同級生ナースの剃毛処置で射精した童貞で早漏な俺

この体験談は約 7 分で読めます。

俺の名前は竹下。
会社をクビになり、現在土木整備の派遣社員として働いている。
免許がないので力仕事全般だ。
もともと体力に自信があるわけでもないが、このご時世、簡単に再就職できない。
あの地震のため、一時的とはいえ土木関係の仕事は増えた。
そういうわけで、もともとはデスクワーク向きの俺が、頭ではなく体を使っているわけだ。
上司はパソコンもできない一昔前の男。
周りの人も頭が悪そうで、いつもタバコ、酒、パチスロ、風俗など下らない話題で大盛り上がりだ。
早く資金を貯めて、すぐにでもこの現場を逃げ出したい。

そう思っていたある日のことだった。
仕事が始まる前、腹に違和感を覚えた。
それは徐々に大きくなり、昼前にはさすがにおかしいくらい痛かった。
が、次の瞬間、立っていることもできずに倒れ込んでしまった。
そのまま病院に運ばれ、検査の結果、盲腸と判明。
手術を受けることになった。

一旦痛みは治まったものの、すぐに手術ということで準備が進められた。
何人かの看護師がせわしなく往復していた。
そしてある看護師が俺の部屋にやってきた。

「竹下さん、具合どうですか?」
「だいぶ楽にはなりまし・・・あれ、絵里?」

「え?あ、竹下?高校の時一緒だった?」
「そうそう、お前、看護師になってたんだ」

「うん、そう。でも、懐かしいな。盲腸なんだって?」
「何か知らないけど、そうなっちゃったみたい」

「結構多いよ。そっか、竹下か~」
「なんかあったの?」

「いや~、このワゴン見てわからない?」

絵里は持ってきたワゴンを指差した。

「・・・あっ、もしかして剃毛?」

「ピンポーン、正解。何回も経験あるから安心して。だけど知り合いは初めてかも(笑)」

「それって自分じゃできないの?」

俺はすがるように聞いた。

「できない事もないんだろうけど、竹下は今動くと痛いでしょう?それに剃り残しがあると私が怒られちゃうんだ。まぁ、安心してよ。男性のペニスは見慣れてるから」

そう言って準備を始めた。

「じゃあ、消毒とかするから服脱がしちゃうよ」

「ちょ、待って・・・痛たた・・・」

「ほら、患者はじっとしてなさい。はい、手を上げて・・・」

見る見る間に俺はパンツ一丁になっていた。

「じゃあパンツも脱がすね。はい、腰上げて~」

(もうどうにでもなれ!)

俺は言われた通りに腰を上げた。

スルリと慣れたようにパンツを引き抜かれた。

「あ~、竹下って包茎だったんだ(笑)」

そう、俺は包茎だった。
普通こういう場面なら勃起してそうだが、時折来る痛みがそれを邪魔して小さいままになっていた。

「わ、悪いかよ!」
「別に悪くはないよ。結構多いし・・・」

「そら見ろ、全体の7割が包茎なんだよ」
「う~ん。それ何年前の数字?実際包茎が多いのは子供のこと。それ以外ではあんまり見ないかも。それにこれ先週見た小学生の子と大きさ同じだよ(笑)」

