ヤクザに犯された挙句、息子とも繋がった妻

この体験談は約 10 分で読めます。

私宛に送られてきた2枚のDVDにはパソコンで書かれた手紙が入っていました。

『これでどのみちアンタたち家族はそこには住めない。さっさと土地を譲り渡して何事もなく引っ越すか、DVDを近所にばら撒かれて恥をかいて出ていくか、好きな方を選べばいい』

半年ほど前から、私の自宅兼店舗のあるこの土地を譲って欲しいとのことで、男たちが頻繁に訪れるようになりました。
亡くなった親父から受け継いだ商売と土地でしたから、ずっと断り続けてきました。
しかし、2ヶ月ほど前からはガラの悪い、明らかに堅気とは思えない男たちが同行して、暴力的な言葉で威圧してきていました。

そうした事と、ここ2週間ほど妻の様子がおかしかった事から、そのDVDの内容がなんとなく想像でき、観ることに少し躊躇いはありましたが、観ないということも出来ず、自室のパソコンにかけて観ることにしました。
内容は信じたくない、信じられない、しかし予想通りの、いやそれ以上の観るに耐えないものでした。

1枚目は、我が家のリビングで全裸の男3人に手足を押さえ込まれた妻の姿から始まりました。

妻の上半身の服は左右に引きちぎられ、ブラジャーは首元まで押し上げられ、スカートは腰まで捲れ、そして妻の両脚の間では背中に入れ墨の入った男が盛んに腰を動かしており、何が起きているのか一目瞭然でした。
抱え上げられた妻の足首で、ぼろキレのようになっている引き裂かれたベージュのパンティがせわしなく揺れています。
妻は猿ぐつわを噛まされてはいますが、精一杯の抵抗の声を絞り出し、身をよじらせてはいますが、いかつい男たちに押さえつけられていてはどうにもなりません。

「痛い!痛い、痛い!止めて!」

アップになった妻の表情は真っ赤で、涙でぐしゃぐしゃになり、哀れとしか言いようがありません。

「止めて、撮らないで、許してください」

そんな言葉が何度も猿ぐつわを噛まされた口からこぼれてきます。
やがて盛んに腰を振る男の動きに変化を感じたのか、「中に出さないで!中は嫌!」と必死に懇願しましたが、入れ墨の男が応える訳もなく、一段と強く妻の股間に自分の腰を打ちつけ、身を震わせ静かになると、妻は言葉もなく泣きじゃくりました。
そして間を空けることなく当然のごとく、撮影していたらしい男も含め残りの4人の男たちは代わる代わる妻に襲いかかりました。
始めは抵抗していた妻も疲れ果て、諦めたのか3人目くらいからは大人しくなり、目を閉じたまま声を出すこともなくなりました。
男たちの動きに合わせ、妻の体がリビングの床の上で上下に揺れていました。

最後の男が思いっきり妻の体を突き上げ射精を終えると、カメラがすぐに妻の股間をアップでとらえました。
開ききった肉襞の中心のポッカリ開いた膣から、とろりと精液がこぼれました。
力尽きた妻の体はだらしなく両脚が開き、凌辱の激しさを語るように太股や床は男たちの大量の精液でヌラヌラと光っています。
手荒に揉みこまれた乳房は痛々しいほど赤く染まっていました。

程なく妻は我に返ったのか、妻は体を隠すように丸めると嗚咽をこぼし始めました。
アニキと呼ばれていた最初の入れ墨の男が、妻に、そしてこのDVDを観ることになるであろう私につぶやきました。

「さっさと言うこと聞いてりゃこんなことしなくて済んだんだけどな。旦那さんのせいだよ。奥さん、辛い目に遭わせたままじゃ可哀想だな。オレたちゃほんとは優しいんだ」

入れ墨の男がニヤニヤ笑いながらそう言い終わると、ひとりの男が注射器を持って妻に近づきました。
ヤクザと注射器。
素人考えでまず頭に浮かぶのは覚醒剤。

(まさか・・・)

妻は注射器を目にすると抵抗しようとしましたが、男たちの力に敵うわけもなく脚のつけ根辺りに注射を打たれてしまいました。

「ほら、奥さん。もう一回だよ」

それを聞いた妻は力なくいやいやと首を振りましたが、容赦なく一人の男が、妻を引き寄せると、すでに硬くなったものを妻の中心に宛てがい、ぐっと腰を落としました。

「嫌だぁ!もう許して」

必死に声をあげますが、男の動きは激しくなるばかりです。
2人目の男が、「奥さん、そろそろよくなったみたいだ。見えるか、この乳首?」と。
カメラがアップでとらえると、男の唾液でぬらぬらした乳首が、明らかにピンと立っていました。

「アソコもきゅうきゅう締めつけやがって」

3人目が犯し始める頃には、啜り泣く妻の声が淫らな響きを含むようになっており、ふと気がつくといつの間にか男の背中に手を回してしがみついていました。

(感じてる?)

