新幹線の中で出会った美人妻と車内のトイレで

この体験談は約 12 分で読めます。

43歳妻子持ち会社員です。
仕事柄、出張が多いのですが、出張移動の新幹線の中での思いがけない、そして忘れられない出来事を経験したので報告します。

昨年の10月、それほど混んでいないお昼過ぎの新幹線で東京を出発。
大阪に向かう車中、私の携帯は仕事の電話が何度も鳴り続け、その度に私はデッキに出たり、喫煙ルームに足を運んだりと、ほとんど自分の席に居れない状況が続いてました。
やっとこれで一息つけるかな、と最後の電話を終えてタバコに火をつけると、「ホントお忙しそうですねぇー、男の人は仕事大変ですね」と、隣でタバコを吸っていた女性が話し掛けてきました。

電話をしていたのでよく気付いてなかったのですが、よく見るとこれがとっても色っぽい美人!
熟女という感じではないですが、若妻にはない色気が漂ってます。
年は30半ばくらいに見え、背は高く170cmを少し超えるくらいでしょうか。
髪は淡い栗色の綺麗なウェーブがかかり、パッチリとした、でも少し目尻が垂れた艶っぽい目にワンレンの髪が軽くかかる感じ。

(こっ、これは、何というチャンス!これはどうしたらいいんだ~!!)

瞬時に考えながら、「あっ、すみません、電話の声大きかったですよね、すみません」などと少し動揺しながらも会話をスタート。
聞けば、彼女は私の座席の真後ろらしく、東京駅から電話が鳴る度に何度も席を立つ私を見ていたとのこと。
喫煙ルームは狭く、彼女との距離があまりに近過ぎて、あまりジロジロと彼女の身体に露骨に視線を移せないのですが、会話をしながらも少しずつ観察すると、薄手の薄紫色のニットのトップの下に結構大きく形の良い柔らかそうなオッパイがこちらを向いており、微かにブラのラインが脇の下に見えています。
下は黒のタイトなパンツ、ムッチリした腰からお尻にかけたラインがたまりません。
時折、片腕を組みながら窓を覗き込む時、彼女の腕の上にオッパイが乗っかるようになって柔らかそうに揺れています。
胸元は開いてはいなくて谷間が見える訳でもないせいか、変な厭らしさは、さほど無く、お化粧の仕方や仕草からは、しっとりした上品な色気が全身から漂っているという感じ。

私はとにかく少しでも長く一緒にいるべく二本目のタバコに火をつけましたが、彼女は1本吸い終わっても、2本目は吸わずにまだ私の話に付き合ってくれているではないですか!

彼女、今は旦那さんの転勤で大阪に住んでいるが、実家は東京。
帰省と好きな演劇鑑賞を兼ねて三日間東京で過ごして大阪に帰るところでした。
子供も大きくなり手もかからなくなったこともあり、あまり具合の良くないお父様の様子を見がてら、数ヶ月に一度、東京に来ていると。

東京のご実家と私の自宅は近所とは言えないものの、同じ区である事も判り、色んなローカル話で話を伸ばしましたが、さすがにそろそろ席に戻らなきゃ、という雰囲気に。
このままでは!と思った私は、喫煙ルームを出る時に思い切って、「あの、もし良かったら新大阪までご一緒して良いですか?」って聞くと、彼女は少し笑顔ながらも(??)って表情。

「隣に席を移っていい?」って聞き直したら、今度は笑いながら「いいですよ」と。

その時の笑顔がホントに素敵で、垂れ目の目がとっても可愛かったのを今でもよく覚えています。

いそいそと仕事のカバンを持って一つ後ろの彼女の隣に移動。
少しずつ会話も打ち解け、お互いの名前や年、家族構成などもわかりました。
(彼女は38歳でした)
私も名刺を渡して身元もちゃんと明かしたことで、彼女も気を許してくれたのか、凄く自然に楽しい会話が続きました。

彼女がこちらに顔を振り向ける度に、髪からなのか、これがまたとても良い香りがして、もう私は今すぐ彼女に抱きつき、唇を奪って、その柔らかそうなオッパイを揉みしだきたい、という衝動に駆られっぱなしでしたが、まだ明るい昼間の車中、お酒も入って無いのであまり下ネタにも行けず。
それでも何とか彼女の気を引こうと私は必死!

