同じマンションの人妻をレイプして中出し性奴隷調教

この体験談は約 8 分で読めます。

私には、以前から中出し性奴隷がいます。
単に私はラッキーで、相手に恵まれただけだったのでしょう。
性奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。

相手は32歳、N美。
見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型は結構貧弱系、きっと一般的には、決して美人ではないでしょう。
N美は、私が引っ越した時には既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。
先に述べた様に、美人でもスタイルが良いわけでもない訳ですが、押しに弱く、なし崩しに押さえ込み、強引に口説けば落ちるタイプの女。
顔立ちも私の嫌いなタイプではなかったこともあり、チャンスさえあれば犯してヤリたい衝動に駆られる女でした。

そんな事を考えていると、N美と会話を交わすチャンスがやって来たわけです。
きっかけを話すと長くなるので省略させて頂きますが、その日を境にご近所だからか警戒心が解けたのか、お互いを見かければ挨拶するようになり、数日後には世間話しもするようになった。
会話を交わすうちに、旦那は3交代勤務のため夜居ないことが多い事や、子供も保育園に通い、昼間は部屋に一人で居ること、夫婦性活もなくなり欲求不満らしい事など情報収集が出来た。
なによりN美の行動パターンは日々変わらず、容易に察することが出来た。

(ほんとに、一般的な主婦だ。簡単にイケる。絶好の獲物だ)

心の中の悪魔が囁く。
妄想と欲望が自分の理性をガラガラと崩壊させた。
すぐにでも犯したい衝動に駆られる。
しかし焦る必要などは無い。
獲物は逃げる事もないし、ましてドジなミスなど許されない。
じっくり綿密に計画を練っていく。
完璧なレイプ中出し性奴隷計画をだ。

しかし相手がいる以上、完璧などあり得ない、一か八か強行の賭けに出る。
旦那の車はない、今朝出勤した。
明日の夕方までは帰らない。
現在9:30。
そろそろ子供を保育園に送り届け、帰ってくる時間だ。
よく考えれば不自然な理由だが、理由にそれ程の意味はない。
二人だけの空間が作れれば、それで良いのだ。

自分の部屋の入り口でN美の帰りを待つ、程なくしてN美が帰って来た。

「こんにちは(笑)」

いつもの様に愛想よくN美が挨拶してくる。

「あっ、こんにちは。今帰りですか?」

「はい、あの?どうしたんですか?玄関先で・・・」

事の事情を説明する。
朝早く用があり外出したが、不覚にも玄関の鍵を無くしてしまった。
不動産屋に連絡すると、午後には届けるとの事なので待っていると。

「じゃぁ後、2~3時間も家の外ですか?」

「・・・仕方がないです。どっかで時間潰すか、ここで待ちますよ」

N美は親身になって少し考える様子を見せた。

「よかったら、家でお茶でも飲みながら・・・待ちますか?」

案の上だ。
N美の性格を考えれば、高確率で予想出来た答えだった。

「マジですか!?助かります。ありがとう」

こんな子供騙しのウソに簡単に掛かってくれるとは計画通りだ。

玄関に入り、パッと見だが、間取りなどを確認する。
旦那の部屋、N美と子供の部屋、そしてリビングといった感じの部屋割りだ。

「どうぞ。上がって。ちょっと待ってね。今、お茶出しますから」

「あ!すみませんね、お気遣いなく」

そう言い、靴を脱ぎ、玄関をロックする。
我慢の限界だった。
N美の背後にそっと近付き、強引に抱きつく。

「なっ!なにするの!」

唐突な事態に、悲鳴にも似た驚きの声をあげる。

「N美さんがいけないんですよ。魅力的だから」

心にも無いことを言ってみる。

「冗談はヤメてください!大声出しますよ!」

冗談がすぎる的な顔をする。

「どうぞ御自由に、どうせ誰の耳にも届きませんよ」

耳元で囁く。

「!?」

この時、N美がハッとした表情をする。
調べはついていた。
昼間、よそのお宅は不在が多く、このマンションには殆ど二人しか存在しない事を。
そして今日もその日なのである。

「この時を待ってたんです。観念してください、N美さん」

そう言って口を塞ぎながらリビングに押し倒す。
鬼気迫る声でN美が叫ぶ。

「ほんとにヤメて!ダメ!ヤダ!」

乳房とは言いがたい小ぶりな胸を強引に揉みしだく。
間髪入れずに股間に手を伸ばし、ワレメをなぞる。

「イヤぁ~!」

思いのほか騒ぐN美の顔を、鷲掴みして怒鳴る。

「イヤじゃねーんだよ!ここまできてヤメられる訳ね~だろ!諦めろ!」

「!!」

ちょっと強い言い方で指導権を得る。
N美は小刻みに震えている。
強引に服を脱がせ、全裸にする。
やはり想像通りの貧弱な体つきだったが、性処理だけなら構うことは無い。
口を塞ぎ、強めにワレメをなぞる。
人差し指と薬指でワレメを開き、中指でクリトリスを刺激しながら聞く。

