自慢の姉が同級生に輪姦された、そして僕も・・・。

この体験談は約 13 分で読めます。

姉が、僕の同級生にレイプされた。
犯った奴等の主犯格は、高木と柿崎の2人。
僕は私立の男子高校普通科の2年生だが、その2人は工業機械科。
工業機械科は学校の中でもガラの悪い生徒が群れなしており、僕ら普通科の生徒はかなり虐げられていた。

高木と柿崎の2人は特にガラの悪い中心グループの主要格で、工業科の3年生と仲が良く、1年生にも慕われていた。
主犯格の高木と柿崎は許せないが、もっと最悪に許せないのが、僕と同じ中学校出身で、友達だと思っていた前川。
前川は中学校時代、僕の家にたまに遊びに来ては、僕の姉に勉強を教えてもらったりしていた。

前川はいつも、「美人なお姉さんがいていいなぁ」と僕を羨ましがり、僕をいい気分にさせてくれていた。

前川が言っていた様に、僕の姉は大人しく真面目で優しい。
近所の人からも、「綺麗なお姉さんだね」としょっちゅう言われて、僕の自慢でもあった。
そんな姉の人生に高木や柿崎など必要無く、出会うことなどありえないはずだった。

ある日、僕は高木と柿崎と他数名に、何の前触れもなく急に呼び出され、テニス部でもないのにテニス部の部室に連れ込まれた。
奴等は無抵抗の僕の髪を鷲掴みにして引っ張り、壁に押し付けて腹に膝蹴りを入れた。
僕は恐怖で逃げる事も助けを呼ぶ事もできず、ただ苦痛に耐えるしかなかった。

ある程度痛めつけられた時に、高木から笑いながら、「お前、明日、姉貴の裸をデジカメで撮って来い」と要求された。
僕は奴等の言っている意味が咄嗟には理解できなかったが、姉を辱め、嬲り者にする気だと気がつくと、「無理です」と高木達の要求をきっぱり断った。
その瞬間、僕の呼吸ができなくなった。
高木の強烈な膝蹴りが僕の腹に突き刺さり、僕は我慢できずにその場に倒れこんで、オエェェッと口から胃を吐き出しそうな激痛にのた打ち回った。
苦悶の表情の僕の髪を鷲掴みにして、「もう一発、いくか?」と聞かれ、僕は大きく首を振って助けを求めた。

「姉ちゃんの裸が無理ならエロいパンティでも持って来い!いいな!」

高木に再度言われた。
僕は頷くしか出来なかった。
高木達は嘲笑しながらテニス部の部室を出て行く時に、「明日、来なかったら殺すからな」と、捨て台詞を僕に浴びせて行った。

その日は1日中、重く暗い気持ちで過ごし、まだ誰も帰っていない家に帰宅してからは頭を抱えて悩んでいた。

(変なことにしか使わないあいつ等なんかに姉のパンツを渡したくない!)

何とか逃れる方法は無いか僕は必死に考えた。
しかし、考えれば考えるほど、高木と柿崎の恐怖が思い起こされて、僕は仕方なく姉の部屋に忍び込み、姉の下着を盗んでしまった。

次の日、朝一番で高木と柿崎に呼び出された。
高木と柿崎に姉のパンツを手渡すと、高木は無言で姉のパンツをポケットに入れて、僕の肩をポンポンと叩いて去っていった。
僕は複雑な心境だった。
工業科の頭の悪い奴らに、姉のパンツがジロジロと見られ、触られ、匂いを嗅がれたり舐められたりするんだと考えると、姉が奴らに嬲られている様な錯覚に襲われた。
姉のパンツは高木と柿崎と他数名の工業化の生徒の、姉に対する性欲に火を点ける結果となってしまった。

翌日、僕は再び高木達に呼び出され、「お前の姉ちゃんとヤラせろ」と、いきなりとんでもない事を言われた。

「絶対に無理です、絶対に無理です」

僕は必死に姉のことを諦める様に頼んだが、高木達は、「うるせぇ・・・お前は協力だけすりゃぁいいんだ」と僕を脅し、僕が拒否すると、激しい暴力を僕に浴びせてきた。
殴られ、蹴られ、踏まれて、僕は泣き叫んで助けを求めた。
「協力する」と言うまで僕は高木達に暴行を受け続けた。