「でも、ホント色っぽくて綺麗ですねー。ホント話し掛けてくれた時はすっごくドキドキしましたよ!」

「口がお上手ねぇ。そんなこと何年も言われたことないわ。でも嬉しいかも、そういう風に言われると」

そこまで言った瞬間、二人の視線が間近でしばらく繋がりました。
クスっと笑いながら彼女が、「そんなに見ないで!恥ずかしいから!!」と言いながら私の膝を軽く叩こうとしたのを私は見逃さず、その手をキャッチ!
私は彼女の手をギュッと握って、彼女の身体を少し引き寄せようとしました。
少し抵抗を示しながらも、ほんの少しだけ身体を預けてくれた彼女の腰に素早く手を回し、私は彼女の髪に軽くキスをしました。

「もうっ、ダメよ!こんな所で!!」

彼女は後ろのシニアサラリーマンを気にしながら、私に小さく囁きます。
決して嫌がってはいないと悟った私は、左手で彼女の脇から胸元に指を這わせ、右手で彼女の顎に指をあて、こっちを向かせてキスをしようとしました。
小声で、「いやぁん」と顔を背ける彼女。
車内はさほど埋まっておらず、通路を挟んで反対側にも客はいませんでしたが、さすがにここでキスは無理かと思い、右手を彼女のムッチリした太ももから股間の方へ。

「アッん・・ダメよ」

「大丈夫だよ、見えないから」

「けど・・・、ア~ン、ホントやめて」

細い声で言いながらも、私の指の動きに合わせて少しだけ腰を動かしてくれているのがわかります。
私は左手でセーターの下から彼女の素肌を味わいながら何とかブラに辿り着き、ブラの上から乳首をこね回し、右手で彼女の股間を強く攻め始めました。
彼女は完全に顔を伏せながら一生懸命声を殺しているのですが、私の指の動きに時折身体をビクッと震わせて感じているのがわかります。
彼女の股間のパンツの生地が熱を帯びてきます。

「もうダメよ、ホントに・・・、お願いやめて!さっき会ったばっかりでしょ!!」

軽く笑顔で私を睨みながら、彼女はアソコを弄る私の手を白の薄手のジャケットで隠し、そのジャケットの下で私の手をギュッとつねりました。
でも、そのまま私の手にいやらしく指を絡めてきます。
完全にスイッチが入った私は、ジャケットで覆われているのを良い事に彼女のベルトに手をかけ、ジッパーを下ろしてパンティーに指を這わせました。
が、なかなか秘部まで辿りつけません。
オッパイを触っていた手で少しお尻を上げるように誘導すると、彼女は少しだけ腰を上げてズボンが下がるようにしてくれました。
手が自由になり、指先でパンティーの形状を確かめながら、秘部のパンティーラインをずらしてセンターゾーンに直接タッチ!!
ビラビラとクリトリスを刺激してあげると、「ホント信じられない人。ダメよ」と小声で言いながらも、じっと私の目を見て感じてくれているのがわかる。

彼女のアソコは洪水状態。
激しくやるとピチャピチャ音が立ちそうで、さすがに私も後ろのオヤジが気になり、ゆっくりと静かに中指をアソコに差し込む。
もう彼女は完全に目を閉じて身体全身で感じまくっている様子。
顔は窓の方に向けています。
私の左手はいつの間にかブラの下から生乳を味わい、乳首を軽く摘まむと感じてくれているのがもう嬉しくて。
まもなく京都に到着とのアナウンスを聞いた私はあまり時間がないと思い・・・。

「トイレ行こうっか?」
「えー、どうして?ダメよ」

「いいから行こう」
「えー、ホントにー・・・。マジメに言ってる???うーん・・・、じゃあ少し後から来て」

パンツとベルトを直して、周囲に顔を見られないように席を立つ彼女。
新幹線の揺れのせいか、それとも感じ過ぎて腰が砕けてるのか、少しよろめきながら歩いて行く後ろ姿を唾を飲みながら凝視する私。
京都駅のホームに列車が入り始める少し前に私も席を立ち、男性女性兼用トイレのドアをノック。

「俺だよ」

「今、開けるね」

ドアの向こうにいた彼女。
恥ずかしそうに私を見ながら、自分から両手を私の肩に回してきた。

「もう~、ホントに信じられなんですけど!!いつもこんな事してるの?」

「あるわけないじゃない、こんなこと。R美さんの色気が強すぎるから」

「でも、実はタバコ吸いながら私も気になってたのよ本当は。いい男だ~って」

そのまま溶けるように舌を絡めたディープキス。
私が彼女のパンツとパンティーを下げてアソコを激しく攻めると、彼女はキスを止めずに両手で私のズボンとパンツを一気に下ろし、両手で私のアソコを弄り始める。