「久しぶりなんだろ。オマンコするの、ん?N美」

N美の目が潤む。
また口をキスで塞ぐ、今度は舌を吸い出す。

「んん~っ」

唾液を流し込む、ディープキスで唇ごと舐め回す。
もちろん右手中指は激しく、そして繊細にクリトリスを刺激し続ける。
膣口はもうぐしょ濡れになっていた。
気持ちとは裏腹に身体は従順だ。

「レイプしてやるからな、N美。セックスしたいだろ!ん?」

あえて『レイプ』という言葉を使う、無理やりに貞操を奪う響きだ。

「・・・!」

一気に恐怖に襲われ絶望にも似た顔色になる。
クリへの刺激を強くしながらもう一度、強い口調で聞く。

「したいだろ!セックス!どうなんだ!」

「あぁ~!ダメ!あぁ~!」

喘ぎながら何度も首を振るN美を押さえ付けたまま、自分も服を脱ぎ、年甲斐もなく興奮し、腹に付くほど反り返るチンポを目の前に突き立てる。

「!っ」

N美は、はっ!と一瞬我に返った感じを見せたが、時既に遅し。

「舐めろ!」

口にチンポを近付け、無理やり口に押し込む。

「んん~!ゲホッ!んん~!あああ~」

いつも以上に反り返るチンポ、N美はただ苦しそうに頬張るのが精一杯だ。

「今ぶち込んでヤル、レイプしてヤルからな!」

強めに膣口を刺激する。

「ハメ!カンヘンひて!!」

首を何度も横に振りながら拒絶してくる。

「こんな濡らして!欲しいんだろ?ここに。チンポ欲しだろ!」

ぐちょぐちょの膣口を二本の指で掻き回しながら突き詰める。

「ほれはヒヤ!!ほんろにオネガヒ!!うぐ!」

チンポを口いっぱいに頬張り、上目遣いで哀願してくる。

「そんなにイヤなら口で俺を満足させるか!?出来なきゃマンコで気持ちよくさせてもらうぞ!いいな!!」

涙顔でチンポを咥えながら、何度も何度も頷く。
体勢を入れ替え、シックスナインの体勢を取らせる。

「この方がイけるかもな。これでイケればマンコは勘弁してやるよ」

N美は助かりたい一心でそれを受け入れ、ぎこちない手と舌を使いだした。
両手で尻をがっちりと抱え込み、濡れたワレメを舌で舐め回す。

「あ!イヤ!ダメ!」

ビクッとしながら動きが止まる。

「ヤメるなよ!いいのか!ぶち込むぞ!」

クリに集中して吸い付くす。
チンポを手でしごきながら、口でのピストン運動を必死に始める。
上手くないし、大して気持ち良くもなかったが、この犯している感覚と、シチュエーション、そして征服感に射精感が込み上げる。

「出すぞ!口から出すなよ!出すんじゃね~ぞ!」

一気に放出する。
自分の中で音を感じる程の勢いの射精だった。

「んん~」

声を感じる、顔は見えない。
ただヒクつくマンコを見ながら、満足感と快楽を楽しむ。
興奮のあまり射精後も勃起は収まらない。

「精子飲め!全部だ!残さず!」

無理を強要し、飲精させる。

「んん~んんん~っ!」

必死にイヤイヤをするが無理やり飲み込ませる。

「んなああ~ゲホッゲホッ!」

たぶん旦那のも飲んだ事もないのだろう、屈辱感と絶望感が漂っている。
ただ涙を流すだけだった。
N美をリビングに仰向けに寝かせ、覆い被さりながら聞く。

「N美、この家にはゴムあるか?コンドーム」

「無いです!そんなものある訳が・・・」

恐怖顔を見せるN美。

「じゃ~、仕方がないな。このまま入れるか。あっても着ける気はないけど」

膣口にチンポのカリを擦り付ける。
狙いを定め腰を沈める。

「え!ちょっ!約束が!!」

身体をひねりながら後ずさりをするが、また押さえ込み、がっちり抱きつく。

「許す訳ないだろ、俺の子種飲んだ女を・・・バカだなぁ~N美」

鈴口から精子の残り汁が滴るチンポをカリ首が埋まる位挿入する。

「意外と狭いな。マンコ使ってないのか?勿体無い!」

「や!ダメ入れないで!ああぁ~!」

無駄な抵抗だった。
腰を沈めると、チンポはメリメリッと根元まで一気に咥え込まれた。

「すんなり入ったぞ。生チンポが。ああぁ~気持ちいいぃ~」

わざと言う。

「いや~!抜いて!入れないで!ダメ!いや~!」

「じゃ~、抜こうか」

そう言って、ゆっくりと膣口からカリ首まで引き抜く、が、しかしヤメる気など、さらさらあるわけがない。

「やっぱ、ヤだな。生マンコするぞ!N美マンコはもう俺のマンコだ!」

そう言いながら根元まで深くブチ込む。
今度は子宮口のあの快感が亀頭を包む。
コリッと亀頭を咥え込むあの感覚。
私はこの感覚が物凄く好きだった。

「いっ!あうっ!うううっ」

一気に子宮奥壁に突き当たりN美が絶叫する、顔が歪む。
しかし関係ない。
お構い無しに、ただ自分の快楽を求め腰を使う。
射精に向けてのピストンとグラインドを繰り返す。
変化をつけながら、これでもか!これでもか!と、イヤというほど腰を叩きつける。
しばらく使われてないと思われる膣壁は、出産を感じさせない締まり具合でチンポを締め付けてくる。
二度目の射精感が押し寄せてくる。