高木に「今日、お前んち行くから」と言われ、正座させられていた僕は、「絶対に姉がエッチなことさせるわけ無いです」と言うと、「バァーカッ、レイプに決まってんだろっ!全員で輪姦すんだよっ!」と柿崎が僕を蹴りながら言った。
そんな事だろうと思っていた僕は、何も言えないまま俯いていた。

「姉ちゃんが学校から帰ってくるのは何時頃だ?」

高木にそう聞かれ、「分かりません・・・親の方が先に帰ってくるかも」と僕が言うと、「嘘だね、お前の親、共働きで夜の8時頃にならないと帰ってこないじゃん!」と聞き覚えのある声がした。

前川だった。
僕は前川の存在に気がつき、全てを理解したような気がした。
誰も知らないはずの姉の存在や容姿を、高木や柿崎に教えて興味を持たせた犯人は前川。
前川の、姉を売るような行為に腹が立つやら悔しいやらで言葉も出なかった。
僕は柿崎に、「嘘ついてんじゃねぇよっ!殺すぞっ!」と蹴り倒された。

「お姉さんが帰ってくるのは4時くらいで、その時は家の中に誰もいないはずだぞ!」

前川が言った。
僕はどうする事もできず、高木と柿崎の言いなりになるしかなかった。

前川が考えたレイプ計画は前から考えられていた計画らしく、高木達の準備と役割は完璧だった。
高木・柿崎・前川・米田・石井・植本・酒井の7人と僕が、僕の家に向かった。
僕はもう何も考えられなくなっていた。
ただ、姉が家に帰宅していない事を願っていた。

マンションに着き、鍵のかかったドアを開けると、ドアチェーンが掛かっていた。
姉が帰宅している証拠だった。
用心の為、在宅中でもドアに鍵を掛け、ドアチェーンをするのは、両親の帰宅が遅い我が家の常識だった。
僕はチャイムを鳴らし、姉にドアチェーンを開けさせた。

「お帰り、遅かったね」

笑顔で出迎えてくれる姉を無視して、自分の部屋に篭もる。

(姉に危険を知らせようか?警察に電話しようか?)

僕は悩んだ。
しかし何より高木と柿崎が怖かった。

姉の部屋の前で、「ちょっと友達の家に行って来る」と告げて、僕は掛けられたドアチェーンを外し、鍵を開けたまま外出した。
マンションの入り口にたむろしていたガラの悪い連中が僕を見て駆け寄り、「姉ちゃん居たか?」と聞いてくる。
僕が無言で頷くと、奴らはエレベーターに乗り込んで僕の家を目指した。
僕がマンションを見上げると、僕の家のある5階の通路にガラの悪い7人の男が部屋番号を確認しながら、僕の家に向かっているのが見えた。
僕の家のドアの前に7人が固まって、一気に僕の家の中へ押し入って行った。
僕は頭を抱えて、絶望感と脱力感を感じながらその場にしゃがみ込んだ。

いつもと変わらない平和な風景、しかし僕の家の中では今、姉が悲惨な目に遭っている。
僕はどうする事も出来ないとわかりつつ、自分の家に向かった。
僕の家の前、中から時々物音が聞こえはするが、比較的静かで何事も起こっていないようだった。
しかし僕の家の中に7人の男と姉が居るのは確実。
何も起こっていないはずは無かった。
ドアを少し開け、中の様子を窺うと、男たちの話し声と笑い声が聞こえた。

「大人しくしてろっ!」
「おい、しっかり抑えてろっ!」

そんな決定的な声を聞いて、僕は全てが終わったような気がした。
中に入って止める勇気もなく、僕はその場から逃げ出し、マンションの前でしゃがみ込んで奴らが出てくるのを待った。
1時間くらいで奴らは僕の家から出てきて、小走りに通路を通り、エレベーターで降りてきた。

高木が「お前の姉ちゃん、美味しかったぜ」と言い、柿崎が「おお、いいカラダしてたぜ」と言って、バラバラになって逃げ帰っていった。

僕はすぐには家に帰れず、時間を潰して3時間後に帰った。
ドアチェーンが掛けられていたのでチャイムを鳴らすと、姉が「お帰り」と無理に笑いながらチェーンを外してくれた。
姉は普段と変わらず、何事も無かったように振舞っていた。