その様子は自ら快感を得ようとするようにしか見えません。
男が動きを止めると妻の方から股間を擦りつけるような仕草さえ見せます。
3人目の男は私に向かって解説するように、「すっかり出来上がったみたいだぜ」と言って射精を終えると、自分たちの体液を綺麗に拭きあげ、妻を抱え上げるとソファーに座らせました。
妻はふらふらとソファーにもたれかかり、虚ろな目をしています。
入れ墨の男が妻に近づいてきました。
男の股間は隆々とそそり立っています。

(あ!)

私は思わず目をこらしてしまいました。

(真珠入り?)

話に聞いたことはありましたが、見るのは初めてです。
胴体には数個のグロテスクなイボがありました。
そう言えば最初の妻の痛がりよう、無理に犯されたせいだとばかり思っていましたが、これのためだったのでしょうか。
男はそれを妻の目の前に突きつけ、「しゃぶれ」と命じました。
真珠らしきものが埋められた入れ墨の男のモノが目の前に突きつけられるても、妻はじっとしていました。

「しゃぶるんだ!」

男はもう一度きつく言うと妻の頭を掴み、唇に押しつけました。
すると妻は自ら口を開け、男のものを咥え込んだではありませんか。
男は強制的に妻の頭を前後させました。
イボが妻の唇に当たり、ぶるんぶるんと唇を揺らし、唾液が飛び散りました。
そうしているうちに、いつしか妻の両手は男の腰を掴み、妻の方から頭を前後に揺らすようになりました。

(妻が自分からフェラチオしている!)

やがて妻は積極的に男に奉仕し始めていたのです。
口から離しては舌を伸ばし、イボのある陰茎に這わせたり、唇をすぼめて亀頭に吸いついたり、その表情は明らかに欲情した女の顔でした。

(これが覚醒剤の効き目なのか?これが、出来上がってるということなのか?)

妻の半開きの艶かしい唇から出た舌は亀頭の先や陰茎はもちろん、しわがれた袋まで舐めあげていました。
男のそれは、これ以上はないくらいにパンパンに硬く膨れ上がり、妻の唾液でヌラヌラと光って上を向いていました。
入れ墨の男は妻を突き放すように腰を引くと、妻の両脚をぐいと引き寄せ、ソファーに浅く腰掛けた状態にすると、大きく開脚させました。

カメラがそこをアップでとらえます。
先程、綺麗に拭きあげられた妻の股間は驚くほど蜜を吹いていました。
レザー張りのソファーはテラテラと濡れ、股間の肉びだはぺとりと左右に開ききり、その中心はベットリと濡れていました。
そんな妻に男は自分のモノを誇示するように宛てがうと、ゆっくりと両脚の付け根の中心に、ずぶずぶと音が聞こえそうな感じで納めていきました。
妻の肉のヒダは無数のイボに引きずられて捲れます。

「いいっ!いいぃっ!」

出来上がってる妻は初めの痛がりようとは打って変わって淫声を発します。
覚醒剤のせいだと分かっていても、妻の淫らな姿に胸が裂けそうです。

初めのレイプでは5人の男が次々と妻にのしかかり射精するだけでしたが、妻がこの状態になると男の動きも変わり、妻を覚醒剤を使用したセックスの虜にしようとでもしているかのようでした。
男の動きは巧みで、大きく前後に腰を動かしたかと思えば、亀頭の先端だけ膣口に納め、ちゅぷちゅぷと小刻みに動いたりと浅く深く緩急自在に妻を翻弄していきます。
妻は必死に腰を突き出し、快楽を得ようとします。

「突いて!突いてぇ、動いて!もっとぉぉ!」

妻は肉ヒダを出入りする真珠で半ば白いあぶくとなったような愛液を飛び散らせながら、男の首にしっかり抱きつき昇り詰めようとします。

元ヤクザの手記か何かで読んだことがあります。
覚醒剤を打たれると全身が性器のようになり、疲れを忘れ何時間も快楽に溺れる。
そこに真珠入りの刺激が加わり、女はヤクザから離れられなくなると。
妻はその世界に足を踏み込んでしまったのでしょうか?
様子のおかしい最近の妻の姿からそんなことを考えてしまいました。