「N美~。イキそうだ。イクぞ。生チンポが子種出すぞ!」

そう言いながら、しっかりと抱き締め、腰の動きを速める。
絶頂感と衝撃がチンポに走る。

「あ!イヤ!中は!中はイヤぁ~!イヤぁ~!」

「出すぞ!子種受け止めろ!お前はマンコは俺のものだ!くっ!」

チンポを根元まで押し込む。
子宮口に亀頭が咥え込まれた所から更にもう一押し、一気に子種を放出する。
ドクドクッとチンポの中を痛みを覚える程の勢いで精子が飛び出すのを感じる。

「イヤ!ヤメて!出さないで~!」

泣き叫ぶがもう遅い。
たっぷりと注入する。

「くっ!」

だめ押しとばかりに残り汁も突き上げ、注ぎ込む。
チンポを引き抜くとピンク色の精子が流れ出てくる。
少々激しかったのと久々の挿入からなのか、出血したようだった。
この光景を見た時、なんとも言えない満足感と征服感が込み上げてくる。

「N美。俺のチンポ、綺麗にしろよ」

顔の前に突きつける。

「ひどい・・・」

そう言ってイヤイヤ舌を出しチンポを舐めた。

「これからは時間の許す限り、たっぷりと、おマンコしてヤるからな。わかったか。N美、お前のマンコは今から俺のものだぞ!もし人にバレたら、泣くのはお前の方だからな!」

「・・・」

無言で泣きながらN美は頷いた。

N美にとっては絶望の日から、ほぼ毎日の様に家に呼び出しては中出し。
中出しを拒絶されるほど快楽が増す、嫌がる中出しを繰り返し楽しんだ。
家に呼び、イヤというほど突き上げ、思いきり子宮奥に子種をぶちまける。
それが当たり前の生活なのだと、身体が覚えるまで中出しを繰り返す。

N美は子供が出来てしまうのではないかとピルを飲み始めたようだった。
頭ではまだ拒否しているだろう。
が、身体が覚えた快楽に逆らえる訳もなく、当たり前のように中出しを受け入れ始め、いつしか自分から望むようになった。
そう、私とのセックス、そして中出しが当たり前だと、認識したのだ。
もう立派な私だけの、中出し性奴隷である。

最近では自ら上に乗り腰を振るし、教え込んだフェラも上手くなってきた。
しかし、中出し性奴隷としては何か物足りなさを感じ始め、旦那に疑われると嫌がったが、私は陰毛を剃り上げパイパンにさせた。
元々貧弱な身体付きで小柄なN美だったが、パイパンにしたことで幼さも増し、恥ずかしそうにするN美が性欲を掻き立ててくれる。
パイパンの膣口から流れ出る子種を見るのはなんとも心地いい。

そんなセックスの日々が続いた何ヶ月か後、私に鬼畜的な考えが芽生え始め、それを止める事が出来なくなった。

(こいつを孕ませたい・・・)

そういう思いが芽生え止む事がなかった。
パイパンの小ぶりなマンコを深くゆっくり快楽を楽しみながら言う。

「N美、ピルはもうヤメろ。いいな」

「こ、子供出来ちゃうよ。まずいよ」

青ざめた顔をするN美。

「俺たちの子供、作るのイヤなのか?」

睨みつける俺。

「わ、わかりました。もう飲みません・・・。ヤメます」

N美はそう言って抱きついてくる。

「N美、安全日は分かるな。その時、旦那とヤレ。安全日に一回だけ」

セックスレスの夫婦に子供が出来る訳ないのだ。
単なる理由作りだ。
N美は少々強張った顔をする。
『この人は本気で産ませる気だ』と。
当たり前だ、不倫ですら道理に反した行為なのに、それに加えて子供まで作ることになる訳なのだから。

「◯◯さんの子供を私が・・・私が・・・」

N美が快楽に溺れ出す。

「子種、中で出すぞ!しっかり孕めよ!出すぞ!で!出る!」

「あああぁ~。出して!いっぱい出して!N美を孕ませて!ああぁ~!」

いつもの様に子種を子宮奥にぶちまける。
ビクッビクッとチンポが躍動する。
しばらく繋がったまま余韻を味わってから、チンポを引き抜く。
ぐったりとしたN美のパイパンマンコから子種が滴ってくる。
その子種を指で拭い取り、N美に指ごと舐めさせる。

「美味いか?俺の子種は」
「はぃ。子種、美味しいです・・・」

「いい子だ。これからもお前は俺のものだからな。いいな」
「はぃ。N美は◯◯さんのものです」

完璧な中出し性奴隷が出来上がった瞬間だった。