(たいした事されなかったのかな・・・)とも思ったが、翌日、高木のビデオカメラを見て、再び僕は脱力感に襲われた。

高木・柿崎・前川達が、僕の家に押し入って姉をレイプしたその日と翌朝、姉は何事も無かったかのような態度だった。
僕は、きっと大して酷い事まではされなかったんだと、少し罪悪感から開放されて楽な気分になっていた。
次の日、学校に行くと高木と柿崎と他数名は学校をサボって来ていなかったが、レイプ計画に参加していた米田という奴が登校していて、朝一で僕の所に来ると、「昨日、お姉さんは何か言ってたか?」と、罪の不安からか僕に姉の動向を探ってきた。
姉が普段通りの態度をとっていた事を米田に伝えるとホッとした様に、「前川の情報通りだな・・・」と呟いた。

大人しく真面目な姉の性格を知っている前川は、姉が泣き寝入りすることを見越して計画を立てていた。
計画の失敗を確認したかった僕は、「昨日、どうなった?」と米田に聞いてみた。
米田は苦虫を噛み潰したような顔をして、「ああ、どうかな、俺的には失敗だったな」と言った。
僕の気持ちが明るくなってフーっと安堵の息を漏らした後に、「・・・結局、犯ったのは、高木君と柿崎君だけだからな」と呟くように言った。
僕は一転して目の前が真っ暗になるという事を体感した。
聞き返す勇気も無く呆然としていた僕に、「今日、みんな石井の家に集合してて、お前を連れて来いって言われてんだ、今から行くぞ」と言い、誘われるまま、学校をサボって石井という奴の家に向かった。

石井という奴の家には、石井本人と高木・柿崎・前川・酒井・植本と昨日のメンバーが顔を揃えていた。
僕は正座させられて、高木から、「昨日のビデオ見せてやる」と言われ、でっかい画面のテレビに映された姉の陵辱ビデオを見た。

ビデオは僕の家に押し入る寸前から始まっていた。
高木がドアを開き、柿崎を先頭にみんなが一斉に姉の部屋になだれ込む。
姉は驚愕のあまり叫び声すらあげる間もなく、柿崎に抱きかかえられてベッドにそのまま押し倒され、数人が入り乱れて姉の手足をベッドに押し付け口を塞いだ。

「ンーッ!ンーッ!!」

口を塞がれ、唸る姉の声が聞こえた。

「大人しくしろっ!大人しくしろっ!大人しくしろっ!」と高木が連呼し、柿崎が「口しっかり塞いで離すなよっ!足をもっとしっかり押さえ付けてろっ!」と指示を飛ばす。

テレビ画面から緊迫感が漂う。
焦るように高木が姉の着ているサマーセーターを捲り上げて服を脱がしだすと、姉は体を大きく捩り激しく抵抗する。
しかし柿崎が膝で姉の腹部を押さえ付けて姉の抵抗を封じ、同時に姉が履いていたロングスカートを捲りあげて、下着が見えるほど姉の足を露出させた。

「ここ撮れっ!」

柿崎が姉の白い下着を晒してビデオを撮ってる奴に命令し、テレビ画面に姉の下着がアップになった。
すぐに、「おいっ!こっちも撮れっ!」と高木の声がし、カメラが向くと姉の着ていたサマーセーターがブラジャーを巻き込んで姉の顔を隠すほど捲り上げられていて、姉の乳房がモロに露出させられていた。
初めて見るふくよかに成長した姉の乳房。

「すげぇ・・」とカメラマンの呟きが聞こえた。

「撮ったか?」と高木がカメラマンに聞き、「バッチリ」とカメラマンが答えると、高木は姉の豊かな乳房を鷲掴みに揉み、乳首を舐め始めた。

それと同時に柿崎が、「イェーィッ!」と奇声をあげる。
姉のパンツを太腿まで脱がし、姉の陰毛を晒して、得意げにカメラを見た。
柿崎が姉の股間を弄りながら指示を出し、暴れる姉の足を抱き押さえつつ、両足が広げられて、姉の性器がカメラに映る。

僕は姉に限らず、女の性器を見たのは初めてだった。
柿崎が乱暴に姉の性器を弄り、中指を突き立てて性器の中に捩じ込む。
激しく抵抗する姉を押さえつけながら姉の体を陵辱していく高木と柿崎。
その姉の恥辱を、目を見開いて見ている前川や他のメンバー。
高木が姉から少し離れた時に、前川がその隙を突いて姉の乳房を揉んでいるのが画面の端に映っていた。