「すごい・・・、すっごく硬いね、久しぶりかも男の人の立ってるの見るの。あーん、こんなの初めて・・・、すごい、M男さん、エッチだね・・・あーん、すごい感じる」

彼女は便座に座り、私の腰を持ってペニスを自分の方に近づける。

「ハァン、すっごい大きいね、大きいって言われるでしょ?」

彼女は唾液でペニスをベトベトにしながら音を大きく立てながらしゃぶり始めた。
片手で根元をしごきながら、もう一方の手は玉筋からお尻にかけて指を這わしてくれる。
フェラはとても上手くて、時おり私の目を見ながら激しく口の奥まで入れて咥えてくれる。
彼女の髪をかき撫でながら、「すごい気持ちいい・・・フェラ上手いって言われるでしょ?」と聞くが、それには答えず嬉しそうに彼女はしゃぶり続けた。

新大阪までもう残分5分くらいかなと頭で考えながら、このまま彼女の口でイカせてもらうか、挿入するかと思っていたら、彼女も同じ事を考えていたのか、おもむろに立ち上がり、「入れて」と色っぽく私にキスをして、クルッと私に背を向け前に手をつきました。
パンツとパンティーを膝ぐらいまで下げて、いよいよ挿入!
彼女は私が入れやすいように高さを合わせて、かつヒップをキュッと上目に突き出して、股の間から私のペニスを掴み自分でアソコに宛てがうと、ゆっくりと、そしてじっくりと感触を味わうように自分からお尻を後ろに押し出して中に入れました。
メリメリっとアソコの内壁が私のペニスを擦りながら包み込みます。

「ハァ、ン、アン、すっごい気持ちいい~、大きいね、ホントに。あ~奥まで届いてる」

「俺もすっごく気持ちいい・・・R美さんのおまんこ最高だよ。もっと好きなように動いていいよ」

言い終わる前に激しく自分で前後運動を彼女は始めます。
抜き挿しするのがたまらなく気持ちいい。
お尻の穴もヒクヒクしながらお尻のお肉も淫らに揺れています。
彼女のムッチリしたヒップを右手で掴み、左手で壁を掴んで新幹線の揺れに耐え、時折、ドアの向こうに聞こえる人気も気にしながら、私も思いっきり突きまくりました。

「セックスするのすごい久しぶりなの。アーァン、ホント気持ちいぃぃぃ。あっ、ダメ、イッちゃうかも、ホント、私、イク、ア~ン、ホントイク、いく、あ~ん、い、イッちゃうー」

もう最後の声は、外に人がいたら丸聞こえだったことでしょう。
それはそれは大きな声でした。
私ももう少しでイキそうだったんですが、微妙にタイミング合わず。

「ゴメン、ちょっと座らせて」

彼女はそのまま崩れるように便座に座り、少し我に返ったのか・・・。

「もーう、信じられなーい。こんな所で、・・・あぁーでもすごい良かった。あっ、もう着いちゃうよね、ゴメン、まだイッてないよね、M男さん。ホント大きいよね」

急いでまたしゃぶり始めてくれました。
じゃあ口でイカせてもらおうっ!と私も思ったのですが、間もなく「新大阪到着~」と非情の車内アナウンス。
慌てて二人で服を整えて席に戻りました。
何となく周囲が気づいているのでは、という気がして、駅に着く前に隣の車両の出口ドアまで移動。
新大阪駅ホームのエスカレーターを降りながら・・・。

「また会えるよね?」
「うん、私もまた会いたい。そう言ってくれて嬉しい、良かった」

「明日のお昼前後は?」
「ちょっとわからないから朝9時くらいに連絡して」

そう言って互いに手を強く握り合って、そしてエレベーターを降りた所でサヨナラも言わずに、そして振り返りもせずに別れました。
その夜、顧客との会食を終えて、一人ホテルに戻り彼女を思い出すと、思わずオナニーしたくなる・・・のを、明日会えるかも、となんとか抑え、悶々としながら眠りに就きました。

明日は午前中に1件、午後2時半に1件のアポあり、お昼前後は一人でフリーの時間がありました。

(果たして、彼女ともう一度会えるのか?)

考え続けて迎えた翌朝。
取引先とは9時からミーティングだったので、会議室に入る5分程前に彼女に電話すると、ワンコールで出てくれました。

「あまり時間ないけど、10時30分頃には家を出れるかも」

「なら、11時過ぎに◯◯駅前の××ホテルに来て」

ホテルはレイトチェックアウトにしてあります。

「わかったわ。2時間くらいしか時間ないけどいい?それと、・・・ねえM男さん、どんな格好が好き?」

取引先とのミーティングは正直、全く心ここにあらず。
終わってすぐにタクシーを飛ばしてホテルへ戻りました。

ロビーにはすでに彼女が待ってくれてました。
昨日より一層フェロモンが溢れ出てます。
ハイヒールに膝上の超ピチピチのタイトスカート、胸の開いた白のブラウスには黒のブラがしっかり透けていて、オッパイが昨日より大きく盛り上がっています。
ムッチリとした肉感的な身体のラインが良く出ていました。
スカートの下はきっとガーターベルト!