「うそ?」
「本当。皮の被り具合もね。でも、もしかしたら竹下の方が皮余ってるかも」

「なっ?」

顔が赤くなっていくのがわかる。

「だってさきっぽが尖ってドリルみたいになってるよ。皮オナニーのやりすぎじゃない」

「や、やってねーよ。皮オナニーなんて!」

実際はいつもやっています。

「焦るところが怪しいな(笑)。でもセックスできるの、こんなちんちんで?」

「えっ・・・」

続きが出てこなかった。

「もしかして、まだ童貞だったりする?」

俺は黙り込んでしまった。

「あ~、ごめんね~。そっか、そっか。このちんちんじゃそうだよね」

「やめろよ・・・」

俺は震えた声で言うので精一杯だった。

「え~、おちんちん丸出しで言われても迫力ないな。あっ、たまたまにお毛々発見」
「痛いから引っ張るなよ」

「いいじゃんよ~。お尻の穴はどうかな?」
「だからやめろって!!」

俺はちんぐり返しのような格好にされ、絵里は手で俺のお尻を広げた。

「ふ~ん。なんか思ってたよりも汚いね。毛もいっぱい生えてるし、ってティッシュ付いてるよ。汚いな~(笑)」
「もうやめて下さい」

「あれれ~、さっきまでの威勢が無くなっちゃったね。そりゃそうか、同級生にこんな恥ずかしい部分見られちゃ恥ずかしくもなるか」
「ちゃんと準備してくれよ・・・」

俺は涙目になって言った。

「もちろんやってるよ。だけど同級生のこういう所って興味あるじゃん?竹下はないの?」

「えっ?」

「竹下だって同級生の裸は興味あるでしょう?童貞なくらいだから今でも卒アルでオナニーとかしてんじゃないの?」

一瞬ドキッとした。
確かに高校の卒アルは今でもオナネタの1つだ。
その絵里が今目の前でナース服で俺の恥ずかしい部分を見ている。
そう考えると無性に興奮してきた。

ムクムクムク・・・。

「あれれ~、大きくなってきたよ。もしかして予想的中?」
「生理現象だからしょうがないだろう」

「でも、おっきくなってもこのサイズか~。皮も被ったままだし、これ剥けるの?」
「と、当然だろ!!」

ここまで馬鹿にされ、少し声が大きくなった。

「そんなに大きな声出さないでよ」

俺は慌てて皮を剥いた。

ツルン!

