童貞くんの筆おろしが癖になりそう

この体験談は約 3 分で読めます。

初めてひとまわり以上年下の童貞くんとした。
一応AVとかで流れ的なことはわかってたみたいだけど、緊張してまともに息が出来ない感じだったw

おっぱい揉みながら「柔らかい、柔らかい」「女の人の肌って柔らかい」。
色んなとこ触って、「柔らかい」を連発してた。
マンコもジーッと観察して、クリもそーっと触ったり。

「指入れたい」と言うのでOKしたら、もうそれはそーっとそーっと入れて動かしてた。
そういう『お初なんで超ドキドキ&オドオド』してる姿って初めてだったから、ちょっと興奮していつもより濡れた。

愛液が垂れてきたのを見て興奮したらしく、ちょっと激しく指出し入れされてヤバかった。
フェラしてあげたら顔をしかめてすごく我慢してたから、「声出そうなら我慢しなくていいよ」って言ったら小さい声で「ぁ・・・ぁ・・・」。
吸い付くようにして速度上げたら、ビクビクして頭押さえてフェラ強制終了。
イキそうだったらしい。
結構大きかったから「太くて長いね」と言ったら、今まで小さいと思ってコンプレックスに思ってたらしく、顔を赤くして嬉しそうにしてた。

その後、正常位で初挿入。

「柔らかくて熱い・・・」って言いながら目が飛んでたwww

腰を振りたいけどイマイチ上手くいかなくて、とにかくゆっくり動かすようにしてもらう。
2、3回イキそうになって抜いて休憩。

欲張ってバックと騎乗位をしてみたいと言うので次に騎乗位でゆっくり上下に動かしてみる。

「下から自分でも突き上げてみて」

そう言うと気持ちよさそうに眉間にシワを寄せながら思い切り突き上げてきて、ちょっと大きな声が出ちゃった。
またちょっと休憩してバック。

「征服感があるから興奮する」

そう言いながら腰を激しく振るけどやっぱり上手くいかない。

「最初はゆっくりね、いち、に・・・、そう早くしてみて」

自分で言いながらそういうシチュエーションに興奮倍増。
パンパン!
上手に動いて音がしだす。
奥までしっかり突かれて、あまりに気持ちよくて声も大きくなってしまう。

最後は正常位で。
ずいぶん腰の動かし方は上手くなって、余裕も出てきたみたいなので・・・。

「ゆっくり入り口だけ出し入れしてみて」
「奥まで押し付けない程度に入れてゆっくりして」
「そのまま速く動かして」
「止めてゆっくり奥まで入れてぐいっと押し付けて」
「奥に当たった感じはわかった?」
「そこを激しく突いて」
・・・って、いちいちリクエスト。

その度に「上手!」「いいよ!」って頭を撫でてあげる。
激しく突きながら声が大きくなってきたので「イキそう?」って聞く。
いきなり引き抜いて「ヤバい、ヤバい」って言うので、「いいよ、好きなようにイッて」と言うと、そのまま正常位で挿入。
むちゃくちゃに腰を動かしてイッちゃった。
ビクビクしながら小さい声で「ぅ、ぅ・・・」って言いながら。

『教えてあげる』的なシチュエーションがちょっと癖になりそう(笑)