淫乱妻の乱交コンパ

この体験談は約 8 分で読めます。

先日、不倫相手の人妻(ユリ)とホテルでセックスをしていると、少し遠慮気味に、「職場の後輩から人数合わせでコンパに誘われたけど、行ってきてもいい?」と聞かれた。

私「いいけど、後輩って誰?」

ユリ「カナだよ。前に会ったことあるよね?」

確かに以前何度か一緒に飲んだことがあり、若くて可愛らしい子で連絡先も交換していました。

私「他は?」

ユリ「うーん、分かんない」

私「2対2とか?」

ユリ「もしかしたら、そうかも。男性の一人と前にカナは会ってて、狙ってるっぽいんだよね」

私「そっか。じゃあ2人をくっつける盛り上げ役で呼ばれたんだ」

ユリ「そんな感じ。色々あたったみたいだけど、予定が合う人がいなかったって言ってた」

私「いいよ。とりあえず2人をくっつけて、せっかくだから自分も楽しんできなよ」

ユリ「うん、ありがとう」

私「久々のコンパなんだから、ちゃんとセクシーな格好で行くんだよ」

ユリ「えー、どんな?」

私「今日着てるワンピースでいいんじゃない?」

ユリ「さすがにこれはマズいでしょ。普通にお尻が見えちゃうよ」

私「いいじゃん。減るもんじゃないし」

ユリ「脇役だから地味なので行くよ」

私「じゃあダメ。今日のワンピースなら行ってきてもいいよ」

ユリ「分かったよ・・・」

実際その日着ていたワンピースは胸元がかなり際どいところまで見え、丈はカウンターに座っているだけでも軽くお尻が見える程の長さでした。
私はカナへメールをし、ユリには内緒でコンパの様子を教えるように伝えました。
カナは私とユリの関係を知っていて、またユリがお酒を飲むとかなりの淫乱になることも過去に体験していたから、思った以上に細かな報告をくれる事となりました。

まずコンパが始まって少し経った頃、写メがついたメールが届き、開けてみると、そこには約束通りセクシーなワンピースを着たユリが、両脇を男性に挟まれ、その向かいには別の男性2人も座っていました。
コンパと言いつつも、男性4人とユリとカナの合計6人だったのです。
カナに『人数比がおかしくない?』と返すと、しばらくして、『そうなんです。でもユリさんには一応伝えてましたよ』と返事がありました。

それから1時間ほどして、また写メ付きのメールが届いた。
開けてみると『今、こんな感じでーす』というコメントと共に、左側に座っている男性とキスをし、右側の男性から胸元に手を入れられ、おっぱいを揉まれているユリが写っていました。
写メには、その向かいでビールを飲みながら笑顔でその様子を見つめる男性の姿も写っていました。
恐らくカナは写メに写っていない4人目の男性を狙っていて、それ以外の3人はユリに興味を示しているのだと感じました。

私『楽しそうだね。上手くいってる?』

カナ『バッチリです。でもユリさんがいつもにも増して酔ってます(笑)』

私『盛り上がってていいんじゃない。エロい展開になったらまた教えて』

カナ『いいんですか?既にかなりエロい状況ですよ』

私『いつも通りだから大丈夫。Hまでいきそうな展開?』

カナ『そこまでは分からないですけど、既に下を触り合っています』

私『触るくらいならいつも通りだけど、ユリは自分で股を開いてない?』

カナ『よく分かりますね(笑)、パンツ丸見えでキスしてますよ』

私『やっぱりね。後でその辺のホテルを参考までに送っておくよ』

カナ『いらないですよ(笑)』

そんなやり取りをした後、しばらくしてカナから意外にも『今、お開きになりました』という連絡があった。

私『Hにはならなかったの?』

カナ『はい。そのまま同じ場所で飲んでて、駅でみんな別れましたよ』

私はカナに『了解』と返した後、ユリにメールをしてみました。

しばらく返事はなく、1時間半ほどが過ぎた頃、本文はなく何枚かの写メだけが付いた返信が届きました。
そこには、ジャグジーやベッドの上で全裸のまま両手で2本の肉棒を握り、口でもう1本を咥えるユリの姿。
別の写メにはベッドの上で挿入をされながら同じく両手でしっかりと2本のオチンチンをしごく姿。
その他にはソファーの上で自ら一人の男性の上に跨がり、両脇から別の2人にお尻を揉まれる姿などが写っていました。
恐らく一旦駅まで行き、カナと別れた後、男性達とホテルへ向かったのだと思います。

