ビッチな私と金持ちの変態男

この体験談は約 7 分で読めます。

これ以上の変態があるなら知りたい。

まずスペック。
私:22歳、プー太郎、経験人数は三桁に満たない、ビッチ。
ひろ君:30歳ぐらい、童顔、金持ち、変態。

私とひろ君が出会ったのは合コンみたいな飲み会だった。
4対4だけど、ひろ君は私より若いギャルのアドレスを聞くのに必死だったので、関心が無いのだと思い空気になる修行をした。
飲み会は午前3時くらいまで続いた。

私は一人女の子を誘っていて、彼女が朝8時に出社しなければならないという事で、この後どうするか悩んでいると、ひろ君が「二人で俺の家に泊まりに来なよ」と言い出した。
二人なら危ないことも無いだろうと、ひろ君の家に二人でお邪魔することにした。

ひろ君の家はタワーマンションだった。
タワーマンション自体が初めてだったし、受付にコンシェルジュが居るのには驚きが隠せない状態だった。
部屋に案内されたが、部屋も驚くほど綺麗だった。
映画の撮影用の部屋かと思った。
私が(ひろ君金持ちだなぁ)と考えている間、ひろ君はずっと私の連れて来た女の子にアタックしていた。
やっぱり私には興味が無いのだと思い、部屋の中で無になる修行をした。

連れて来た女の子が先にお風呂を借りている間にひろ君と二人きりになってしまったので、会話せざるを得なくなった。
どうしようと困っていると、ひろ君は急に「あーオナニーがしたい」と言い出した。
当時オナクラという特殊風俗店で働いていた私はふと、「あ、手伝いますか?」と口走っていた。
ひろ君は、「まじでwwww」ってなってたw

「いやー、今そういうお店で働いてるんすよwww」

深夜なのも手伝ってハイテンション気味に告げると、ひろ君も「是非ww」となった。
とりあえず友達が居たら出来ないので、友達を朝、仕事に送り出してオナニーの手伝いが始まった。
手伝いと言ってもフェラと手コキだけだった。
当然本番も頼まれたが、「生理だから無理」と断った。
そしてひろ君は射精した。

(賢者タイムに入るのかな?)なんて考えていると、ひろ君は急に立ち上がり、全裸でパソコンに向かい始めた。

「どうしたんですか?」

恐る恐る尋ねると、「今のフェラチオが気持ちよかったからエクセルでまとめる」と言い出した。

ぽかーん状態だった。

ひろ君の後ろからパソコンのディスプレイを見ると、確かにエクセルでどうしたらフェラチオが気持ち良いのかをまとめていた。
吹き出しとか付けてた。
ひろ君は、「日が昇るまでに終わらなかったらどうしようwww」とか嬉しそうにやっていた。
その後ろ姿に惚れた。
たぶん一時間くらいエクセルに打ち込み作業をしていたと思う。

「あのグルグルってなるやつどうなってんの?」

「あー、あれはこう捻るようにやるとああなる」

みたいな会話をしながら『気持ちいいフェラチオのまとめ簡易Ver』は完成した。

当時のオナクラ勤務先からひろ君の家はとても近かった。
私は身バレ防止の為に2時間くらいかかる所に住んでいたので、出来ればしばらく泊めて欲しい旨を伝えると、ひろ君は快く「セックスさせてくれるなら」と承諾してくれた。
しかし昨晩も伝えた通り「生理ですよ?」と伝えると、「気にしない、むしろ大好物ですw」と返ってきた。
変態だと思った。

昼ぐらいに私はオナクラに出勤した。
ひろ君もかなり大手の会社員だったが、その一ヶ月くらいはフレックス制(?)なのかわからんけど、昼から出勤だったので同じくらいに家を出た。

その間にLINEでやり取りをしていたのだが、それがヤバかった。
まずひろ君からの一通目は、『電マの機種教えて。帰りに時間があったら買うから』だった。
電マ使わないとイケない私への優しさだった。
とりあえず私は愛用の電マの写メを送り、『ローションも欲しい』と返信した。

