中学生の妹のバストアップ計画を手伝うことになって

この体験談は約 9 分で読めます。

「きゃっ」

風呂から上がり、タオル1枚で部屋に戻ろうとすると、妹(香澄、中2)と鉢合わせた。

「もうっ!そんな格好でウロウロしないでよ!」

つい最近まではそんな事はなかったのに、最近色気づいた妹のお陰で、なんか住み辛くなったもんだ。

「別にいいじゃんか・・・暑いんだから・・・」
「よくない!年頃の女の子がいるんだから、少しは気を遣ってよ!」

「なんだよ・・・兄妹で、そんな気遣いたくねぇよ!」
「これだから・・・鈍感な兄を持つと苦労するわ!」

「なに!?本当は見てぇんだろ?あ?」

俺も鈍感と言われ、ちとキレてしまった。

「み・・・だ・・・誰が!?」

「いつでも言え!見せてやるよ!」

俺は妹の横を通り過ぎ、部屋の扉に手をかけた。

「そ・・・そんな小さいモン、見たくないし!」

妹の反撃に、一層キレてしまった。

「な、なんだと!見た事あんのか?このペチャパイが!」

「ペ・・・ペチャ・・・」

今まで負けずに言い返してた妹が俯き、その動きを止めた。
ちと言い過ぎたかな?とは思ったが、元々は売られたケンカだ。
気にすんめぇと思い直し、部屋に入った。
その日から1週間程、妹とは口をきかなかった。

「和馬~(俺)、香澄にひどいこと言ったでしょ?」

「はぁ?何がよ?」

1週間前のことをほとんど忘れ、気にすら留めてなかった俺は、お袋から言われても、何のことか分からなかった。

「香澄の胸、小さいとか言ったでしょ?」
「う~ん・・・言ったっけ?言ったかな・・・記憶にない」

「香澄、気にしてたよ。機会見て、謝っときなさいよ」
「う~ん・・・覚えてないもんは・・・謝りようがなくない?」

「覚えてなくても、言ったんだから謝っときなさいよ!」
「へ~い・・・」

とは言ったものの謝る気なんかないけどね。
ま、1週間前のことは、大体思い出した。
でも最初に「小さい」と言ったのは妹だし、俺から謝る必要なんてない。
放っておけば、時間が解決するでしょ。

それから数日が過ぎたある日のこと。

コンコン。
勉強中の俺の部屋をノックする音。

「あ~?」

気のない返事をする俺。
親父は仕事から帰ってないし、香澄は口をきかないしで、ノックするのはお袋に違いない。
だが予想に反し、部屋をノックしたのは・・・。

「お兄ちゃん・・・えっと・・・いいかな?」

「あ~」

またしても気のない返事をする俺。
勉強が忙しくてね、妹なんかに構ってられないってのが本音。
やがてドアが開き、妹が入ってきた気配。
でも俺、目も向けない。

「あの・・・その・・・こ、この前は・・・ごめん・・・」

「なにが?」

相変わらず返事だけで目も向けない。

「その・・・あの・・・えっと・・・ち・・・えっと・・・」
「何?俺、勉強中なんだけど!」

「いや・・・その・・・」
「何か分からんけど、許すからもういいよ」

「いや・・・でも・・・」
「なんだよ!」

俺が振り返ると、キャミソールと短パン姿の妹がモジモジしながら立っていた。

「あのね・・・謝りたいのは・・・その・・・、小さいって言ってゴメン!」

急に大きな声を出して頭を下げた。

「ん?小さい?何が?いつ?」

「いや・・・えっと・・・この前・・・お風呂上がりのお兄ちゃんとすれ違った時に・・・」

「あ~・・・そんな事か。そういや・・・俺も言ったろ?お互いさんだから気にすんな」

俺はそう返すと、また机に向き直って勉強に戻った。
でも妹はそこに留まり、部屋から出て行く素振りがなかった。
それだけでなく、ソワソワしている雰囲気が背中越しに伝わった。

「香澄?」

声をかけるが返事がない。

「まだ何か用か?」

そう言って振り返った途端、俺は腰を抜かしそうになった。
香澄が俯いていた。
脱いだキャミソールを両手に持って。
そう、つまり上半身は裸。
そんな格好で赤い顔をして俯いていた。

