OLの従姉と高校生の姉がレズってた

この体験談は約 5 分で読めます。

まだ俺が中学3年の頃、ちょうど夏休みでお盆。
毎年親戚一同が集まっているんだけど、この年もみんな集まっていて、総勢20名くらい。
だいたい2泊3日で近くにも親戚の家があるんで、分担して遠くから来ている親戚を泊めていた。

当時23歳くらいだったと思うが、親戚の亜希子姉ちゃんがすごく美人で、大学を卒業して大手企業に就職したみたいで、とにかく数年前から憧れていた姉ちゃんである。
年に何回か遊びに来るんだけど、来るたびに、どうにか風呂を覗けないかとか、どうにかしておっぱいを触りたいとか考えていたんだけど、あんまり頭良くないから悪知恵も浮かんでこなくて、亜希子姉ちゃんが来た時は、夏場だとTシャツの胸の膨らみを目に焼きつけ、自分の部屋で何回もオナニーしていた。
ちなみに俺には3つ年上の姉がいるんだけど、姉とは毎日一緒に生活してるんで、姉の風呂あがりとかは下着姿とか見かけてるんだけど、毎日の生活の中での出来事なんで、結構胸は大きいな~と思うことはあるが、オナニーをするまでには至っていない。

それで泊まりに来た初日の夜。
大人たちは深夜まで酒を飲んで、『子供はどこかに行け』みたいなオーラが出ていて、毎年自分の部屋にいるんだけど、ちょうど姉の部屋は隣。
バルコニーで隣の部屋の窓に行けるのですが、姉の部屋で笑い声が聞こえて、もう寝ようかと思っていたがうるさくて寝られなくて、何をしてるかちょっと覗くことにした。
足音が聞こえないようにバルコニーに出て、気づかれないようにそっとカーテンの隙間から覗いた。

今まで正直に言うと何回か姉の部屋を覗いたことはあった。
カーテンの下の方の端が隙間になっていて、そこから覗けるんだ。

(もしかしてオナニーとかしてたら・・・)とか、下らん想像をしながら覗いていたけど、1度もそのような光景に出会ったことはなかった。

やっぱりアダルトビデオの世界だけなんだなと思っていたが、その日は違っていた。
スタイルのいい亜希子姉ちゃんと俺の姉は、上半身下着姿になっていた。
正直驚いたと言うより目が飛び出しそうだった。
2人でエッチなことはしてないんだけど、ブラのサイズの話をしているみたいで、お互いの胸を触ったり、他のブラをいくつか出してきてはサイズ合わせみたいなことをやっていて、それを見てるだけで俺の股間は勃起していて、下着姿を見ていて、自然に股間に手をやりズボンの上から勃起したペニスを擦っていた。

心臓はドキドキしていた。
憧れていた亜希子姉ちゃんの下着姿を目の前で見れて、それもおそらくDカップくらいはあるであろう、ふくよかなおっぱいで、今にも部屋に入っていって後ろから羽交い絞めにしようかと思うくらいに理性を失いかけていた。
ぐっと我慢して、スタイルのいい亜希子姉ちゃんの下着姿を見て、思わず我慢できずにパンツの中に射精してしまった。

亜希子姉ちゃんの赤のブラはすごくいやらしくて、特に横乳が盛り上がって見えて、無駄なぜい肉がついてなくて、ジーンズの横腹もすっとしてきれいだった。
そして俺の姉も下着姿になっていて、他のブラを付け替えたばかりだろう、後ろから亜希子姉ちゃんがおっぱいを両手も揉んでいるように見え、それが余計に俺の興奮を助長した。

亜希子姉ちゃんと俺の姉は、さっきまで親戚とお酒を飲んでいたんで、だいぶ酔っているはずで、俺もそこそこ酔っていて、そこにきて2人の女性の下着姿に、胸を後ろから揉んでいるようにも見える光景に鼻血も出そうで相当興奮していた。
股間をシコシコしながら、パンツの中で射精はしたが、ずっと2人の女性を覗いていると、収まるどころかさらに強烈に勃起してきた。