ひろ君『ぺぺローションならあるよ!オナニー用!』

私『なんでもっと早く言ってくれなかったの?』

ひろ君『◯◯に夢中だった、言わせんなよー』

キュンとした。

照れ隠しに私は『職場でオナニーしちゃだめだよw』と送った。
するとひろ君は『やばい、オナニーしたくなった、車両連結部ですればバレないw』と言い出した。

私『ちんこUPして』

ひろ君『仮性包茎だからごめん』

私『火星人乙ww』

ひろ君『可愛いよね、皮剥くとこんにちわって感じで、いつもはおやすみなさいだけど』

またキュンとした。
ひろ君は「赤ちゃん欲しい」って言われると興奮するらしくて、こんなLINEが来た。

ひろ君『“ひろ君の赤ちゃん欲しい”ってお願いします』

私『ひろ君の赤ちゃんが欲しいよぉ』

ひろ君『ありがとう、幸せ』

もはやベタ惚れだった。
子宮がキュンとした。

そうこうしているうちに夜になり、ひろ君の家にお邪魔することになり、とうとう初セックスを迎えた。
生理終わりかけだったのでバスタオルを下に敷いてセックスした。
バスタオルに多少血がついた。
それを見てひろ君は大喜びしていた。

「洗わないでとっておく」と言い出した。

変態だなと思ったが許容範囲内だった。

「なぜ生理の血が好きなのか?」という話をすると、さらにひろ君の変態ぷりっが明らかになった。

ひろ君は昔、某コーヒーショップでアルバイトをしていたらしい。
その時に可愛い女の人が来るとトイレ掃除に行き、汚物容器の一番上にトイレットペーパーを敷いておくらしい。
そうして可愛い女の子がトイレから出た後にもう一度トイレ掃除に行き、そのペーパーの上にナプキンが乗っていたらそれを持って帰ったりしてたらしい。
真面目で楽しそうに話すので冗談かと思っていたが、本当だったようだ。
さらには可愛い女の子がエスプレッソを頼むと、その中に精子を混ぜると言っていた。

「苦いからわからないんだよ」と自慢気にひろ君は言っていた。

上記だけでも変態だが、まだ許容範囲だった。

それからひろ君の家や店の寮に泊まって過ごすある日、ひろ君にハプニングバーに誘われた。
特殊風俗店員の私でもさすがにハプニングバーの経験は無かった。
経験のないことは誰しも恐れるものであるのだが、ひろ君はどうしても行ってみたいとの事だったので興味半分一緒に行くことになった。

初体験のハプニングバーは思ったよりも普通だった。
三階建ての所で、「ここはやってもいいところ、他のところは下半身見せなきゃOK」みたいな説明を店員にされて、座敷席みたいな所に座らされた。
思ったより普通とは言え、目の前に普通におっぱい出てるお姉さんが居たりと結構カオスな空間。
二人で硬直してしまっていると店の回し者のようなお姉さんが話し掛けてきた。
そこに、私たちと同じように初めてハプニングバーに来たお兄さんも加わり、談笑が始まった。
そこで私が触られるのは嫌だとお姉さんに伝えると、お姉さんは急に鞭を持ち出し、「これやる側ならいいでしょ?」と言い出した。

初めて来たお兄さんを『けい君』とする。
鞭を持った店の回し者のお姉さんは『かおりさん』とする。

かおりさんはけい君を四つん這いにさせると鞭をしならせ始めた。
初めて見るバラ鞭に少し興奮して見ていると、「やってみる?」と鞭を差し出された。
叩いた、結構本気で叩いた。
けい君は痛がっていた。
そこで結構テンションが上がって楽しんでいると、かおりさんが「じゃあ他にもやろうか♪」と言い出した。

で、相談の結果、ペニパンを試させてもらうことになった。
私がけい君を掘ることになり、かおりさんがひろ君を掘ることになった。
もちろん男性陣はお尻の処女だったので、指でほぐすところから始まった。
と見せかけて、なぜかわからないが、私がかおりさんに責められ始めた。
かおりさんは電マ使いだった。
それもかなりのテクニシャンだった。
風俗店員もびっくりだった。
だが私は人前ではイクことが出来ないのでイッた振りをした。

