ヤリマンだった教習所の生徒

この体験談は約 3 分で読めます。

教習所で働いているとスクールバスを運転することもあるんだけど、よく乗せてた18歳の遊んでそうな女の子が、ある日いきなりスクールバスの助手席に乗ってきて、「携帯とメアド教えて」って言ってきた。
教習生と関係持つと会社クビになるからヤバイと思ったけど、当時彼女にあまりやらせてもらえなかった俺は、つい教えてしまった。
それからは毎晩のように電話やメールがあって、「二人だけじゃなくてもいいから飲みに行こう」と誘われたが、色々怖くなって「卒業するまではダメだよ」と逃げ続けた。

とうとうその娘が卒業する日が来て飲みに行くことになったが、やっぱり二人きりはヤバイと思ってその娘の友達と三人で飲むことにした。
彼女と会社にバレるのが怖かったけど、卒業したら会社には関係ないし、その娘、体小さい割に胸がすごく大きかったから(自分の彼女はBだった)、正直言えば誘われるのを期待してた自分もいた。
怖いけど嬉しいみたいな。

いよいよ待ち合わせの時間になり、その娘を車で迎えに行くと、友達の姿はなくその娘一人だけ。
理由を聞くと、「やっぱり来れなくなった」とのこと。

(やられた!)と(ヤレるな!)って気持ちになった。

さあ飲みに行こうとなったがお店は決めてなく、土曜の夜のため、どのお店もいっぱい。
どうしようかと車でフラフラしていたら、その娘から、「コンビニでお酒とお摘み買ってラブホで飲まない?」ときた!
その瞬間、頭の中から(やられた!)は無くなって、(ヤレる!)のみになった!

お酒とお摘みは俺持ち、ラブホ代はその娘持ちということで話がついて、今度はラブホ探し。
当時の彼女と最後にエッチしたのが一ヶ月近く前だったため、もう鼻息荒くなっちゃって、適当な安いラブホに入った。
ところがラブホで二人で飲み始めたら、今度は彼女に対する罪悪感でいっぱいになった。

お酒もほとんど空けちゃって、(そろそろ来るな~)って感じがしたから怖くなって、「眠くなった!」って言ってベッドに逃げた。
すると、その娘が電気を消して布団の中に潜り込んできた。
複雑な気持ちの中、(ヤバいなぁ)と思って、「普通に寝ようか?」ってその娘に言ったら、「寝れるわけないじゃん!」と言いながら俺のジーンズの中に手を入れてきた。
ズボンの中でその娘にしごかれ、ギンギンに大きくなっていても頭の中では覚悟が決まらなくて、その娘にされるがままの状態が続いていた。

するとその娘、今度はベルトを外され、ズボンのボタンとチャックを下ろし始めた。
ジーパンは全部脱がされて、下半身はパンツだけ。
その娘は俺のズボンを脱がすと、今度は自分の服を脱ぎ始め、ブラジャーも外してパンツだけになって、パンツの中にまた手を入れた。

ここでやっと俺のスイッチが入った。
その娘の手の動きに合わせて自分の腰を動かし始めると、その娘がこっちを見て、「舐めていい?」と聞いてきた。
俺は答えずにその娘の大きい胸を揉み始めた。
その娘は小さく声を出しながら俺のパンツを下ろし、少しずつ先から舐め始め、最後は口に咥えて顔を前後に動かし始めた。
その娘はかなり感じやすい体質らしく、しかも俺にとってそれが初フェラだったから、すぐにイキそうになった。

するとその娘が振り返って、「入れていい?」と聞いてきたから、今度は「いいよ」と素直に答えた。
その娘は仰向けの俺に跨がり、ゆっくり自分で入れ始めた。
完全に挿入されて、腰を激しく動かし始めたら、その娘の顔が歪み始めた。

俺「どうした?」

その娘「生理中だから上はキツい」

今度は俺が上になった。
グラインドしながら乳首を口に含んだら、揉みながらも(乳首大きいなぁ)と思っていたが、口にすると乳首の根本(?)がかなり細くなってて、軽く噛んだら取れちゃいそうだった。
結局そのままゴム無しでイッたわけだが、フェラと乳首のくたびれ具合でその娘の遊びっぷりがわかって・・・。
変な病気とかうつされてないかしばらく心配だった。