高木が姉から少し離れたのは、ズボンとパンツを太腿まで脱いで勃起したペニスを出すためだった。
高木は押さえ付けられている姉の体にかぶさるようになり、「挿れるぞっ!」と言ってペニスを握って姉の性器に亀頭を押し付けた。
姉は高木の行動に、「ウーッ!ウウーッ!!」と唸り声を上げて体を激しく動かし、死に物狂いの抵抗をした。
姉の必死さが伝わってくる。
姉の激しい抵抗も男たちが力一杯押さえつけて無力化した。

「ウーッ!ウーッ!!」

悲痛な唸り声を上げる姉を無視し、高木は姉の腰を持って、グッと腰を姉に押し付けた。

「ウーーーッ!!!」

長い唸り声と同時に仰け反る姉。
姉が高木に犯された瞬間。

「入ったっ!」

柿崎の声。
男たちが目を見開き見つめる中、高木はゆっくりと腰を動かし、姉を犯していった。
絶望感と脱力感が姉の抵抗する気力を奪ったかのように姉は体の抵抗を止め、ぐったりとして高木のペニスに突かれて揺れていた。
塞がれた口から泣き声だけが聞こえる。
前川が高木に何か話し掛けていたが2人の会話は聞き取れない。
高木はほぼ無言で集中する様に姉を犯していた。

カメラが高木のペニスと姉の性器の結合を映す。
姉の性器に出し入れされる高木の濡れたペニス。
テレビ画面を見ている僕に高木が、「処女じゃなかったぜ」と言った。
テレビ画面にはベッドに押さえつけられた姉の体に群がる男たちが映ったり、大きな手で口を塞がれてほとんど隠れた姉の泣き顔や、姉の胸を揉む柿崎の姿が映し出され、高木の射精の瞬間までもが映っていた。

高木が姉を犯したすぐ後に、柿崎が姉を犯した。
姉は抵抗する気力を失ったまま無抵抗で柿崎に犯されていた。
柿崎は、「アー」とか「ウー」とか奇声を出しながら、小刻みに腰を動かして姉を犯していた。

僕は感覚が麻痺したのか、アダルトビデオを見ているような感覚になってテレビが面を見ていた。
早々に射精し、満足そうに柿崎がベッドから飛び降り衣服を整えている横で、前川がズボンを脱いでいるのが映った。
しかし高木が、「もう行くぞっ!」と号令を出し、「えっ!」という前川の顔が一瞬映って画面から消えた。
高木は放心状態の姉の髪を鷲掴みにして脅すように何かを言い、無残に犯された姉をそのままにして、7人は小走りで僕の家から脱出した。

ビデオを見終わった後、どいつもこいつもがワイワイと姉の体を品評して雑談した。
僕はテレビの前から動けずにいた。
柿崎が僕を見て、「お前、自分の姉貴がレイプされてるビデオ見て勃起してんのか!」と叫んだ。
確かに僕は姉が酷い事をされている映像で勃起していた。
僕は何も言えずに股間を押さえて、みんなの嘲笑に晒されるのを耐えるしかなかった。

「仕方ねぇなぁ!」と柿崎がビデオを巻き戻し、姉が高木に犯されているシーンを再生し、「ほらっ、オナれよ」と僕にオナニーを強要してきた。

僕は無言で首を振ったが、面白がった高木や前川達にズボンとパンツを脱がされ、無理やりオナニーをさせられた。
姉の性器に高木のペニスが出し入れされるシーを見て、僕は絶頂を迎えて射精した。

高木も柿崎も前川も米田も酒井も植本も石井も、みんな許せない。
しかし、上品な姉がこんな下衆な奴らに犯されるのを見て興奮してしまった自分が情けなかった。

姉がレイプされた事が決定的となってから、我が家で姉とあまり会話ができなくなってしまった。
姉は自分がレイプされた素振りなど家族には微塵も見せずに、いつもと変わらないようにしていた。
むしろ僕の姉を見る目が『自慢の姉』から『犯された女』という風に、姉を嬲られ者の様に見るようになってしまった。

