大好きな同級生のパンツと手コキ

この体験談は約 6 分で読めます。

プールの授業が終わった後でした。
一緒によく悪さをしていた友人のSが、「いいもの見せてやるからちょっと来いよ」と言うので体育用具室へ行きました。

S「ビビるなよ」

そう言ってSがポケットから取り出したのは、ひと目ですぐに女子の物と分かる薄いピンクのパンティーでした。

僕「え・・・どうした?誰の?」

Sはクラスの中でも1、2位を争う可愛いNのだと言い、「見てみ」と『N』と書かれたタグを自慢気に見せ、そのパンツを顔に持っていき匂いを嗅ぎました。
自分の鼓動が高鳴るのを感じました。

S「お前も匂う?」

Sの言葉に迷わず頷き、可愛いNの顔を思い浮かべながら、洗剤の香りとちょっぴり甘い様な匂いを嗅ぎました。
ちょうど性器を覆う部分を嗅ぐと少しおしっこの匂いがしたものの、Nのおしっこだと思うと異様に興奮しました。

S「おい、もう終わり」

Sがそう言うまで夢中でその匂いを嗅いでいました。

S「お前興奮しすぎ!!ひくわ~」

Sは笑い、今日のプールの時間にトイレに行くと言って女子更衣室に忍び込んで盗ったという話を自慢気にしました。
「今日はこれでオナるぞ」とSは帰って行きました。

その夜、家でNのパンツの匂いと映像を思い出し自分もオナりました。
そして、当時好きだった『U』のパンティーの匂いを嗅ぎたい衝動に駆られました。

次の日、SにUのパンツも盗れないか相談しました。
Sは、「俺が盗ってもいいけど、そしたら、俺が持って帰るぞ。持って帰ってオナニーしたいんなら自分で盗った方がいい」と言い、更衣室侵入の手順を細かく教えてくれました。

決行当日は朝から鼓動が激しく、苦しくて吐きそうでした。
プールの時間、先生にトイレに行くと伝え、一旦トイレに入り裏窓から抜け、女子更衣室の窓から侵入しました。
あらかじめUの水着入れを覚えていたのですぐに発見。
きれいに畳まれた体操服の下に白色のパンツを見つけました。
手足は震え、喉はカラカラでした。
すぐに握り締めると裏窓から脱出。
トイレの裏窓から入り、あらかじめ用意したビニール袋にパンツを入れ、掃除用具入れの上の方に隠しました。
プールが終わるとすぐトイレへ行き、パンツを取って水泳バッグに入れて教室へ戻りました。

Uは自分の席の斜め前でした。
ちょっと悲しそうな顔をしているような気がして少し罪悪感を感じたものの、(今、Uのスカートの下はノーパン・・・)と思うと、もう授業どころではなく、ずっと勃起したままUを見ていました。

前置きが長くなりましたが、夢の様な体験はこれからでした。
当時、僕とUは図書委員で、週に2回、放課後図書館の貸し出し係とその後の掃除をしなくてはなりませんでした。
図書館の貸し出しの受付の席に並んで座り、対応するUはやはりいつもより元気が無いようでした。

閉館し、掃除の時間でした。
僕とUは本棚の整理をしていました。
返却された本を元の位置に戻したり、本棚の整理をします。
僕が本棚へ本を入れていると、ちょうどUの持っていた本も自分の近くで、しかも上の本棚だった為、Uは椅子に乗って本を直しました。
その時、下の本棚に本を直すためしゃがんでいた僕は、(もしかして・・・)と上を向くと、何とUのスカートの中が見えたのです。
正確にははっきりとは見えませんでしたが、それに気付いたUが思い出したかのように椅子から下りて、「俺クン見た?」と言いました。

僕「ごめんつい、上を見たらUがいたから」

そう言うとUは顔を真っ赤にし、「その・・・パンツも見えた?」と聞いてきました。

きっとUはパンツを穿いていない事をバレたくないのでしょう。
そんなUをちょっぴりいじめたくなり、「えっと・・・パンツじゃないものが見えた」と伝えると、Uはしゃがみ込んで泣いてしまいました。

僕「Uごめん。見るつもりじゃなかったんだよ。大丈夫、ちょっとしか見えてないし、暗かったし、Uがノーパンだったこと、絶対誰にも言わないから!!」

自分でUのパンツを盗っておきながら、そう言いました。
しかしUは俯いたまま泣いていました。
そこで僕は何を思ったのか自分のズボンとパンツを下げ、「ね、見てU」と言うとUが顔をあげました。
4、5秒、時間が止まったかのようにUは僕の大きくなった息子を見て、僕と目が合うと我に返ったのか、「キャー」と叫び、手で顔を覆いました。

