包茎ホストとセレブな奥様

この体験談は約 3 分で読めます。

俺が25歳だった頃、某所でホストをしていた。
ホストと言っても人気ホストには程遠く、売り上げも下から何番目といった売れないホストだった。

こんな俺にでも、来店すると必ず指名してくれる有り難いお客様が2人ばかりいた。
その1人が典子さん(仮名)という女性だった。
典子さんは自称41歳で実業家夫人。
大人しめの美人でスタイルがよく、身なりも綺麗で、お世辞抜きでも30代前半に見えるセレブ奥様といったところ。

その奥様と体の関係持つ事になった。
いわゆる枕営業。
約束の日時に待ち合わせして2人でシティーホテルにチェクイン。
ホテルの部屋に入るなりいきなり熱いキス。
キスをしながら俺は彼女のスカートとブラウスを脱がした。
彼女は光沢があり、胸元と裾に豪華なレースのある純白のスリップを身に付け、まさにセレブらしい姿。

彼女は俺のスーツに手を掛け脱がし、上も全部脱がせ俺は上半身裸に。
さらにズボンも脱がせトランクス1枚に。
トランクスにも手を掛け一気にずり下げ、俺は全裸に。
彼女が俺の股間に目をやると、「あらっ!」と驚きの表情。
彼女は目が点になりながら俺の股間を見つめていた。

理由はだいたいわかっていた。
俺は重度の仮性包茎で、まさに朝顔のつぼみのような子供のチンチン状態。
彼女は、「あの~、とても言いにくいんだけど・・・」と前置きした上で、「これって剥くこと出来るの?」と聞いてきた。

「もちろん剥けるよ」と言うと、彼女は俺の一物を指で摘むと皮を後退させた。

しかし力加減がわからず恐る恐る剥くため、一向に亀頭が顔を出さない。

「やだ、剥けない」と言うので、仕方なく俺が自分で剥いた。

皮が徐々に剥けていく様子を彼女は真剣な眼差しで凝視してた。
剥き終わると、彼女がやや冷たい口調で、「洗ってきて」と言った。
彼女の機嫌を損なわない為にも、浴室に行っていつもより念入りに洗って戻った。

部屋に戻ると彼女はスリップ姿のままベッドに腰掛けていた。
洗った事を告げると彼女は確認するかのように鼻を近付け、そのままパクリと口に含んだ。
彼女のフェラは人妻ならではの巧さでたちまち一物はビンビンに。
想像以上に上手いフェラに俺は焦った。

(やばい・・・気持ち良すぎる)

イキそうになるのを必死でこらえた。
(ビジネス上の関係なので、女をイカせる前にイクのはタブー)
しかし、彼女が激しく唇を上下に動かし出した途端、不覚にも彼女の口の中に暴発してしまった。
2分も持たなかった。

彼女はティッシュに精液を吐き出すと、「敏感なのね。まだ頑張れるでしょ」と言った。
言われるまでもない。
2回戦(?)突入だ!

今度は俺が彼女を攻めた。
全身を愛撫しながらスリップを腰の辺りまで捲り上げ、上品なレースのショーツを下げた。
黒々したヘアー。
その下には、年齢の割にキレイな秘部を覗かせた。

俺は名誉挽回するために攻めまっくた。
かれこれ1時間以上は奉仕してたと思う。

「そろそろ・・・」と言って、彼女がフェラしてきて一物はカチカチに。

彼女があらかじめ用意してたスキン装着。
彼女が上になって騎乗位の形で挿入。
俺は2発目は遅漏体質なので今度はすぐに発射しない。
彼女の激しい腰使いにも耐え、彼女も2回くらいイッてくれた。

しかし彼女は衰えることなく動きは更に激しくなり、今度はさすがに俺がイキそうになった。

「出そう」と彼女に告げると、「出していいよ」との事で発射。

彼女は発射に合わせるかのように一緒にイッてくれた。
さすがに彼女は疲れてベッドでグロッキー状態。
俺は彼女にコーヒーを入れてあげ、起き上がった彼女の隣に座り一緒に飲んだ。

彼女から、「今日はとてもよかった」「こんなに激しくしたの何年ぶりかしら」「またお相手して下さる」とお褒めの言葉を頂き、内心有頂天。

心の中で小躍りしながらガッツポーズ状態だった。
が、しかし・・・。

「でも、ここは治した方がいいわよ」

彼女の視線の先には、通常状態に戻り、スッポリ皮に包まれた俺の一物があった・・・。