姉の心の傷も癒えない内に、高木達による姉の陵辱計画が再び実行された。
姉をレイプしてから3日後、高木たち7人のメンバーが当たり前の様に僕を呼び出し、「こいつらが、どうしても我慢できねぇらしくてな」と、前川をはじめ、石井・酒井・植本・米田の5人を指した。
僕は、姉が犯されるという事の感覚が麻痺していたのか、何かもうどうでもよくなっていて、姉の大体の帰宅時間とか、親の大体の帰宅時間と休日とか、奴等が聞き出そうとする情報を簡単に教えてしまった。
僕から情報を聞き出した高木たち7人はそのまま帰ってしまったらしく、その日は校内で姿を見かけなかった。
僕はその時、(今度の計画はいつなんだろう?)と考えて、油断をしていた。

放課後、先生に言われた用事を片付けて帰宅した。
その日から姉と僕の姉弟関係が一変してしまう事になった。
我が家のドアの鍵を開けてドアを開く。
この時、(あれ?ドアチェーンがしていない・・・)と不思議に思った。

「ただいま」と靴を脱いでいる途中で、姉の部屋から出てくる上半身裸の柿崎を見た。
僕は驚きのあまり、「なんでっ!!」と叫び声に近い声を出すと、柿崎は僕の髪を鷲掴みにして僕の鼻頭をいきなり殴り、「声を出すなっ!静かにしろっ!」と怒号をあげた。
僕の鼻から鼻血がボタボタと垂れ、僕は顔を抑えて蹲った。

「こっちに来いっ!」

柿崎に髪を鷲掴みにされたまま引っ張られて、姉の部屋へ連れて行かれ、姉の部屋の中に蹴り倒された。

「やめて下さい!弟に見せないで!」

姉の泣き叫ぶ声が聞こえて、僕は顔を抑えつつ部屋の中を見た。
部屋の床には姉の高校の制服と下着が散乱し、勉強机に腰掛けタバコをふかす高木と前川。
そして姉のベッドの上は・・・、裸にされた姉、姉の手と口を押さえる酒井、姉の足を持っている石井と植本、姉に覆い被さっているのは米田。
生々しい姉のレイプ現場だった。

「さっきまで大人しかったのに、弟が帰ってきた途端、また暴れだしたな、口をしっかり押さえてろよ」

高木が酒井に言うと、「そりゃ、弟には見られたくないシーンだろ」と酒井が、「ウーウーッ」と唸る姉の口を塞ぎながら言った。
米田が腰を振りながら、「今、お前の姉ちゃんのマンコに俺のチンポが入ってるんだぜっ!超気持ちいい!」と姉弟を侮蔑して楽しむように言ってきた。
僕は姉の手前、「やめろーっ!」と叫んだが、瞬間、柿崎に腹を思いっきり蹴られ、悶絶し、それ以降、恐怖で何もできなくなって、姉がレイプされるのをただ見ていた。

姉は体を押さえつけられ抵抗もできず、米田に挿入されて腰を激しく動かされていた。
すぐに米田は、「ああ!」と言って姉から離れ、布団の上に射精し果てた。

「次は俺の番だな」と石井が姉の体にかぶさり、乳房を揉みながら乳首を舐め始めた。

チュパ、チュパ・・・という乳首を舐める音と、「ウー、ウー・・・」と口を塞がれ唸る姉の声が悲しかった。
石井がパンツを脱いで勃起したペニスを出し、姉のマンコを狙う。
姉は両足を広げられ、抵抗もできないまま、石井のペニスの挿入を許すしかなかった。

柿崎が、「お前の姉ちゃん、この前のことで脅したら、簡単にヤラしてくれたんだぜ・・・」と僕に耳打ちしてきた。

僕は腰を動かして姉を犯す石井の背中を見ながら、「前川もヤッた?」と聞いてみた。

「ああ、今ヤッてる石井で7人目だ」とニヤニヤしながら教えてくれた。

僕は、(姉は中学生の時から知っている前川に犯される時、どんな気持ちだっただろう・・)とか、(ずっと狙ってきた姉を犯せて、前川は満足なんだろうな・・・)とか考えていた。

フン、フン、フンとリズミカルに腰を動かして犯す石井と、声を噛み殺して耐える姉。
石井が「もう駄目だ」と呟いて、姉から離れて布団に射精するまで大した時間はかからなかった。