ソファーの上で体を二つ折りにされ、杭を打たれるように挿入され、男のピストンで尻をソファーで弾ませている妻。
裏返され、ソファーに突っ伏しているところに、がっしりと腰を掴まれて四つん這いで尻を前後させている妻。
ソファーに座った男を跨ぎ、自ら手を添え自分の中に納め、男にしがみつき尻を振る妻。
最後には声にならない叫びやうめき声をあげ、体を仰け反らせるとぐったりとしてしまいました。
しかし入れ墨の男はまだ射精しておらず、白い汁がまとわりついた真珠入りの陰茎は相変わらず勃起したままでした。
結局、男が射精し満足したのは妻が気が狂うほどのよがり声を出し4回目の絶頂を迎えたときでした。
最後にカメラが捕らえた妻の股間は、尻の間まで白くベットリと濡れ、亀裂の中心は肉の中が覗けるのではないかと思えるほどポッカリと穴が開いていました。
私は呆然としていました。
頭は真っ白でした。

2枚目のDVDには何が映されているのか?
観るのが怖い、でも2枚目を観ずにいることも出来ませんでした。

2枚目のDVDが撮られた場所もやはり我が家のリビングでした。
妻の服装が変わっていましたので、また別の日に撮られたようです。

(何度も妻は犯されたのか?)

3人の男たちを前に妻は、「お願いです、今日で最後にしてください」「カメラだけは止めてください」と何回も妻は訴えています。

「お願いです、何でもしますから写すのだけは、お願い・・・」

「大人しく言うこと聞くか?奥さんが大人しく言うこと聞くなら止めてやるよ」

入れ墨の男はそう言うとカメラに近づきました。

「ほら、止めたぞ」

嘘です。
カメラは相変わらず妻の姿をとらえていました。

「脚、開け。よくなるクスリ打ってやるから」
「お薬はイヤです」

「何でも言うこと聞くんだろ?それともこの前みたいに痛い目にあわせて、無理やり犯してやろうか?」
「許して・・・」

妻の言葉を待たずに男は妻をソファーに突き飛ばすと、両脚を開き、太股に針を突き刺しました。
この時、私はハッとしました。
普段、家にいる時の妻はベージュの質素な下着ばかり身につけているのに、開かれた両脚の間に見えたパンティは、妻が外出したりお洒落な服装を楽しんだりする時にしか穿かない派手なものだったのです。

(妻は準備していたのか?男のために?)

クスリを打った男は妻の隣に座り、まるで自分の女のように妻を抱き寄せると、キスをしたり服の上から胸を触ったりしていました。
妻も顔を背けたりと抗う仕草を見せたりもしていましたが、あのパンティを自ら身に着けていた事実を知った私には、どこか白々しい感じがしました。

しばらくすると男が妻に何か耳打ちし、二人はリビングを出ていきました。
固定されていたカメラもその後をついて行ったようで、次に映されたのは私たち夫婦の寝室でした。
妻はすでに下着一枚でベッドに横たわり、パンツひとつの男と舌を絡めていました。
撮影されていることに気がついていないはずはないのですが、もう妻はそれを気にする様子もありませんでした。

カメラが妻に近づき、その股間に迫ると、紫色のパンティの中心は、まるでナメクジが這ったように縦に皺を刻み濡れていました。
夢中で男の舌を吸う妻の乳房をブラジャーを押しのけながら男が揉んでいます。
妻は、すでに勃起しボコボコと真珠を浮かび上がらせた男のパンツを白い指先で撫で回しています。
妻の口からはかすかではありますが、もう淫らな声が漏れています。

そうした状況の中、何やら激しい物音がし、カメラに映し出されたのは高校生の息子でした。
唇からは血が出ています。
男たちの会話などから、どうやら何故か早くに帰宅した息子が取り押さえられ、この寝室に連れて来られたようです。
さすがに妻は驚きの声をあげパニックになっています。
しかしベッドから這い出そうとする妻に男は数回平手打ち、両手をそばにあった私のネクタイで縛り上げてしまいました。
何が何やら訳が分からず固まった息子に男たちは妻ならず、ひどい仕打ちを始めたのです。

