男と熟女にまみれた下宿生活

この体験談は約 5 分で読めます。

もう30年近く昔の話・・・。
東京で大学生活を始めた俺は、貧乏だったから下宿に住んだ。
小さな下宿で、6畳間が4部屋で、1年生の俺の他は4年生が2人と留年した5年生が1人だった。
圧倒的に年下が一人の状態で、緊張した毎日が始まった。

ある日、風呂に入っていると3人の先輩が入ってきて・・・。

「おう、新人。チンポ出せや・・・」

両腕を抱えられて、5年生の林さんにチンポを弄られ勃起した。

「おいおい、男に弄られて勃起すんのか?お前、素質あるなぁ・・・」

そこで林さんにフェラされて完全勃起すると、定規で長さを測られた。

「15cmだな。意外と長いな・・・気持ちよさそうだ」

林さんの部屋に連れて行かれた。
体中を愛撫され、感じていると、ケツにローションを塗られた。

「効いてくるまでフェラの練習だ。しゃぶれ」

チンポを口に宛てがわれた。
女もまだ知らないのにチンポを舐めさせられた。
口に含んで、かなりデカいと思った。

「デカいだろ?」と自慢された。

10分くらいしたら、「ローションが効いてきただろ?」とケツに指を入れられた。
何とも言えない感覚に、「ああっ」と声を出してしまった。
すると、4年生の2人が林さんの友達が部屋に入って来た。

「まだ始まってないですか?」

「これからだよ」

林さんにベッドに押し倒された。
4年生の中村さんが俺を四つん這いにさせて、ケツの穴を舐めてきた。
さらにもう一人の4年生の菅野さんが俺のチンポをしゃぶってきた。
あまりの快感に勃起して喘いでしまった。

「感じさせてやるよ・・・」

中村さんは俺のケツに入れた指で前立腺を刺激し・・・。

「そろそろ入れ頃です。コイツ、綺麗なケツしてますよ」

実際、ローションと指だけで、かなり気持ちよくなっていた。

「中村、お前アナルヴァージン初めてだろ?奪わせてやるよ」

林さんにそう言われて、中村さんが「ホントっすか!ありがとうございます」と言い、ケツにチンポを擦りつけてきた。

俺は2人に押さえ付けられ、中村さんのチンポを入れられた。
バックから掘られ、口には林さんのデカマラを入れられた。
永遠に続くウンチ感覚・・・気持ちいいと言えばそんな気もした。

「そろそろイキそう・・・種付けするぞ!」

何のことかと思ったら、腸内に射精された。
次に菅野さんが俺を正常位にしてケツに入れてきた。

「おい、ケツ締めろっ!」

そう言われて括約筋を締めると、「おおおーー締まる締まるぅーーー」と、ハメられながらチンポを扱かれた。
ケツとチンポの二所責めに射精しそうになり、「イキそうです」と言ったら、菅野さんは「よし、一緒にイクぞ!」と腸内に中出しされ、俺も菅野さんの手で果てた。

「次は俺の番だな・・・」と言うと林さんが覆い被さってきた。

正常位の体勢で足首を持ち、20cm近いデカマラがニュルルンと入ってきた。
中村さんと菅野さんに左右から乳首責めされ、喘いでいるうちに根元まで入れられた。
林さんがゆっくり腰を振り始めると、物凄い快感がやってきた。

「チンポにローション塗ったから、さらにいいだろう?」

「はあん・・・あっああっ・・・」

「いい声で啼くな・・・俺のチンポが忘れられなくしてやるよ・・・」

そう言ってピストンを速めた。

「あああああ~~」と喘いでしまった。

「素直に感じろ・・・狂っていいぞ」

デカマラで前立腺を刺激され、ケツとチンポの付け根が熱くなって、再び勃起したチンポを扱かれて射精してしまった。
そして、ケツのかなり奥の方に熱い精液を放たれた。
こうして俺は女を知る前に男を知った。

俺達は毎日相手を変えて男同士で交わり、週末は乱交していたが、次第に彼らは俺を調教し始めた。
俺は恥ずかしい格好でチンポと穴を晒して縛られ、身体だけでなくチンポも紐で縛られ、さらにタマを左右独立して紐で縛られた。

