不倫関係だった人妻と1年ぶりに再会して

この体験談は約 3 分で読めます。

1年ぶりに、不倫していた美香に会った。
お盆休みで実家に来ていたと言っていた。
時々メールのやり取りはあったが、遠すぎて会うことも出来なかったので、この機会に出来れば良いと思い、会うことにした。

現れた美香は、前と変わらない感じだった。
学校時代の友人に会うと言って出て来たそうだ。
旦那はどうなのか聞くと、同僚に会いに行って今夜は飲み会で遅くなるから、それまでに戻ればいいと言った。
時間は十分あるので、まずはお茶して、それから久しぶりに遊ぶことにした。

お茶を済ませてラブホヘ入る。
美香が「久しぶり~」と抱き付いてきた。
1年経って、女の魅力が増している。
服を脱いで、下着姿になって抱き合いベッドに横になる。
よく見えるように全裸にした、膨らみとくびれが一層増していた。

キスし合いながら体を撫でる。
膨よかな乳房、乳首のニップルを剥がすと尖っている。
口に含んで吸う。
コリコリとした感じがいい。

腹から腰へ擦りながら、陰毛を撫でて、股間の奥へ手を入れる。
湿った感触が懐かしい。
硬い尖ったクリはどうか?
指で弄ると感じている。
弄りながら膣の中へ指を入れ、Gスポットを擦ると、「アッアッ」と喘ぎ声が出た。
ジワジワッと濡れてきた。

美香の手が俺の息子を掴んできて、「早く」とせがんでいる。
開いた足の間に身体を入れて、息子を膣に添えて押し出すと、グニュグニュッと息子が入っていき、奥の子宮に当たる。

「あぁぁ、いいっ」

美香のよがり声がした。
息子を出し入れして楽しむ。
身体を入れ替え、美香が上になって腰を振っている。
俺も動きに合わせ腰を振る。
美香の身体が仰け反り、呻き声とともに被さってきた。
息が弾んでいる。

正常位になり、美香の足を抱えて突いて身体を合わせて抱きつかせ、ピストンを速くする。
よがり声が大きくなり、手と足が抱き付いてきた。
キュッと息子が締めつけられ、ドバドバっと美香の中へ大量の精液を注ぎ込んだ。
一発射ごとに美香は声を上げていた。

しばらくその状態で動かないでいた。
ゆっくりと腰を振って息子が美香を攻め始めると、美香も自然に動き始める。
足を持ち、屈曲位にして突き下ろす。
奥まで突き入れるので先が子宮に当たる。
溢れた精液がその度に美香の股間から流れ出してくる。
また快感が2人を襲い、美香の中へ注いだ。

少しの休憩で、また体を重ねる。
重なって揺れていると、美香のよがり声が出て、美香は1人で動いている。
締めつけられ、中へ注ぎ込む。
身体を離して横になっていると、美香が息子を触ってきた。
しきりに触っていたが、しばらくして口に咥えた。
咥えながらしごいて、甘噛みして刺激している。
息子が反応してきた。

「もう一度入れて欲しいのか?」

美香は何も言わずフェラを続けている。
だんだんと増してくる興奮に、やがて耐えられず、美香へ口内発射した。
そのまま美香は飲み込んでくれた。

「純、良かったでしょ?」

美香の、上の口と下の口の両方へ出した。
汚れた身体を洗いにシャワーを浴びに行く。

距離が遠すぎて、次はいつ出来るかわからない、1年ぶりの美香との一夜だった。