「すっごい色っぽいね!もうたまんないかも!」

「待ってる間、男の人にいっぱいジロジロ見られちゃった!」

茶目っ気たっぷりに言う彼女。
エレベーターの中で熱いキスをしながら部屋になだれ込み、そのまま彼女を窓に手をつかせた。
服も着たまま服の上から豊満なオッパイを後ろから揉みしだき、股間は彼女のムチムチしたヒップに擦りつける。

「イヤん。エロい」

そう言いながら、彼女は顔をこちらに向けて私の舌を吸ってきます。
スカートをたくし上げると、黒のガーターベルトに細いレースの黒のTバック。

「・・・すごい!」

思わず息を呑む私に・・・。

「うふっ、好き?こういうの?良かったわ」

程良い肉付きのプリプリしたお尻にTバックが嫌らしく食い込んでいます。
私は屈んでTバックの横からアソコに舌を差し込みながら指でクリトリスを弄ってやります。
ボタンの外されたブラウスにブラの上からオッパイをモロ出しにして窓に手をつく彼女、その声がだんだん高くなってきました。

「そこっ、気持ちいい、あーん、そこ凄く感じる」

「今日はもっと声出しても大丈夫だよ。ここ?ここがいいの?」

「そう、そうそこっ!アン、私イクかも、ダメ、アン、ホントもうイッちゃう~、あ~」

そのまま彼女を抱きかかえるようにベッドに移動。
彼女は息があがったまま、69の体勢で私のジュニアを食べ始めました。
そして、すでにベトベトの愛液でいっぱいのアソコを、これでもかと言わんばかりに私の顔に押し付けてきます。

「R美さんのアソコ、ホント美味しい。俺のチンチン、どう?」

「すごーく美味しいわよ、入れるの楽しみ。ねえ、上になっていい?」

彼女は最後にもう一度、腰を強くグラインドさせてアソコを私の口に擦り付けた後、腰を上げ、私のジュニアを手で握りながら私の上に跨がってきました。

「上が好きなの?」
「うん、一番奥まで届く感じがして・・・。でも昨日もM男さん、後ろからでもすっごく奥まで届いてたから、上になったらもっといいかもって」

「じゃあ、昨日別れてからずっとそんな事考えてたの?」
「うん。ダメ?エッチ?」

「ううん、エッチなR美が大好き」

彼女は今日は少し余裕が出たのか、ペニスの先をアソコに擦りながら私の表情を楽しんでいます。

「ホント硬くて大きいわね」

「大きいの嫌い?」

「うふっ、大好き。M男さんの大好き」

そう言うと一気に腰を沈めてきました。

「ハァ~、ホント、大きい」

「奥まで届いてる?」

「うん、こんなに気持ちいいの初めてかも・・・、大き過ぎて壊れそう」

下から彼女のオッパイを揉みしだくと・・・。

「ねぇ、乳首、触って」

ビンビンに立った両方の乳首を軽く摘んであげると、「アンッ、アァー」と目を閉じながら腰を動かします。
昨日の車内のバックの動きも彼女は凄かったのですが、上位で腰をクネクネするのがたまらなくいやらしく気持ちいいんです。
腰を前後に擦りながら、また大きく股を開いて接合部を見せながら抜き挿ししてきます。
下から見るオッパイがいやらしく揺れまくっています。

「M男さん、イッていいわよ、でないと、私、またイッちゃいそうだわ」

彼女のいやらしい身体と動き、それと感じている綺麗な表情とエッチな声が私の興奮度をMAXに。
だんだんと彼女の声と腰の動きが加速してきます。

「M男さん、イッて。中に出して、いいから、中にいっぱい頂戴~、アーァン、私またイッちゃうー、イク~」

「俺もイキそうだよ・・・、すっごく気持ちいい、一緒にイこう」

ありったけの力で腰を振り続けると、急に彼女の身体が硬直し、私のペニスも同時に彼女のアソコの中で思いっきり精液を迸りました。
最高の射精感。
彼女の中にドクドクと精液を放出しています。
彼女は決して抜こうとはせずに、私のペニスがまだピクピクと動いているのを味わっているようでした。