「キンタマがピンピンになってるよ。チンポも血管が浮き出てる。スゲーな・・・」

そんな惨めな格好で、ケツに女がマンコに入れるディルドを入れられた。

「うおお・・・あうあうあう・・・」

前立腺を突かれて俺は悶えた。
出し入れされるディルドが的確に前立腺を突き、俺はチンポの付け根がジンジンしてきた。

「ああぁぁぁ~~」と喘いだら、ドロドロドロドロ~~・・・と、チンポを扱かれてもいないのに射精した。

「すげ~な~・・・トコロテンしちゃった。本当に気持ちよさそうだな・・・」

中村さんはそう言いながら、俺のチンポを拭いてくれた。
林さんは、「縛りつけたまま、種付けしてやるよ」と言い、ディルドで前立腺イキして敏感な俺のケツを犯し始めた。
林さんのデカマラが前立腺を撫で、突き、擦り上げた。

「ああ、あああ、ああん、あん・・・」

射精して萎えていたチンポが、いつの間にか再び勃起していた。

「マサキ、イキそうなんだろう?『種付けして下さい』とお願いしろ。そうしたら狂わてやる・・・」

「ああん、あああん、た、種付けして下さい・・・あううっ・・・狂わせて下さい・・・」

イキたい俺は言ってしまった。

「ようし、とびきり濃い子種汁を仕込んでやるよ・・・」

ケツの奥でデカマラが痙攣して、ジワ~~と熱い感覚が広まった。
と同時に、俺はこの日2回目のトコロテン発射をした。

先輩は3人とも卒業して故里に帰ることになった。
俺は1年生の終わりに3人に種付けされて、トコロテン3発で3人の先輩とお別れした。
あんなに凌辱されたのに、別れる時に俺は泣いてしまった。
先輩たち一人一人に抱き締められて見送った。

俺は下宿に1人残った・・・。
大家さんが来て俺に言った。

「アンタ、大変な1年だったねえ。お尻、大丈夫かい?」

大家さんは全て知っていました。

「アンタ、女はまだ知らないんだろう?アタシも年だし、もうこの下宿を閉じようと思てるんだ。だからアンタが出て行くまで誰も入れない。3部屋開きっぱなしなんだ。そこでね・・・」

そう言うと、大家さんは着ているものを脱ぎだした。

「55歳のおばちゃんだけど女を教えてあげるよ・・・チンポお出し・・・」

この日、初めてマンコを見て、初めてマンコにチンポを入れて、初めてマンコの中に射精した。

「アンタ、空いた3部屋でアタシが連れて来る女を抱きな」

俺は2年生からおばちゃん相手に若い精を売った。
卒業するまで3年間、たぶん50人くらいのおばちゃんを抱いた。
一番若くて44歳だったと記憶している。
60代もいた。
半分くらいが1回だけのおばちゃんで、もう半分くらいはリピーターだった。
そして毎月、定期的に抱かれにやってくるおばちゃんが7人いた。
7人は全員50代でオール中出しだった。
もちろん大家のおばちゃんともハメた。
その3年でケツの快感は忘れていった。

大家のおばちゃんは、俺に抱かれにやって来るおばちゃんから金を取っていた。
みんな身なりの綺麗な上品なおばちゃんばかりだったから、金持ちの男遊びだったんだと思う。
おかげで俺の下宿代もタダだった。

俺の卒業で下宿は閉じられた。
最後の日、大家のおばちゃんとたっぷりハメた。
ドドメ色のマンコがドロドロになるまで、精液が尽きるまで何度もハメ倒した。
えげつない声で喘ぐおばちゃんは、マンコの中に俺の精液を溜めたまま、翌朝、最後の線香が消えた後、亡くなったご主人の位牌を整理していた。

「じゃあ、アタシもここを出て行くよ。ここを売ったお金で熱海にマンション買ったんだ・・・あの人、海が好きだったからねえ・・・」

「色々とお世話になりました。おばさん、お元気で・・・」

「アンタも頑張るんだよ」

目を閉じると思い出す、大学時代のあの下宿・・・。
今、アラフィフの俺は大学生の子供を持つ父親だ。
可愛い女房は、就職先で出会った初めての年下女で、初めての処女だった。
あの下宿のおばちゃんのように、今ではマンコはドドメ色だが、2人産んでもいい締まりだ。
俺が40歳過ぎた女房でも飽きずに抱けるのは、下宿でおばちゃんばかり相手していたからだと思う。
今は、あのおばちゃん達に感謝したい。