長身の美魔女社長と楽しむ開放的なセックス

この体験談は約 4 分で読めます。

私は情報システム会社で営業マンをやっている、独身サラリーマンです。
昨年の春、既存顧客から新しいお客さんを紹介していただきました。
そのクライアントはエステ店を2店舗経営している方で、今使っている顧客管理システムを新しいものに交換したいというものでした。

指定された店に行くと、出てきたのは女性のYさん。
もう少し年上かと思っていたんですが、意外に若い方でした。
経営が順調で、間もなくもう1店舗増やすので、それに合わせて顧客管理システムを最新のものにしたいという事でした。
話をした印象では、価格で折り合えば契約できそうな感じでした。

このYさんはロングヘアで清楚な感じの美人で、私のタイプなんです。
今流行の美魔女という感じです。
私は賞与査定の時期が迫っていたのと、このYさんに会いたいという理由で、全力でこの仕事に取り組み、わずか1ヶ月でのスピード契約となりました。
しばらくして納入が完了し、「システムがとても使いやすい」と大変喜んでくれました。

Yさんは商談中はほとんど雑談などはせずビジネスライクでしたが、契約が成立するととてもフレンドリーで驚きました。
そして、「お礼に今度食事をごちそうさせてください!」と言われ、お寿司をご馳走になりました。

その時に、Yさんは41歳、離婚して現在は独身だと知りました。
もう結婚はこりごりなので仕事に打ち込んでいると言っていました。
経営者というのは色々大変らしいです。
お金の問題や従業員のこと・・・考え始めるとキリがないと言っていました。
そして、「彼女はいるの?」とか「会社に可愛い女の子はいるの?」とか色々聞かれ、私に興味がありそうでした。

それから10日ほど経って、今度は私が食事に誘いました。
それをもう一度確かめる為です。
この時も前回と雰囲気は変わらず、食事後バーに行くことになりました。
少し酔ってきて、(今誘えば行けるかも?)と思った時、Yさんの方から、「ホテル行きませんか?」とサラッと誘われました。
さすが熟女は大胆です。
私たちはそのままホテルに向かいました。

Yさんは身長165cmの長身で、がっしりした体型なんです。
胸は結構大きく、ウエストそれなりにあってお尻も大きいんです。
そんなYさんとベッドに横たわってキスをしながらおっぱいを触ると、「アア、久しぶり」と喜んでいました。

バスタオルを剥がすと大きなおっぱいが出てきました。
乳輪は大きめ、乳首はピンク色でした。
すると今度はすぐに私のバスタオルを剥がされました。
凝視しながら睾丸の辺りを揉まれるとすぐに勃起してしまいました。
その後、彼女のアソコを触ると、すでにかなり濡れていました。
陰毛は結構濃くお尻の方まで生えていました。

クリを触ると「アアンアアン」と大きめの声を出し、「早く入れて」と言うのでコンドームを装着し挿入しました。
いい下半身をしているので締まりが良く、喘ぎ声も自然で、早めにイッてしまいました。
彼女の大きいおっぱい、太めだけれど締まったウエスト、濃いめの陰毛はこれぞ熟女のエロさと言うんでしょうか。
しばらく仕事が立て込み彼女とは会えなかったんですが、メールで『今度いつ会える?』と送られてくる度に、あの体を思い出し勃起しそうでした。

会えたのは約3週間後で、食事も早々に切り上げホテルに行きました。

「一緒にお風呂に入りたい」と言われ、二人で指船に浸かり、後ろからおっぱいやアソコを触って楽しみました。

もう2回目なのであまり恥じらいもなく、二人とも大胆になっていました。
その後、お風呂の中でフェラチオをしてくれました。
さすが熟女、結構上手で、すぐにイキそうになったので途中でやめてもらいました。

彼女もクンニが好きらしく自分で足を大きく開きました。
アソコの毛は綺麗に手入れされており、前回と違い綺麗にアソコが見えていました。
クリを舐めると、「アア・・・アア」といやらしく喘いでいました。
その後ベッドに行って、彼女のリクエストでバック、騎乗位、正常位の順でフィニッシュしました。
緊張が解けた分、前回よりも気持ちよかったです。

先日はシティホテルに宿泊しました。
その日は彼女がセクシー下着を着けたいと言い出し、ベッドで待っていると、黒のブラ&Tバックで現れました。
ふっくらした体にこのセクシーな下着は熟女好きにはたまりません。
大きめのお尻に黒のTバックという組み合わせはいいですねえ。
興奮が止まりませんでした。

下着の中に指を入れて、アソコを触るとすでに濡れていました。
私もボクサーパンツの上からアソコを触られ、もうパンパンの状態でした。
その後はいつもの通り、フェラ、クンニ、フィニッシュとなりました。

私は以前から熟女に興味がありましたが、実際に熟女とセックスするのはYさんが初めてでした。
彼女とセックスする時は自分自身どこか恥じらいがあり、色々やりたくても遠慮してしまいます。
しかしYさんのような熟女の場合あまり恥じらいがなく、大胆なことを求めていたりするので、開放的になれて満足なセックスができます。
自分を曝け出せるという感じでしょうか。