しばらく私の上に覆い被さったまま、ペニスをアソコに入れたまま、彼女は全身で呼吸しています。
少し汗ばんだ背中を撫でながら二人抱き合ってました。
しばらくして、ティッシュに手を伸ばそうとすると・・・。

「待って!綺麗にしてあげる」

ゆっくりペニスを抜いて、ペロペロと舐めてくれました。

「ホント大きいねぇ、ずるいわ、いい男でアソコもこんなに立派なんだから」

「R美だって、そうじゃん。顔は綺麗だし身体もいやらしいし」

ペニスを綺麗にした彼女は私の身体にピッタリくっついて・・・。

「そんなに私の身体いやらしい?」
「うん、すっごいやらしいよ。R美の身体とても好きだよ」

「でもホント不思議ね、昨日会ったばっかりで・・・、それも新幹線でだよ~」
「そうだね、でも、もうこんなにいっぱいエッチしちゃったね」

「ねぇ、これからも時々会ってくれる?」
「もちろん!」

それから、まるで若い恋人同士のようにベッドでイチャイチャ抱き合いました。
その後、シャワーを二人で浴びながらプチソーププレイで1発。
身体中に石鹸をつけてオッパイで私の身体を洗ってくれました。
一回戦からあまり時間が経ってなかったにも関わらず、彼女の目線を合わせたソープパイズリにムスコも大興奮!
彼女のエッチな淫語に乗せられて、たまらずバスタブの中で半騎乗体勢でドピュン!

さすがに少し疲労感に襲われ、ベッドでまったり休んだ後、そろそろ帰らなきゃと服を着た彼女にまたムラムラしてしまい、また服を着たままもう1発。
スカートにも少し精液が付いたのですが、彼女はそれを愛おしそうに舐めて拭き取り、「もーっ!せっかくシャワー浴びたのにぃ、Tバックだから絶対後から垂れてきちゃうわ」と言いながら、またちゃんと口でペニスを綺麗にしてくれました。
そして私のズボンを正し、ネクタイを真っ直ぐにして、「じゃあ、仕事頑張ってね!ちゃんと連絡してね、また会いたい」と、熱いキスとハグをして彼女は部屋を出て行きました。

普段なら一日に二回もエッチ出来ないのに、今日は三回も。
そんな自分にやや感心しながら、私は次の仕事のアポイントに向かいました。

こんな事ってあるんだ、けど、本当にまた会ってくれるかなぁ?と思ってましたが、東京に帰る新幹線の中で彼女からメールが!
なんと『11月末に東京に行けるかも』っていう内容。
その後、彼女が東京に来る前の週に大阪で再会、その翌週は、また東京でしっぽり愛し合うことが出来ました。
以降、月イチ位で会えるように私も出張日程を調整しています。

彼女は本当に服や下着のセンスが良く、毎回私を喜ばす格好で会いに来てくれます。
冬の間は大抵ロングコートを彼女は着てますが、コートの下はいつもセクシーな服装で、彼女がコートを脱ぐ瞬間が毎回たまりません。
下着は紐ブラや穴あきパンティーだったり。
いつも脱がせるのが勿体なく思えて、大抵は最後まで下着は着けたままでセックスしちゃいます。

セックスもだんだんエスカレートして来て、非常階段や公衆トイレで着衣立ちバックでエッチしたり、カラオケボックスで座位でしたり。
レストランではヒールを脱いでテーブルの下で足で私の股間にイタズラし、私のアソコが硬くなったら、「しゃぶってあげる」と言って二人でトイレに駆け込んだり。
最初の出会いが出会いだっただけに、外での刺激にとても興奮するようです。

これだけエッチな彼女ですが、残念ながら写真だけは撮らせてくれません。
それとカップル喫茶とかもNG。
絶対に他の人に性行為を見せるのは嫌なんだとか。
ただ、見られるかも?っていうシチュエーションは興奮が高まるんだそうです。

あまり普段は互いの家庭の話はしないのですが、大半は自宅にいる彼女は、「昨日のM男のアレが付いたパンティー洗濯してたら思い出して、また濡れちゃった!」とか「M男の好きそ~な下着を新調したから今度楽しみにしててね!」など、普通の妻母を演じながら私にエッチなメールを自宅から送ってくる、という非現実な二人だけの世界。
家ではどんな顔をしてるのだろうと考えたりはしますが、そこは互いにあえて踏み込まず、時々二人だけで会う時間は二人で愛し合い、二人だけの世界に没頭出来る関係というのが、こうやって関係が継続維持出来ている理由なのかなと最近感じてます。