そうしてなんだか流れでかおりさんを三人で責め始めた。
初めて女の人のマンコ見たし、舐めた。
綺麗だった、無味無臭だった、感動した。
そうしてかおりさんは無事にイッたらしく、本番のペニパンに取り掛かることになった。

指でほぐすが、けい君は痛がっていた。
ひろ君はかおりさんに電マ攻めされてアヘっていた。
ある程度ほぐれた頃、ようやく挿入になるが、結局カリ部分を入れたところでけい君に限界が来たのでそこでやめた。
ふと隣を見るとひろ君はペニパンで責められて、涎を垂らしながらよがっていた。
ひろ君は「女の子の気持ちがわかった」と言っていた。

そうして適当に過ごし、ハプニングバーの一日は終わった。
これがいけなかったと当時は気がつくことが出来なかった。

時は流れクリスマスになり、ひろ君と運よく過ごすことが出来た。
ひろ君は何を思ったか初めて顔射を試み、「メリーホワイトクリスマス」って言ってた。
吹いた。
その前にも前戯中にいきなり「センセー僕立ってます、座ってるけどちゃんと立ってます!!」とか言い出してセックスが中断したりした。

年も変わり新年になると、ひろ君は「新年会がしたい」と言い出した。
男4人と女3人で新年会をやることにした。
そのうち女は全員ハプニングバーから仲良くなった人だった。
カオス新年会の始まりである。

一時間くらいは普通に飲んでいたのだが、ハプニングバーからスカウトしてきた超絶ビッチあさみちゃんが男の一人とイチャイチャしだし、次第に乱交パーティーに変わっていった。
乱交とは言っても代わる代わるとかそんな感じじゃなくて、一組ずつ適当にやってるみたいな感じ。
人生初の乱交騒ぎだった。
そこで私は人前でやるのは嫌いだなと感じた。
ひろ君は人前でやるのにめっちゃ興奮していた。
その時、もう一人ハプニングバーからスカウトしていた、『さきちゃん』という女の子とひろ君が仲良くなっていた。
この辺りから問題が発生する。

ひろ君は元々やりちんだったが、さきちゃんともセックスしたことが後日発覚した。
しかも2回。
私とは2回連続してくれないから私はかなり怒った。
しかし問題はそれだけではなく、さきちゃんにアングラ系のイベントに誘われて行こうか迷っているとのことだった。
そのイベント自体よくわからないので、私はふーんと流していた。
止めるべきだったと後々気がつく。

ひろ君はそのイベントに参加した後、さらに変態度が増していた。
カップル喫茶なるものに行こうと誘いをかけてきた。

「ハプニングバーのカップル同士が行くバージョンだよ」

そう言われ、嫌なら断れる・・・と聞き、渋々行くことになった。
カップル喫茶はヤバかった。
2重扉の一つ目をくぐるとすでに喘ぎ声が聞こえていた。

その気まずい雰囲気の中で店員から説明を受け店内に入ると、偶然ひろ君の知り合いの男性が居た。
色んな意味で楽しむどころではなくなっていた。
カップル喫茶は『目が合ったらスワッピングをする』という恐ろしいところだった。
幸いかわからないが、私たちが入った時間はピークではなかったらしく、かなり嫌々ながらもその知り合いの男性カップルとのスワッピングだけで終わりにすることが出来た。

私はひろ君とセックスがしたかったのでかなり怒った。
他の男とやらなければならないとは聞いてないともかなり説教した。
ひろ君は、「2回中出しするから許してください」と謝っていた。
その後ひろ君はセックスしてくれたが、私のことをかなり都合のいいように扱っているという事にようやく気がつき、悲しくなって、全然気持ちよくなかった。

それから距離を置こうと思ったが、逆にノリが悪いと距離を置かれるようになった。
たまにLINEで連絡をするとひろ君は、『今日セックスした、ごめん』と送ってきて、私が怒るのを楽しんでいた。
好きだったから悲しかったし、今までとりあえず一番連絡を取っていてセックスをしているという地位を失い、どうしていいかわからなくなった。
その間ひろ君は『すごいデブとやって気持ちよかった』とか『お医者さんごっこした』とか『またアナル開発された』とかLINEを送ってくるので、これからは良いお友達でいられたらなと思いました。