「仮性でよかったね。でも、いつも被ってるせいかカリ小っちゃいね。アスパラガス見たい。それにカスが溜まってるよ。うっ、ここまで臭いが来る」

ゲホゲホと大袈裟にアピールしてくる。
しまった。
全然考えてなかった。

「お尻といい、ちんちんといい、ちゃんと洗ってるの?いくら彼女が居ないからって清潔にしてないと駄目だよ」
「う、うるさいな」

「なにその態度。せっかくだから包茎手術と大きくする手術もしていけば(笑)」
「もういいよ」

俺は皮を被せた。

「すご~い。勃起しても皮被せられるんだね。臭いきついからそのままにしといて(笑)」

俺がどんなに意気がっても、所詮はまな板の上の鯉になるしかできない。

「ようやく、大人しくなったか。初めからそうしていればよかったのに。じゃあ、剃毛してきま~す」

初めはハサミで大まかに切って行った。
時折ちんちんを触られるのがくすぐったく、気持ちよかった。

「じゃあ、本格的に剃っていくね」

絵里は泡を立てて塗ってきた。
そしてカミソリでジョリジョリと剃っていった。

「ちょっと動かすね。触ってもいい?」
「勝手に触ればいいじゃんか・・・」

「え~、いきなり触られてビックリしない?童貞でしょ?」
「触られたことくらいあるわ!」

「どこで?」
「それは・・・」

「強がらなくていいのに(笑)」
「そういう店でだよ!」

「え~、竹下ってそんなエッチなお店行くんだ?童貞君の癖に性欲は一人前なんだね。もしかして素人童貞?」
「ち、違うよ。ただ抜いてもらっただけ・・・」

「ふ~ん、純粋な童貞君なんだ。でもその時このちんちんで驚かれなかった?」
「ちゃんといつもは綺麗にしてるんだよ!それに勃起すれば剥けるし・・・」

「アハハ、ごめん。あんまり竹下をいじめるのが面白くて、つい(笑)」
「つい、じゃねーよ!」

「だって、いつも彼とやる時は私Mだから、あんまり責める機会ないのよね~。意外と私Sかも」

絵里はやっぱり普通にセックスしてるんだよな。
それなのに俺は・・・。

絵里を見ると、体を曲げているからか体のラインがはっきり見えた。
そういえば絵里でオナニーしたこともあったよな・・・。

「じゃあ触るよ」

絵里は先っぽの皮を引っ張って、それを上下左右に動かし毛を剃っていった。

「の、伸びるから、そんなに引っ張るなよ」
「え~、もう十分伸び余ってるからいいじゃない?それにあんまり強く握ると出ちゃうんじゃない(笑)」

「そこまで早漏じゃねーよ」
「どうだかな~。包茎の人って早漏って聞くよ?」

「俺は違げー、痛てててて」
「ほらほら、あんまりムキにならないの。言っておくけど剃毛程度で射精する人なんて、私会ったことないからね(笑)」

同級生なのに俺は絵里に完全にあやされる形になっていた。

「ハァハァ・・・」

「ねぇ、息荒くない(笑)」

「大丈夫だよ・・・」

さっきの絵里の体とオナニーしていた時の妄想、さらに敏感な皮の先をコネコネ触られて非常に興奮していた。

(ヤバい、このままじゃ出ちゃう・・・)

危機感を感じた俺は絵里に休憩を頼んだ。

「ちょっと、休んでくれない?」

「え、どこか痛くなった?」

「あ、うん」

まさかこの程度の刺激で興奮しているとは思わなかったのだろう。

「でもちょっと我慢して、あとほんのちょっとだから・・・」

絵里は真剣な目でラストスパートをかけた。

『剃毛程度で射精する人なんて、私会ったことないからね』

(でもヤバい、これは・・・)

「ちょ、本当にストップ!」

「あっ、こら、危ないでしょ!」

絵里が皮から竿に持ち替えた。
俺は逃げるようにしたので、一瞬手コキの形になった。

どぴゅどぴゅ!

包茎特有の皮の隙間から精子が溢れ出てきた。

「え?」

「ハァハァ・・・」

絵里はようやく竿から手を離した。
ゴム手袋を着けた手に精液が付いていた。
俺のちんちんからは、だらしなく精子がよだれのように垂れていた。
絵里はその手を鼻元に持っていき、匂いを嗅いだ。

「くっさ~、なにこれ?あんた何日溜めたの?」
「ハァハァ・・・っていうか、普通匂い嗅ぐか?」

「こ、これは癖なの。彼氏がそういうの好きで。っていうか、あんたこそ普通射精する?」
「だから止めろって言ったじゃんか」

「あれはどこか痛くなったからでしょ・・・あー!もしかして感じてたの?」

絵里にとって先程の行為は全くエロいものではないらしい。

「もー、だったら素直に言ってくれればよかったのに。私の患者で、竹下が剃毛で射精した最初の人になったじゃん(笑)」

もう何も言い返せなかった。

「まぁ、不可抗力だったってことで。もう後は洗い流すだけだから大丈夫よ」
「ご、ごめん」

「んー、ビックリはしたけど、私も童貞、包茎の患者はまだまだね」
「あのさ、それで・・・」

「何?」
「このことは誰にも、特に同級生のみんなには黙ってて欲しいんだけど・・・」

「あー、はいはい、大丈夫よ。一応患者のプライバシーは守るよ。でも酔ってバラしちゃったらごめんね」
「絵里~・・・」

「うそうそ、じゃあ黙ってて欲しいことちゃんと自分の口から言って」
「え?」

「ほら早く」
「えっと、俺が童貞でその包茎で・・・」

「それから?」
「勃っても皮が剥けないで、その上早漏なことです」

「はい、よく言えました」

絵里は頭を撫でてくれた。
俺は顔を真っ赤にして、完全に子供扱いだ。

「じゃあ、手術頑張ってね。あと、本当にいつもは綺麗なんでしょうね?」

「今日はたまたまだよ」

「それならよろしい」

最後まで子供扱いだった。