「まだ童貞か?」
「母ちゃんとセックスするか?」
「母ちゃん、もう準備できてるんだよ」

無言の息子のズボンとパンツが引きずり落ろされました。
恐怖のためでしょう、この状況の中では年頃とは言え、いくら下着姿の女性を目の前にしていても大きくはなっていません。
すると男は注射器を取り出し、息子にまでクスリを打ったのです。
暴れる息子も屈強な男たちの前では為す術もありませんでした。
妻もクスリを打たれ、男に身を委ねていたとは言え、やはり母親、何度も「止めて」と許しを乞いましたが、男たちが止める訳もありません。

「後でな」

男は息子にそう言うと、再び妻の凌辱にかかりました。
濡れそぼったパンティを剥ぎ取ると股間に顔を埋めました。

「いやぁ、息子の前じゃいやぁ、息子を、息子をどっかやって、お願い、ここじゃいやぁ!」

しばらくは抵抗を見せ、悲鳴をあげた妻でしたが、いくらもしないうちにその声は啜り泣きに変わってしまいました。
股間でうごめく男の頭が何度も何度も上下するうちに、「ぁぁああ・・・」「うぅ、はぁ」「あ、あ、ぁ、ぁあ」と、次第に声が艶を帯びていきます。
息子はそんな母親を瞬きもせず見つめていますが、カメラが息子の股間を大写しすると、息子は完全に勃起していました。
高校生とはいえ、もう立派な大人のそれでした。
しかも先端からは透明のしずくを垂らしていて、クスリのせいなのか、母親の痴態によるものなのか、相当興奮しているようです。

それに気がついた男は、入れ墨の男になにやら耳打ちすると、入れ墨の男はニヤニヤして息子の方に目をやりました。
男は妻を背後から脚を開かせて抱え上げました。
もう一人の男は息子を仰向けにして馬乗りになりました。
そしてこともあろうか、息子と妻を交わらせようとしたのです。
男たちが何をしようとしているのか分かった妻が、「止めてぇ」と悲鳴をあげ暴れだすとカメラは床に放り出されました。
妻の叫び声だけが響く中、次に映し出されたのは息子の上に跨がらせられ、男たちに腰を揺さぶられる妻の姿でした。

「だめぇ!いやぁ!」

息子は虚ろな表情で無言でしたが、時折、「うっ」「あっ」と小さな声を漏らしていました。
そして呆気なく、「あぁっ」と呻くと射精してしまいました。
妻は嗚咽を漏らし泣き始めましたが、男たちはそんな妻を持ち上げると、なんと息子の顔の上にタラリと精液を垂らしている妻の股間を擦り寄せ、「舐めろ」と命じたのです。
そして恐ろしいことに息子は舌を伸ばすと母親のモノを舐め出したのです。

「いやぁ!止めなさい、ダメよぉぉっ」

それでも息子はヌラリヌラリと舐めることは止めず、そしてあっと言う間に股間を勃起させたのです。
男たちは妻を抱え上げると、再び息子と繋がらせてしまいました。
息子の目つきは尋常ではなく、今度は自ら腰を突き上げるような動きを始めてしました。
余程気持ちがいいのでしょう。
さっき違い、「はぁはぁ」と遠慮なく声をあげていました。
妻も始めは、「ダメ」「ダメよ」と抗いの声を上げていましたが、ここまでに何度も与えられた中途半端な快感が再び蘇ったのか、抵抗の声が影を潜め、下唇を噛み締め声を漏らすまいとしているようでしたが、いくらもしないうちに「ぁはぁぁっ」と恥ずかしい声を上げてしまうと、後はいくら堪えようとしても次から次と淫らな声が口からこぼれます。

「あっあっ」
「うくっ」
「はあっあっはぁぁ」

息子もそれに合わせるように、「はっ」「はっ」「はっ」と遠慮なく声をあげます。
恐らくセックスの経験などまだない、あったとしても数えるくらいのものであろうに、自分の体の上で揺れる妻の乳房を息子は下からすくい上げるように揉みしだき、妻の腰に手を添え揺さぶる姿は男の本能なのか、まるで自然な様子で妻を追い上げていきます。
そして妻はとうとう我慢できず・・・。

「イクぅぅっ!」

事もあろうに自分の子どもを受け入れながら絶頂を迎えてしまったのです。
息子の体から妻が引き剥がされてしまうと、妻は立て続けに男たちの慰みものにされました。

そこまで観て、私は激しい絶望と後悔の念に苛まれました。

この体験談を読んだ方はこちらの体験談も読んでいます