高木が、「全員の相手は疲れたか?」と姉に声をかける。

手足を解放された姉は震えながら体を硬直させて、怯えた目で高木を見上げていた。

「まだ全員じゃないみたいだぜ」

柿崎が僕の勃起してしまっていた股間を指差しながら皆に向かって言った。
皆が一斉に僕の勃起した股間を見て大笑いし、「仕方ねぇな!」と高木と前川が僕のズボンとパンツを脱がしにかかった。
僕は恥ずかしくて、「やめてくれーッ!!」と叫んだが、押さえつけられどうする事もできずに勃起したペニスを晒した。

「ビンビンじゃん!」と誰かが言って、皆が大笑いする。

恥ずかしさと姉に対する気まずさで泣き出しそうになっていた僕は、柿崎と高木に抱えられて、姉のいるベッドに放られて、逃げ出せないようにベッドの周りをみんなに囲まれた。
僕が気まずさで姉の方を見ることもできずにいると、高木が姉に、「ほら、可愛い弟が気持ち良くして欲しがってるぜ」と言い、僕の方に向かって姉の背中を押した。
姉は僕の顔、鼻血を見て、ガチガチと震えながらも、「顔・・・殴られたの?」と気丈にも僕のことを心配してくれた。

そんな優しい姉に対して、「ほらっ、弟の勃起したチンポ、しゃぶって気持ち良くしてやれ!」と高木が姉の後頭部を押して、僕の勃起したペニスに姉の顔を押し付けた。

「やめてくださいっ!離してっ!」

叫び、両手をベッドについて抵抗する姉。

「おらっ!言うこと聞けっ!今日のことをみんなにバラすぞっ!!」

高木が姉を脅しつつ、姉の後頭部を力任せに押す。
姉は高木の脅しが耳に届いていない様に無視して抵抗を緩めなかった。

「これならどうだ?」と柿崎が僕の髪を鷲掴みにし、「こいつの鼻、叩き折るぞっ!」と、僕の鼻頭にコブシを当て姉を脅した。

姉は柿崎を睨むように見て、悔しそうに唇を噛んだ。

「早く、しゃぶれ」

柿崎が姉を睨み返して静かに脅すと、姉は俯いて僕のペニスにキスをした。
みんなの冷やかしの笑いの中、亀頭の先を舐める姉の舌先を感じて、僕はどうしようもなく興奮していった。

「しっかりしゃぶれっ!」と高木が姉の後頭部を押す。

僕の亀頭が姉の口の中に含まれ、ゆっくりと僕にフェラチオしてくれた。
僕は初めての感触に歯を食いしばりながら射精を我慢して、姉の口の中の快感を感じていた。
僕から見えないように顔を隠してフェラチオする姉。

「姉ちゃんのオッパイ、揉みたいんだろ!」

誰かが僕の手首を掴み、姉の乳房を弄らせた。

「ぁぁぁ・・」

情けない声を出しながら、僕は女の乳房の柔らかさを初めて知った。
僕の手は、手首を離されたのに姉の乳房を揉み続け、僕の意思で姉の乳首を摘んで感触を味わった。
姉は僕の手を払う事無く、好きなように乳房を触らせてくれた。
僕の我慢はすぐに限界になり、止めることもできずに、姉の口の中で射精をした。
僕の射精を口の中で受けた姉は、僕から離れると、自分の両手に僕の精液を吐き出した。
みんなが僕ら姉弟を見て嘲笑する中、僕は小さな声で、「ごめん・・・」と姉に謝ったが、姉は無言だった。

「おい、そろそろヤバいぜ」と、薄暗くなってきた窓の外を見て柿崎が言い、7人はさんざん姉を陵辱して帰っていった。

僕は気まずさから無言で自分の部屋に行き、閉じこもっていた。
少ししてから姉がシャワーを浴びている音が聞こえてきた。
僕は最悪なことに、先ほどまで姉が羞恥に耐え難い目に遭っていたにも関わらず、目を閉じて、姉のフェラチオの快感を思い出して興奮していた。

その時、コン、コン・・・と部屋をノックする音が聞こえ、ドアを開けると、姉が濡れ髪も乾かないまま部屋の前に立っていた。
僕が姉の顔を見ることができずにいると、「・・・さっきのこと・・・お母さん達には言わないで」と呟くように言った。

僕は、「・・・うん」と答えた。