「ちょ・・・香澄!いったいどうした?」

明らかに上擦った俺の声。

「やっぱ・・・小さい・・・よね?」

「はぁ?」

「香澄の胸・・・小さいよね?」

まぁ・・・包み隠さずに言えば、確かに小さい。
僅かな膨らみに、小さな突起が二つ。
でもまだ中2だし、それに・・・うちの家系上、仕方ないと・・・。

「そ、そっかな・・・まぁ・・・そうでもないと・・・キレイなんじゃないかな・・・」

俺は香澄の方を直視出来ず、全然あさっての方を見ながら答えた。

「小さいでしょ?」

「ま・・・その・・・まだ仕方ないんじゃない?」

「やっぱり・・・小さいんだね・・・」

グズグズと香澄が泣き出した。
って俺、どうするべきでしょうか?
しばらく俺、固まっていた。
香澄もずっと泣いてたし。
でも、いつまでも半裸の妹を部屋には置いておけない。
とりあえず部屋から追い出すべ!
俺は椅子から立ち上がり、香澄の方に一歩踏み出した。

「お兄ちゃん!」

「ハイッ!なんでしょ?」

香澄の突然の大声に思わず敬語で答えた。

「お兄ちゃん!お願いがあります!」

「な、なんでしょ?」

「えっと・・・」

一転してモジモジ始めた。

「あの・・・頼めるの・・・お兄ちゃんくらいしかいなくて・・・」
「何?」

「聞いてくれますか?」
「とりあえず・・・話を聞かない事には・・・」

「えっと・・・香澄の『バストアップ計画』のお手伝いをして下さい!」
「は、はぁ?」

「あの・・・本で読んだんですが・・・マッサージが、一番いいらしいです」
「で?」

「今、お風呂では毎日マッサージしてますが、あの・・・」
「なに?」

「人から触ってもらえるのが、一番効果あるらしくて・・・」
「はぁ?」

「その・・・触られると、女性ホルモンの分泌が増えて・・・だか」
「馬鹿モン!」

俺は妹の言葉を遮り、そう言い放った。
妹は、キョトンとした目を向けた。

「ま、まずは・・・服を着ろ」
「で、でも・・・」

「話はそれからだ。服を着ろ!」
「はい・・・」

いそいそと服を着だした妹。

「あのな、香澄・・・俺は兄だ」
「うん」

「その兄に、『胸を触れ』と言う妹なんて、俺が知る限りおらんぞ!」
「で、でも・・・」

「大体胸とは、女にとって大切な場所だ」
「うん」

「そこをだ!例え兄とは言え、好きでもない男に曝け出し、『触れ』とはどういう事だ?お前には恥じらいってもんがないのか?」
「恥じらいは・・・あるよ!あたしだって、お兄ちゃんにちっちゃい胸見せるの、すっごく恥ずかしいもん!」

