら二人のこれまでの事を話しました。
彼女は過去に負った心の傷があり、それを癒すために誰かに甘えたい・・・そんな毎日を送っていたと言いました。
俺は、多くの悩みから解放される癒しの時間を求めていました。
実際、彼女との時間はそういった全てを忘れる事が出来る唯一の時間でした。
お互いに愛情と言うより、気持ちを補うための行為・・・。

俺「ありがとう、もうこれで終わりにしよう」

彼女「うん」

俺の体をさらに強く抱き締め、心なしか寂しげな表情を見せる彼女。
彼女を送り、家に帰る車内で俺は彼女の表情を思い出し、複雑な心境でした。

あの子は俺のことをどう思ってくれていたんだろう・・・。
でも、もう終わったんだ・・・。

そう心に言い聞かせ、またこれまで通りの生活に戻る気持ちの整理をつけていました。
そう・・・これで全てが終わるはずでした。

数日後、職場で彼女の不安そうな表情に気が付いた俺は、「どうした?」と声をかけました。

彼女「・・・」

俺の顔をじっと見て無言の彼女。

俺「何かあったの?」

彼女「ここだと話せない・・・帰りに少し時間くれる?」

俺「・・・分かった」

(一体何が・・・)

彼女との会話後、仕事もあまり手に付かず、流されるように定時となりました。
皆が帰っていくのを確認して、待ち合わせた会議室へ。
中に入ると同時にメールが届きました。

『もう10分くらいで行けるから、待ってて』

時間が過ぎるのがやけに長く感じるなと思っていた時、彼女が入ってきました。

俺「話って何・・・」

俺が聞くと俺の顔を一目だけ見て俯き、彼女は言いました。

彼女「昨日、奥さんから電話があったよ・・・」

・・・俺は完全に言葉を失いました。
彼女とのやりとりは携帯が中心でした。
当然、アドレス帳にも入っていたし、メールはロックされたフォルダーに届くようにしていました。
以前から万が一に備え、携帯の全ての機能にはロックをかけていたのです。
解除のパスワードは彼女の誕生日。
彼女との関係を知られる痕跡は一切自宅に持ってきていない筈でした。
その時、ふいに頭をよぎりました。

(・・・手帳だ)

彼女との初めての食事の時、誕生日の話になって、その日にチェックを入れていた事を。
これまで残業とは言っても常識の範囲での帰宅時間でしたが、彼女との行為に及んだ日は普段の2倍くらい遅い時間・・・。
帰宅後、妻に特に問われる事も無く、俺だけが「残業だったよ、同僚と飯は済ませた」で終わったと思っていました。
妻は、すぐに疑問を感じていたんでしょう・・・。

大きく深呼吸して彼女に言いました。

俺「・・・妻は何と?」

彼女は泣き崩れ、全てを教えてくれました。
いつからの事なのか、何があったのか・・・問われるままに全てを答えたと。

俺「全ては俺の責任だから、これ以上××に迷惑をかけないから」

そう彼女に言って震えた体を強く抱き締め、2人で職場を出ました。
駐車場で彼女は、「奥さん、大事にしてね」と言い残して、車に乗り出て行きました。
残された俺は何も考える事が出来ず、ただ家に向かって車を走らせました。

自宅に着いた俺は平静を装うつもりでしたが、妻の方から話がありました。

妻「今日も会ってたんでしょ?あの子とまた寝てきたの?」

夫婦喧嘩はこれまでにもありました。
妻の怒った顔も何度か見ています。
でもその時の表情は違いました・・・。
怒りを通り越し、具体的に表現出来ない・・・そんな表情でした。

俺「悪かった・・・」

ありったけの謝罪とこれからの自分の在り方を話しましたが、妻からは、「一生許さない」の一言。
当然でしょう・・・。
その日、俺は寝ること無く翌朝を迎えました。
それから、何とか妻と会話が出来るようになるまで約1ヶ月近くかかりました。

<続く>