いつも目で犯していた茶道部の先生と

この体験談は約 3 分で読めます。

私は40歳です。
これから話す内容は今から10数年前の体験談です。
当時、私は病院で働いていて、その病院では職員の福利厚生の一環でクラブ活動が盛んでした。

その中に茶道クラブがあり、毎週木曜日の5時30分に行っていました。
ほとんどが女性の方でしたが、当時の職場の上司(女性)が「たまには出てみたら?」と声を掛けてくれ、参加してみました。
その時は、(茶道なんて・・・どうせババアの先生だろう)と思っていました。

しかし、いざクラブをやっている和室(普段は職員休憩室)に行ってみると、なんと綺麗な女の先生が。
NHKのクローズアップ現代の国◯キャスターに似た和服を着ている先生がいるではありませんか。
当時は熟女好きを自覚していませんでしたが、ちょっと嬉しい気持ちでした。

「あら、男性なんて。嬉しいわ」

先生はにこやかに話してくれました。
自分は本当の初心者ということもあり、先生に手取り足取り教えてもらいました。
微かに香るお香の匂いがたまりませんでした。
当然のように、寮に帰ってオナニーしてしまいました。
その後も茶道部がある時には自分から積極的に参加し、先生を目で犯していました。

そんなある日、先生が他の部員(女子)と「和服の時は下着を着けない」という話になりました。
先生は和服の際はいつも着けないとのことで、(すると、和服の下はいつも裸・・・)と想像してしまい、興奮していました。

夏のある日、先生から「みんなで暑気払いを」との提案があり、私も参加しました。
先生の知り合いの別荘で行うとのことで、教えられた場所に行くと、そこにはなぜか先生が一人きりでいました。
茶色のブラウスに薄い白のメンパンでした。

私は時間を間違えたと思ったのですが、先生は「いいの」と。
そして「疲れたでしょ?」と、先生はビールを差し出してくれました。
憧れ(オナネタ)の先生と2人きりということもあり、ピッチも早くなりました。

つい寄った勢いで、「先生のことが好きです」と言ってしまいました。
すると先生、「わかっていたよ」とキスをしてくれました。

先生は私が目で犯しているのを知っていたとのこと。
そして、毎回あそこが濡れていたとのことでした。
また最近はご主人ともご無沙汰とのこと。
ならばいっそと今回の計画を考えたと話してくれました。

先生は当時50歳くらいでしたが、プロポーションは素敵でおっぱいもきれいでした。
焦る私を先生は、まずフェラチオで大人しくさせてくれました。
亀頭からカリまで綺麗にしゃぶってくれました。
あまりの気持ちよさにすぐ口内発射してしまいました。
その後は正常位、バックなどで先生を突き、ちょうど別荘から見える花火大会の花火を見ながら犯しました。

先生に、「もうあれは終わったから中出しして」と言われ、全部中出ししました。

それからも先生との関係は続き、和服姿のまま犯したりしていました。
今となってはいい思い出です。