一方で、そこには少なくとも4人の男性がいる事から不思議に思い、『さっきの4人?』と送ると、『そうでーす。今、マンコびしょ濡れで超気持ちいいよ』と返信。
ユリが打ったメールではないと、すぐに気が付きました。

私『俺のとどっちがいい?』

ユリ『マンコがガバガバになるくらい挿れてもらってるから、もちろん今のが気持ちいい』

私『そんなにいいんだ。今度、詳しく聞かせてよ』

そうメールを送った直後、突然ユリの携帯からの着信で電話が鳴りました。
電話に出ると、パンパンという音とともに、「あーんダメ、あ、そこ。超気持ちいい」というユリの声が聞こえ、時々男性の声で、「もっといやらしく喘いでみな」「『ユリはヤリマンです。もっとオチンチンください』って大きな声でおねだりして」という声が聞こえます。
ユリは言われるがままに声に出して肉棒を欲していました。
一旦電話は切れ、またしばらくして着信がありました。
今度ははっきりとユリの声でした。

私「もしもし。大丈夫?」

ユリ「うん・・・」

私「どうした?」

ユリ「・・・アァー」

再びパンパンという音が聞こえます。

私「今、入ってるの?」

ユリ「アッ・・・うん・・・バックから・・・」

私「カナの狙ってた人ともしたの?」

恐らくその男性のことをチラっと見たのでしょう。
それからキスをする音が聞こえ・・・。

ユリ「・・・うん。今、キスしてる」

私「可哀想じゃない?」

ユリが小声で男性に、「可哀想だって」と囁くのが聞こえた後、「自分で誘ってきたんじゃん」と男性の声が聞こえました。

ユリ「・・・アン・・・そうだっけ?」

男性「あんな格好でパンツ丸出しで飲んでたら、誰だって誘ってると思うよ」

ユリ「でも、ちゃんとカナとは付き合ってあげてよ」

男性「またヤラせてくれるんならいいよ」

ユリ「うん・・・」

そこで電話は切れ、次にユリから連絡が来たのは翌日でした。

その夜、ユリを呼び出して話を聞いてみると、飲んでいる最中にカナが席を外した際、男性4人からホテルへ誘われ、最初は断ったもののキスされて胸を揉まれ、マンコも触られてるうちに気持ちよくなってしまい、カナが狙っている男性に対し、カナと付き合うことを条件にオッケーをしたそうです。
その後カナと別れ、男性4人とホテルへ向かい、入れ替わり挿入をされたが、セックス中に私と電話をしたことも含めてあまり覚えてはいないとのこと。

ただし、「消す前に一応報告」と言って携帯に入った写メを見せられると、昨日送られてきた画像の他にも、バックから挿入され口でもう一本を咥える姿、ソファーで両脇から股を開かれもう一人の男性からクンニを受ける姿、ベッドで四つん這いになり自らマンコを拡げる姿など、大量の写真がありました。
私が一通り見た後、ユリは写メを消しながら言ってきました。

ユリ「ヤキモチ焼いた?」

私「大丈夫、後でゆっくり虐めるから」

ユリ「うん」

私「今度はノーパン、ノーブラで行ってきなよ」

ユリ「えー、いいの?来週の金曜だよ」

私「何、もう決めてるの?」

ユリ「うん・・・またしようって。しかもカナが狙ってる人・・・」

私「マジで?どこ行くの?」

ユリ「詳しくは分からないけど、その男性がよく行くバーの前で待ち合わせしようって言われてる」

私「さりげなく俺も店に居ようかな」

ユリ「いいけど、たぶん色々と触られたりするけど大丈夫?」

私「いいよ。見てオカズにするから」

ユリ「変態(笑)。じゃあ下着つけずに行くよ」

私「前に着てた黒のボディコンで行きなよ」

ユリ「わかった、でも上は羽織って行くよ」

当日、私は仕事を終えると一足先にバーへと向かいました。
そこは普通のバーではなく、ハプニングバーでした。
手続きを済ませて中に入ると、奥にロッカーとシャワーがあり、その手間にバーカウンター、その横にはソファーと小さなテーブルがいくつか置かれていて、更にその奥には大部屋がありました。
カウンターに40代くらいの男性が一人座っていて、私は軽く水割りを口にした後、マスターに促されるままシャワーを浴び、バスタオルを腰に巻いた姿で再び飲み始めました。

予定の時間を過ぎてもユリは現れず、気づくと店内は男性ばかり7人ほどになっていました。
しばらく男性だけで下ネタで盛り上がっていると、予定を1時間以上過ぎて、一人の男性と一緒にユリが入ってきました。
チラッとユリを見ると、顔はほんのり赤く目はトロンとしていて、羽織っていたはずのニットも脱いで手に持っており、露出の高いボディコン一枚だけ。
既にかなり酔っ払っているのがわかりました。

