XLの超巨根に成長していた元カレ

この体験談は約 3 分で読めます。

久しぶりに地元に帰り、ぶらついてると偶然元カレに会い2人で飲むことに。
彼の部屋で焼酎を飲んで、世間話や愚痴で2時間くらい経過しお互い酔った。

床にコンドームの箱が落ちていたので、冗談で最近いつ使ったか聞くと、一週間前に私の知ってる人(仲が良いわけじゃない)としたそうだ。
ゴムの箱には“XL”と書いてあったので彼に、「XLって書いてるよ?そんなに成長したの?」と笑いながら聞いた。
彼は、「オマエが知ってるのは10年前のサイズだろ?」と笑いながら返した。
私は自分から聞いたのに、ふーんっと流した。

すると彼は、一番巨根ってどのくらいあったか聞いてきた。
テーブルの上にあったタバコを2本繋げて、「たぶんこのくらい・・・」と答えた。
それを見て、何人としたか経験人数聞かれた。

「言わないし!」と拒否した。

彼を入れて3人としかしていないので笑われたくなかった。

彼は、「俺のサイズ、覚えてるか?」と言った。
タバコを持って、「このくらいでしょ?」とからかうと、立って下を脱いだ。
いきなりだったのでとても驚いた。
そして、そのサイズにもっと驚いた。

勃ってないのにタバコより長く、太さはペットボトルのフタくらいあった。
タマも大きく、小さめの蜜柑が2つぶら下がってる感じ。
私の中では当時の仮性でピンクだったのに、現物は真っ黒で完全に剥けていた。

「勃起してなきゃ他の人と比べれないよ~」と茶化した。

彼は私の前に立ち、「じゃあ、勃たせて」と言った。

握るとドクドクと大きくなってきた。
扱くとすぐに上を向いた。
確かに、かなり大きく成長している。
太さは缶コーヒーを一回り細くした感じで、長さはタバコ3本くらいはあったと思う。

フェラを頼まれたが、大きすぎて辛い。
亀頭だけでも大変。

私はベッドに転がり、自分から服を脱いで、「入るかなぁ」と誘った。
彼はゴムを拾い、ベッドに来た。
XLのゴムなのにパンパンになり、今にも破けそう。

カリまで入れたれただけでイキそうになった。
その瞬間、半分くらい入れられた。
びしょ濡れだったのにかなり痛かった。

10分くらい正常位してバックに。
しかし、バックは痛過ぎてギブアップ。
騎乗位にしたが、全部入りそうになったところで激痛が・・・。
結局、正常位に戻してもう10分くらいして彼がイッた。
その間に私は6回イカされた。
抜くと、ゴムには見たことない量の精液が入っていた。

彼のはまだ勃起していて、またゴムを着けてすぐ入れられた。
私はまた3回くらいイカされた。
彼は2回目なのに、ゴムには他の人の1回目くらいの量があった。

「出過ぎだよ!」って笑いながら突っ込むと、「タマがデカいから大量に出るみたい」と言われた。

「もう一回しよう」と言われたが、「もう痛い」と断った。

でも彼に、「次で最後だから」とお願いされて、した。

今度はゴム無しで入れられた。
20分くらいして彼が抜いて外出し。

私の顔にかかった。
彼の先から私の顔まで白い線。
しっかり拭いた。

しかし、彼のはまだ勃っていた。
何回出来るか聞くと、「最高で13回出して女の子がギブアップした」と笑っていた。
恐ろしい・・・。
アソコが少し裂けてスゴく痛い。
拭くと血がついた。

そのまま一緒に寝た。
朝起きるとヒリヒリして痛い。
彼は朝勃ちしていた。
昨晩よりも大きく見える。
本当に大きいのだと思う。

着替えると彼が起きた。

「しようよ」と言われたけど、断って帰った。

でも、またいつかすると思う・・・。