2人は笑いながら、亜希子姉ちゃんは姉のブラのホックを外し、姉は「いや~ん」とか言いながらポロンと出てきたおっぱいを隠そうともせず、亜希子姉ちゃんもブラの上からでなく、生でおっぱいを揉み始めた。

「依子ちゃんすっごくおっぱい大きくなったね」
「そうかな~」

「だっておっぱい触っててすごく気持ちいいもん」
「やだ~、亜希子姉ちゃん、触る手つきがいやらしいよ~」

俺の方向からは姉のおっぱいは見えなかったが、時おり横乳が見えていて、実際に姉のおっぱいを見たことはなかったが、思ったよりもふくよかな感じだった。
そして亜希子姉ちゃんは姉を椅子に座らせ、さらに後ろからおっぱいを強く揉んでいるようだ。

「いや~ん、感じるよ~、もう~」
「依子ちゃん、経験はあるの?」

「う、うん、でも1人だけよ」
「そうなんだ~、まだ体も汚れてないね」

すると亜希子姉ちゃんは姉の正面に行き、突然姉にキスをした。

「えっ、あっ・・・」

姉は亜希子姉ちゃんのするがままに次第に体の力が抜けて、目を閉じて、亜希子姉ちゃんの唇を舐めるように舌を入れているようだった。
俺はその非現実的な光景に夢かと思い、ほっぺたをつねったが痛かったので現実だった。
俺はものすごい光景を目撃してる。
これが他人であれば、それなりの興奮で終わるのだが、2人の女性は身内である。
それも近親相姦である。
だから身内と考えるだけで余計に興奮するのである。

しかし俺が覗いている方向からは姉のおっぱいや表情がどうしても見えない。
いつも見る姉だが、すごく大人に見えてすごくいやらしく見える。
次第に亜希子姉ちゃんはキスをして、胸の方へ顔を移動させ、たぶんおっぱいを舐めているのだろう。
それに応戦するように、姉も亜希子姉ちゃんの胸を触りながら後ろのホックを外すと、直接乳首をクリクリしてるみたいで、でも姉が邪魔になって俺の方からはよく見えない。
亜希子姉ちゃんのブラが外れた光景を見ただけで勃起した股間は脈打ち始め、もう何回かシコシコすると、また射精しそうだった。

そして亜希子姉ちゃんが立ち上がった。
亜希子姉ちゃんのすごくきれいなおっぱいが見えた。
まじに興奮した。
スタイルもいいが、おそらく手の平では収まりきれない大きさ。
乳首もピンク色でほとんど芸術に近かった。
俺の頭の中は悶々とした妄想が広がり始め、(亜希子姉ちゃんの手で股間をシコシコされたら気持ちいいんだろうな)とか(咥えられたらどうしよう)とか、現実にありえないことが頭の中を駆け巡り、亜希子姉ちゃんのおっぱいだけで毎日でもオナニーできるとさえ思った。

そして姉が今度は亜希子姉ちゃんの乳首を舐め、おっぱいを揉み、亜希子姉ちゃんはすごく感じてるみたいで、上を向いて快感というものを味わっているように見える。
と、その瞬間、またパンツの中で2度目の射精をしてしまった。
亜希子姉ちゃんのおっぱいに射精しないように、ゆっくりと股間を触っていただけなのに、射精してしまった。
もう頭の中は真っ白だったが、それでも2人の女性が窓の向こうで抱き合っている光景は射精したパンツなんかどうでも良くしていた。
それだけ強烈な光景だった。

それから2人はベッドに倒れ込んだ。
そして抱き合い、キス。
亜希子姉ちゃんの愛撫が続いていたが、これ以上覗くのはやめた。
見つからないように部屋に戻り、横の部屋から微かに聞こえる喘ぎ声をずっと静かに聞いていた。
そしてたぶん姉が絶頂を迎えたのだろう。
その後、声は聞こえなくなった。

翌日2人は清々しい顔をしていた。
身内同士で話している2人を見てると、とても昨夜の近親相姦レズの光景は感じなかった。
でも、それを見て2回も射精した俺も近親相姦である。