ユリもチラッと私を見たものの声は掛けて来ず、一緒に来た男性とすぐにシャワーへ向かいました。
しばらくして男性が先に出てきてマスターと話し始めました。

男性「どう、可愛くないです?」

マスター「素敵な女性ですね」

男性「しかもかなりの淫乱ですよ。さっきも軽く飲んでたら、やたらとチンコを触ってくるし、今も速攻手で触ってきた後、『フェラしたい』って言ってたから」

マスター「羨ましいですね」

男性「大丈夫ですよ。さっきも『ハプバーに行く』って言ったら、前にもたくさん挿れてもらったことがあって、今日も男性が多いか気にしてたくらいだから。後で皆さん、よろしくお願いしますね」

そう言ってコスプレを選ぼうとする男性にマスターが・・・。

マスター「彼女さん、ふんどしはダメですかね?最近買ったんですけど、まだ誰にも穿いてもらえてなくて」

男性「さすがにふんどしは聞いてみないと」

男性は赤のふんどしを手にとり、シャワーを浴びているユリの元へと向かい、戻ってくると・・・。

男性「オッケーです。お兄ちゃんが穿いてたとかで、特に抵抗はないみたい」

その場にいた男性陣から「おー、いいですね」といった声が上がりました。
よくよく数えたら、私とマスターを除いて10人の男性客がいました。

シャワーを終えたユリが、下はふんどし一枚、上はバスタオルを胸に当ててるだけの格好で出てきました。
全員の視線が集中する中、ソファーへと誘導される途中で男性にバスタオルを取られ、ふんどし一枚の姿で乾杯しています。
ユリの経験人数やハプバー体験で盛り上がった後、一人の男性から、「立ち姿で後ろもじっくりと見せて欲しい」とリクエストがあり、私も含むみんなに周りを囲まれる中、じっくりと全身を見られていました。

その後、大部屋へと移動し、ベッドに横になった状態で拘束されると、代わる代わる複数の男性に電マとバイブで刺激され、びしょ濡れになったマンコから大量の潮を吹きました。
我慢の限界に達したのか、虚ろになった目でユリは、「もうダメ、早くオチンチン欲しい・・・」と懇願。
すると拘束から解放され、まずは一緒に来た男性をソファーに座らせ、自ら騎乗位で跨がり腰を振り立てます。
男性にゆっくりとお尻を上下に動かされながら、挿入部分が丸見えとなった姿でエロい声を出して喘いでいました。

男性と繋がった状態のまま、その場にいた男性客全員にキスをされると、今度は出されたチンコに自然と手を伸ばします。
しばらくして、ユリが右手で握っていた男性客にバトンタッチ。
部屋の中央で四つん這いにさせられ、バックで続けざまに3人の挿入を受けた後、ぐったりと床に大の字に横たわるユリは、休む暇もなく無数のチンコを挿入され続けていました。

かなりの時間が経過し、男性とユリが店を出たのは深夜になった頃でした。
私も後を追うように店を出てタクシーを捕まえると、いつもユリが降りる場所を指定しました。
ユリのマンション近くの公園で降り、辺りを見回しましたが姿が見えません。
もう帰ってしまったかな?と思った時、一台のタクシーが目の前で止まり、ユリが降りてきました。
ユリは男性に向かって手を振っていて、タクシーが走り去ったのを確認すると、私はユリの元へ後ろから駆け寄り、何も言わずに強く抱き締めてキスをしました。
一瞬ユリは何が起きたのか分からない表情をしつつも、されるがままに目を閉じて舌を入れてくるユリの耳元で、「ホテル行こう」と小さく頷き、そのまま再度タクシーを拾ってホテル街へと向かいました。

部屋に入るなり、私はユリのボディコンを脱がして全裸にさせました。

私「下着は?」

ユリ「うーん、たぶんカバンの中」

私「(チンコを挿入しながら)ガバガバになってるよ」

ユリ「・・・たくさん挿れたし、まだヒリヒリする」

私「またしたい?」

ユリ「・・・うん」

私「変態?」

ユリ「知ってる。嫌い?」

つい最近も、酔って職場の先輩にハプバーの話を軽くしたら度々誘われるようになり、最初は断っていたものの、押しに負けて今度一緒に行く約束をしたとのことです。
その様子は後日聞いてみたいと思います。

この体験談を読んだ方はこちらの体験談も読んでいます