「だったら・・・」
「じゃあ誰に見せる?木下君?佐伯君?それともお父さん?そして聞くの?小さいかって!触ってって言うの?それこそ恥ずかしいし・・・」

「だ、だからって」
「色々消去法で消してったら、お兄ちゃんしか残らなかったんだもんっ!」

「で、でもな・・・」
「お兄ちゃんだってこの前、『見たきゃ言え』って・・・あたしは見たくはないけど・・・、でも、それなら見せてもいいのかなって・・・」

「でもさ・・・俺、兄貴だし・・・妹の胸触る兄なんて、そうそう居ないだろ?人に知れたら・・・」
「別に言わなきゃいいじゃん!」

「いや・・・でも・・・」
「何よ?」

困ってしまった。
言いたくはないけど本音を言わなきゃいかんだろう。

「な、香澄・・・。さっきお前が服脱いで、胸を・・・そのな?俺、悪いがドキドキしたんだよ。えっとな・・・妹のお前に・・・その・・・なんだが・・・」

歯切れが悪い俺に、「何よ?」と香澄が追い討ちをかける。

「これは俺に限らず、男はみんなそうなんだが・・・、女の裸を見たり・・・その・・・胸触ったりなんかするとな・・・」

「エッチな気分になる?」

核心を突かれ、「ま、そうだ」と認めた。

「妹でも?」
「うん・・・分からんが、何もないと100%は言えん・・・」

「ペチャパイでも?」
「うん・・・ドキドキしたし・・・」

「エッチな気分になって・・・その・・・ぼ、勃起する?」
「ああ・・・」

「それ位なら・・・我慢するよ!」
「は、はぁ?」

「まさか変な気起こして、妹を襲ったりはしないでしょ?そんな悪い男じゃないよね?」
「ま、ま~な・・・」

悪い男と言われりゃ、そう答えるしかなかろうて。

「うん。じゃ、いい!お兄ちゃんが勃起する位、香澄知らん顔してるから!」

「いや・・・あの・・・えっと・・・」

「じゃ、ヨロシク!」

香澄はそう言うと着たばかりのキャミソールを脱いだ。
何の躊躇いもなく。
半裸の香澄の後ろに俺は立っていた。
勃起した股間のモノを香澄にくっつけちゃならぬと、へっぴり腰になって。

「そそっ・・・下から・・・持ち上げるように・・・回してくれると、もっと効果あるって・・・」

香澄は平然と俺に身を委ね、レクチャーまでしている。
なんか妹に女の抱き方を教わってる気分。
しかし、とは言え、薄く小さな胸は、下から上げる物も、横から寄せる物もないのだが。

「えっと・・・トップをさ・・・軽くつねってよ」
「はぁ?」

「トップがさ・・・女性ホルモンの分泌に、効果あるって・・・」
「分かったよ」

俺は無理矢理揉み上げてた手を止め、指先で両の乳首を軽く摘んだ。

「ヒクッ」

突然香澄が変な声を上げた。

「ど、どうした?大丈夫か?」

「う・・・うん・・・大丈夫・・・続けて・・・」

俺は言われるがまま香澄の乳首を摘み続けた。
その間ずっと香澄は、「うっ・・・」とか「あっ・・・」とか声を洩らしてたが、その時の俺も童貞。
それが感じてる声なんて、その時は分からなかった。

「ちょ・・・もう・・・ダメ・・・やめて・・・」

10分くらい続けたところで香澄からストップがかかった。

「ふ~っ」と大きく息をついた香澄。

「頭が・・・変になる・・・こりゃ大変だ・・・」

小声でそう呟くと、胸も隠さず、どっかと俺のベッドに腰を下ろした。

「大丈夫か?」

俺は香澄に尋ねた。

「お兄ちゃんこそ・・・おっきくなって大丈夫?」

そう・・・俺の股間の膨らみが、腰を下ろした香澄の目の前に。

「ば、ばか・・・変な突っ込み入れるなよ!」

「あ、ゴメンゴメン・・・」

香澄はそう言って笑った。
そして立ち上がり、脱いだキャミソールを着ると、「明日もお願いします」と言い残し、部屋から出て行った。

翌日から香澄の発案により、座って揉む事になった。
立ったまま触られるのは何か辛いらしい。
ベッドの壁際に俺が足を開いて座り、香澄がその足の間に座る。
って・・・俺の勃起したモンが、逃げ場を失うんですけど・・・、「それくらい我慢するよ」と言われたら、もう何も言えない。
香澄の胸をしばし揉み上げ、その後乳首を摘んだ。

「あっ・・・うっ・・・」

香澄のヤツ、昨日みたいに声を上げる。

「どうしたんだ?大丈夫か?」
「大丈夫だけど・・・ちょっと・・・」

「何?」
「変な感じ。その・・・くすぐったいような・・・気持ちいいような・・・」

「か、感じてる?」
「うん・・・た、たぶん・・・」

香澄の目がトロンとしてる事に気付いた時、俺の股間はMAX極限ギリギリだった(汗)
香澄が部屋に戻ると、俺はシコシコと・・・。
いかん、いかん!妹をオカズに抜いてしまった!