僕「ねっ、これでおあいこでしょ。だからもう泣かんで」

U「・・・」

僕「まだ足りん?」

U「バカ・・・」

僕「てか、Uの方がしっかり見たやん」

U「見てないし」

僕「嘘だー!10秒は見たよ~」

U「3秒だし・・・見せたんだし」

僕「3秒見たんじゃん(笑)。お尻も見る?」

U「バカバカバカ・・・(笑)」

ようやくUにも笑顔が見えました。
するとUが、「今日プールが終わって着替えようとしたら、パンツが無くなってたの。去年、女子の間でパンツ隠しが流行ってたんだけど、また今年も始まったのかな」と言いました。

僕「そんなことがあったの?知らんかった」

自分が疑われていないことに安堵しつつ、白々しく言いました。

U「去年は先生に見つかって注意されて今まで無かったんだけど」

Uは悲しそうな顔で言いました。

「絶対に誰にも言わない?」とUが言うので、「言わない言わない。言ったら俺がUにちんちん見せたこと言いふらしたらいいよ」と言い、指きりをしました。

時間が来たので戸締りをして帰りました。
いつもは図書館を出たらすぐに別れて帰るのですが、この日はなんでか二人帰りました。
先程の話題には触れず、テレビや友達のことを話して帰りました。
そして、ちょっと沈黙になった時・・・。

U「俺クンの、その・・・なんか変じゃなかった?」

僕「へっ?俺のちんちん?変なの?」

U「ううん、違うの。弟のとか、ほら漫画とかでもぶらんぶらんじゃん・・・。でもなんか上向いてたし、ピクピクしてた。初めて見たから」

僕「・・・だってUのスカートの中を見たら興奮したんだよ。だから大きくなっちゃって」

U「そうなんだ。てか、やっぱり見えたの?」

僕「ううん、暗くてホントに見えなかった。でもパンツを穿いていないのは分かった」

U「興奮すると大きくなるんだ。面白いね」

僕「Uは俺の見て興奮しなかったの?」

U「も~俺クンの変態。だって急だったし、いきなりだったから少ししか見えてないし」

僕「じゃあさ、もっかいゆっくり見てみて、興奮するか試してみようよ」

U「変態・・・でもちょっと見てみたいかも」

僕「Uも変態じゃんか~。でもさ、あのさ、ちょっとでいいからUのも見せて欲しいな」

U「だめ!絶対だめ!じゃあいい」

僕「分かった分かった。Uならいいよ」

そう言って二人で児童公園のトイレへ行きました。
Uが便座に座り僕が立つという状況で、ズボンとパンツを膝まで下ろし、痛いくらいに勃起したちんこを出しました。
Uは最初は顔を覆っていたものの、少しずつ顔を出し、無言のままじっと見つめていました。

僕「ちょっ、なんか言ってよ。恥ずかしいんだから」

U「なんて言ったらいいか分からん・・・なんでピクピクしてるの?」

僕「Uに見られて興奮している」

U「見られても興奮するの?変なの。興奮している間はずっとこうなの?どうやったら戻るの?」

僕「精子を出せばいつもは治るよ」

U「俺クン、精子出せるの!!?見てみたい!」

Uは更に目を輝かせて言いました。

僕「じゃあさ、ちょっとでいいから触ってくれない?」

当時、自分でのオナニーの経験しかなかった僕ですが、Uの手で触って欲しいという思いがこみ上げて来て、思い切ってそう言いました。
Uは何も言わず、指先でツンツンして、「こう?」と聞くので、Uの手を持ってちんこを握る様に持って行き、Uの手を持ったまま動かし、「こうして」と言うとUは無言のままそうしてくれました。
しかし、今日一日中と言っていいほど勃起していた僕のちんこはすぐに限界を迎え、「待って・・・」と言うが早いかピュっと勢いよくUに向って発射されました。
少し二人無言になり、なぜか急におかしくなって二人で笑ってしまいました。

Uの手にべっとり精子が付いていたので、僕がティッシュを取り、Uの服に付いた精子を拭きました。
その時、僕の心に悪魔が・・・。
ティッシュで服を拭きながら、「ここも付いてる」とUのスカートを持ち上げて、スカートに付いた精子を拭きました。
その時、ついに見えたのです。
Uのワレメが!
薄っすらと産毛の生えた割れ目でした。

Uは何も言いません。
Uを見ると顔を真っ赤にして、「俺クンも見せてくれたから、少しだけ」と言いました。
僕が顔を近づけていくと、「もう終わり!」と僕の精子の付いた手で頭を叩きました。
その後は飛び散った精子の片付けをしてトイレを出ました。

U「今日のことは誰にも内緒だよ」

Uは笑って帰って行きました。

家に帰り、僕はUのパンツを出してオナりました。
Uのパンツを手に入れ、Uにちんこを見せ、手コキまでしてもらい、最後はUのパンツでオナニーという夢の様な一日でした。