次の日の朝、俺は罪悪感からか、香澄の顔をまともに見れないでいた。

「お兄ちゃんさぁ・・・」

昨日に引き続き、今夜も胸を揉む俺に香澄が聞いてきた。

「あたしみたいな小さな胸でも触ると興奮するんだ?」
「ま、まぁね・・・」

「あたし以外の人の胸、触った事あんの?」
「い、いや・・・」

「あたしが初めてなんだ?そりゃ、初めてがこんな貧相な胸で、申し訳ありません」
「ばか!」

頭を小突くと、舌を出して香澄が笑った。

「お兄ちゃんさぁ・・・」
「何?」

「クラスの男の子とか、時々話してるんだけど・・・」
「ん?」

「自分でしたりするの?」

内心はバクバク。
でも平静を装い、「誰でもするよ」と答えた。

「そっか・・・お兄ちゃんでも・・・するんか・・・」

「あぁ・・・」

「お兄ちゃんさぁ・・・」

しばらく間を置き、香澄が再度聞いてきた。

「昨日さ・・・あの・・・すごく大きかったじゃない?」
「ば、ばかっ」

「いや・・・あの・・・ムラムラ・・・してた?」
「う・・・うん・・・」

「何で?」
「やっぱ・・・そりゃ・・・」

「いや、あのね・・・昨日・・・その・・・した?」
「はぁ?」

「自分で・・・した?」

何も答えられなかった。
でもそれが、答えを言ったに等しい。
察した香澄もまた、「したんだ・・・」と呟いた。

「お兄ちゃん・・・」

またしても、沈黙を破ったのは香澄。

「その・・・ムラムラさせて・・・ゴメンね・・・」
「な、何言ってんの?」

「いや・・・その・・・」
「何?」

「自分でするより、女の子からされた方が気持ちいいって・・・その・・・クラスの子が・・・」
「ば・・・ば・・・」

「あたし・・・してあげても・・・いいよ・・・」
「え・・・な・・・な・・・」

「バストアップのお手伝いしてもらってるから・・・代わりに・・・ねっ?」
「お・・・え・・・」

「してあげるっ!」

さっきまで背中を向けて座ってた俺の足の間に、香澄はこちら向きに座った。
俺の短パンに手をかけ、ゆっくりと下ろす香澄。
その後トランクスも同様に。
俺は、欲望と理性が激戦を繰り広げていて半ばパニック状態。

「ど、どうしたらいいか・・・教えてくれる?」

「いや・・・あの・・・」

「触ってれば・・・いいのかな?」

そう言うと香澄は小さな手をそっと置いた。

「うっ・・・ううっ・・・」

香澄は残った手で俺の手を自分の胸に導いた。

「バストアップ・・・してくれなきゃ・・・」

俺は両の手の指で香澄の乳首を摘んだ。
香澄も昨夜以上の声で、「あっ・・・」と洩らし始めた。

「ダ、ダメだ・・・香澄・・・で、出る・・・」
「えっ・・・な、なにが・・・出るって?」

「イ、イキそう・・・」
「えっ?もう?大変!」

そう言うと香澄は何を思ったかパクリと咥えた。
その瞬間・・・。

「男の人の精液って、こぼしちゃいけないんでしょ?」

事が済み、落ち着きを取り戻した後で、香澄が笑った。

(いや・・・俺・・・そんなこと知らない・・・)

でもそうは言えず、「あぁ」と短く答えた。

時が過ぎ、香澄もあの時の俺と同じ高校生となった。
背も伸び、それなりに胸も成長した。
ま、家系には逆らえず、Bがやっとって感じなのだが。
同時に知識が増え、俺と香澄がやってたことは、社会からしてみたらタブーであると知ったろう。
香澄もいつの頃からか、「胸を触って」とは言いに来なくなった。

寂しくなった?いや・・・全然!

香澄は今でも時々俺の部屋に来て、「勉強教えて!」だとか、学校であった嫌な話をしたりする。
お互いに恥ずかしい部分を見せてるし、ま、その結果が“仲の良い兄妹”を生み出した。

香澄とは人前でも手を繋いで歩く事が出来る。
両親がいない日は一緒に風呂に入ったりも・・・。

勉強を教わったり、散々愚痴を言った後に香澄は、「してあげるっ!」って・・・。
お互いに服を脱ぎ、全裸になって抱き合う。
俺の初めての女は香澄であり、香澄の初めての男が俺。
例えタブーとは分かっていても、今ではやめられない関係となってしまった事は反省。
でも、互いに一番分かり合える相手である事は間違いない事実なんだよね。